FC2ブログ

2007-06

プリンターのインクが無くなったので・・

最近、プリンターを使おうとすると、毎回のように「インクが少なくなっている」というメッセージが出るようになりました。

私のプリンターはタイで買ったLEXMARKの普及品ですが、インクカートリッジを交換しようとすると、カラーと白黒あわせて1000B近くするので、リフィルで済ませることは出来ないものかと考えて、インクカートリッジを持って ICON PLAZA に行ってみました。

プリンターのカートリッジにリフィルしてくれるお店が一軒あったので、 このカートリッジにリフィルは出来ますか?と聞いたところ、ノズルのところを溶剤で何度か拭取ってみたあと、「大丈夫、出来ますよ。白黒とカラー、両方で350Bです」というのでお願いしました。

10分ほどの間に、注射器のようなもので補充インクをインクカートリッジに充填してくれて、あっさりと完了しましたが、「プリンターから、インクが少なくなっている、という警報が出るのは止まりませんよ 」とのこと、それは了解して代金を払って受け取って帰りました。 早速、帰宅してプリンターをテストしてみましたが、まったく問題なく使えます。

プリンターのメーカーはプリンターを安く売って、消耗品のインクカートリjッジの販売で利益を上げる作戦なのでしょうが、こういうふうにインクをレフィルして使われたのでは当てが外れるため、それを防止するために、インクカートリッジにインク量の減少を検知するセンサーを組み込み、レフィルをさせないために、このセンサーのリセットが出来ないようにしているようです。でも、警報が止まらないのを承知で使えば問題なく使えるわけですから、あまり防止策としては役に立たないようです。

インクカートリッジは純正品を使わないとノズルが詰まる恐れがある、と脅かしても、インクのノズルはインクカートリッジについているわけですから、最悪の場合でも インクカートリッジを純正品に戻せば問題は無いわけですから、あまり説得力は無いですね。

やはり、本体価格は本体価格、インクはインクとして、どちらもまともな価格で販売するのがまっとうな商売ではないかという気がします。 

インクカートリッジの値段がプリンター本体の値段(もちろんインクカートリッジも含んでいます)の四分の一近いというのは、どう考えても異常ですよね。 

 

 

 







「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク






スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR