2007-03

フアイケーオ滝のカザリオウチュウ

26日に初めて訪ねたフアイケーオ滝ですが、バイクで5分という近所でありながら、
殆んど毎回のように新しい野鳥に出会えているので、ついつい毎日のように足が向く事になって、結果として今日で連続5日、毎朝フアイケーオ滝に通ったことになります。
今日はそのフアイケーオ滝の写真もご紹介させていただきますね。

フアイケーオ滝

そういうことで、今朝も8時過ぎからフアイケーオ滝に行ってみたのですが、今日も新しい野鳥「Lineated Barbet(シロボシオオゴシキドリ)に出会うことが出来ました。
でも写真の方は私の腕の悪さのためにあまり鮮明な写真が撮れませんでしたので、申し訳ございませんが、この野鳥の写真は次回のお楽しみとさせていただきます。

でも、今日もガザリオウチュウ(Greater Racket-tailed Drongo)が何度も姿を見せてくれまして、今日は前回よりも鮮明な写真が撮れましたので、それをご紹介させていただきます。

カザリオウチュウ(Greater Racket-tailed Drongo)








☆ 久しぶりに「フォトハイウェー」 の画像を追加いたしましたので、よろしかったら覗いて見てください。
このサイトは、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


スポンサーサイト

クビワガビチョウ(Greater Necklaced Laughingthrush)が撮れました

今朝も、フアイケーオ滝に行ってみました。
門が開いているのは朝の8時から夕方6時までですが、
8時ちょっと過ぎに入ったら、公園の係員が作業をしているほかには、
まだ人影はありませんでした。

滝の見える景色の良いところで、大きな岩に腰を下ろしてのんびりと野鳥の姿が現れるのを待っていたら、ガイドらしいタイ人女性に率いられた6-7人の白人の団体が現れたと思ったら、皆さん思い思いに記念写真を撮り始めたのですが、全員が滝を背景に写真を撮ろうとしています。

あれれ、これだと私の姿が絶対に邪魔になるはずだぞ、と思ってすぐに皆さん方の撮影の邪魔にならないところに移動したのですが、それに気づいたガイドさんがこちらを見てワイをしながらにっこりと「ありがとう」と言うのが見えましたので、私もにこっとしながら「マイペンライ」を返しました。

しばらくして彼らが私の前を通りがかったので、先ほどのガイドさんに「野鳥の現れるのを待ってるんですよ」と言うと、一行の皆さんに「野鳥の写真を撮っているそうなので、静かにしてあげてくださいね」と言ってくれたので、私は恐縮して、「ありがとう。でも野鳥はいつ現れるか分からないので、その必要はないですよ。どうぞ気を遣わないで下さい」と辞退しました。

皆さんそのあたりで思い思いに歩き回ったり写真を撮ったりしていましたが、ふと何気なくそのガイドさんのほう見ると、そのガイドさんが私に向かってこっち、こっちと手招きをしています。
何ですか?とそちらの方に歩いて行くと、すぐそばの木立の方を指差しながら、小さな声で「そこに鳥がいますよ」とささやいてくれました。
そちらを見ると、なるほどちょっと小さめのハト位の大きさの野鳥が止まっています。どうも見たことの無い野鳥のようなので「まだ見たことの無い野鳥のようです。ありがとう」と言ってすぐに撮影にかかりました。

木立の中をあちこち行ったり来たりしていて、ちょっと写真は撮りにくかったのですが、幸いその野鳥は一羽ではなく、数羽がその辺りにいて入れ替わり立ち代り姿を見せてくれたので、ある程度の枚数の撮影が出来ました。
撮影一段落したときには一行の姿はすでに無く、残念ながら撮影した写真を見せてお礼を言う事は出来ませんでした。

帰宅して早速図鑑を調べたら、Greater Necklaced Laughingthrush(クビワガビチョウ)のようです。
でも、今日撮影した画像の中にはどちらかと言うとLesser Necklaced Laughingthrush(ヒメクビワガビチョウ)の方に特徴が良く合致するものもあり、今日の種が100%クビワガビチョウであるかどうか、ちょっと断定はしにくいです。

ネットでクビワガビチョウの写真を探してみたのですが、今日は見つかりませんでした。
今まで私の撮影した野鳥の写真はすべて掲載されているすごいサイトがあるのですが、そのサイトにもこのクビワガビチョウ(ヒメのほうも)の写真は載っていませんでしたので、案外珍しい野鳥なのかも知れません。

クビワガビチョウ

クビワガビチョウ(2)








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


カザリオウチュウ(?)に出会いました

昨日、フアイケーオ滝で新しい野鳥に出会えたので、
今日も柳の下のドジョウを狙って、もう一度行ってみました。

キュイッ、キュイッ、という聞きなれない野鳥の声が割りと近いところから聞こえてきたので、一生懸命あたりを探していると、すぐそばの木のちょっと上の方にヒメカザリオウチュウらしい野鳥がが止まっているのが見つかりました。

今日撮影した個体はカザリ尾を除くと体長が20センチあるかどうか、という大きさで、前回撮影したヒメカザリオウチュウよりも少し小さいようで、カザリ尾もかなり短いです。

帰宅して図鑑で種を確認したのですが、
今回の個体には嘴の前の額部分にカザリ羽根(CREST)がありますので、
これは「ヒメ」のつかない「カザリオウチュウ Greater Racket-tailed Drongo」の方のようです。大きさの小さいのはまだ若い個体なのでしょう。

この野鳥の鳴き声は、今日初めて聞いたのですが、
その仲間のオウチュウはとても多彩な鳴き方をしますので、この野鳥の鳴き方も今日のような鳴き方だけではないかもしれません。

その後も、今日のフアイケーオ滝では何度もこのカザリオウチュウの姿を見たり声を聞いたりしましたので、このあたりにはかなりの数のカザリオウチュウが住んでいるようです。

カザリオウチュウ(?)







「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク



フアイケーオ滝でカケスを撮影しました

私の住んでいる地区から少しドイステープ方面に行くと、すぐにドイステープの山裾にかかるのですが、そのあたりにチェンマイ動物園があり、もう少し進むとフアイケーオ滝という看板があります。
すぐ近くなのですが、何故か今まで入ったことがありませんでしたので、
今朝はカメラを持ってその中に入ってみました。

タイの人たちは何故か滝が大好きで、滝のあるところはどこも観光地になっていますが、ここもその例に漏れず観光地になっていて、入り口は食堂や土産物屋さんの並んでいる間を通り抜ける感じですが、それほど狭くは無いのでお店の人たちの無言の圧力はあまり感じなくてすみました(笑)。

ちょっと進むと森林公園のような感じになっていて、標識やごみカゴなどが良く整備されていて、奥の滝から大小の岩の間を流れてくる渓流がこの公園の中心になっているようです。
街からはすぐ近くなのですが全くそういう感じは無く、公園の規模もまあまあ大きい方で、ちょっとした草原や、大きな岩盤の上、渓谷の岸など、ゴザを敷いて寛げるような感じのところがたくさんあり、家族連れでピクニックに丁度よさそうな感じでした。

目的の野鳥ですが、今日は残念ながら新種には出会えませんでしたが、
最近、別の滝で撮影してご紹介した「オニクロバンケンモドキ」や 「ハクオウチョウ」と出会うことが出来ました。
以前の別の滝よりも鳥影が濃いような感じです。

今日はちょっとご挨拶という事で、早めに引き上げたのですが、外の道路(ドイステープに登る幹線道路)に出た所で、道路際の林の中に見たことの無い25~30cmくらいの野鳥の姿がチラっと見えました。
さっそくバイクを道路際に寄せてカメラを持って近寄ってみました。
幸い、彼の鳥は何かに夢中になっているようで当分の間その枝に留まって居てくれましたのでかなりの回数のシャッターを切ることが出来ました。

帰宅して早速図鑑を調べたのですが、なかなか該当するものが見つかりません。
そんな筈はないと、もう一度最初のページからじっくりと見て行きましたら、
Eurasian Jay という野鳥が該当するようです。

和名を検索してみたら「カケス」だそうです。
名前はよく聞く野鳥なので、日本にもいるのでしょうね。
久しぶりに新野鳥を一種追加できて、よい一日でした。

Eurasian Jay (カケス)

Eurasian Jay (カケス)(2)








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク



ついにチェンマイで雨が降りました!

もう何ヶ月も雨が降らず、ここ当分スモッグに悩まされていたチェンマイですが、今朝4時ごろ、ついに雨が降りました。

昨夜は何となく蒸し暑くて、軽くエアコンをかけて就寝したのですが、
3時過ぎに目が覚めてエアコンを停めたところ、外の雰囲気が何となくいつもと違うのでベランダの窓を開けて外を見たところ、なんと!雨が降っています。
そればかりか、何処かからヒューヒューと風の音も聞こえて、ときおり遠くで稲光が光ってるではありませんか。

おお、ついに念願の雨だ。これでようやくスモッグともおサラバか!としばらく雨を楽しんだ後、安心して再び就寝しました。

再び目が覚めたのは7時過ぎでしたが、すでに雨はやんで太陽が昇っていました。
それも、いつものような赤っぽい太陽ではないまともな太陽です。
空の色も、深いブルーとまでは行かないまでも、かなり青空が戻ってきていて、
遠くの景色も、少しは霞んでいるもののかなり遠くまではっきりと見えます。
空気はさわやかで涼しく、これぞ本来のチェンマイの朝!です。

雨量は大したことは無かったと思いますが、さすがに自然の威力はすごいです。
さて、これでスモッグと永久にお別れならうれしいのですが、雨季になるのはまだまだ先のことですから、また数日であのうっとうしいスモッグが戻ってくるような気がします。

でも、久しぶりに本来のチェンマイの朝を思い出させてくれた今朝の恵みの雨でした。







「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク





(続)タイから日本への送金

以前、日本の家族に10万円ほど送金する事があり、
タイの銀行に行ったところ、
日本の銀行口座に送金することは簡単に出来たのですが、
タイの銀行に400Bの手数料を払った以外に、
日本のほうでも4000円を手数料として差し引かれましたので、
合計で5000円以上の手数料が掛かったことになりました。

その事を当BLOGに書いたところチェンライにお住まいのSUZUKIさまより
郵便局で為替を作ってもらってそれを日本に送ると良い、とアドバイスを頂きました。

その後、今度は2万円ほどを送金する事になったので、
近所の郵便局に行って、
「為替(DRAFT)を作ってもらえますか、日本に送りたいので」と頼んだのですが、
その局員は、
「そう言うのは無い。日本に送金したいなら
WESTERN UNION(タイの郵便局と提携しているようです)経由で
日本の銀行口座に送るしかない」とのことでした。

おかしいなぁ、と思ったのですが、WESTERN UNIONとの提携を機に、為替の取り扱いは止めたのかも知れないと思い、
今度は銀行に行って、顔なじみのサブマネジャーに
為替を扱っているのかどうか聞いてみましたら、
「ウチの支店では扱えないが、チェンマイ市内の大きな支店ならば扱えるよ。
でも、円建ては出来ないのでUDドル建てになりますけど」という回答でした。

その銀行は日本には支店をもっていないはずなので、
次は、日本国内に支店を持っていると聞いているバンコク銀行の支店に行って
同じ事を聞いてみたら、
「出来ますよ。円建てでもOKです。バンコク銀行東京支店に持っていかれれば
手数料ナシで即現金化できます」という。

日本国内で現金化できる為替なら、一般都銀の支店ならば何処でも
換金(取立て)を受け付けてくれるはずだし、手数料も安いはずだ、と考え、
それ以上は深く考えることなくバンコク銀行発行の為替(DRAFT)を25000円分(円建てで)発行してもらって日本の家族に送りました(発行手数料は203Bでした)。

宛名人しか現金化できないし、万一紛失したら無効に出来ると聞いたので
高いEMS(最低でも450B掛かるんです)を使わないで、
普通のエアメールで日本に送ったのですが、一週間ほどで無事に届き、
早速それを銀行(東京三菱UFJ銀行の関西地区の支店)に
持ちこんでもらいました。

手数料は1500円で、二週間ほど掛かります、と言われたという事で、
ちょっと高いなあ、と思いましたが、私に出来ることは何も無く、
換金がすんだという報告が来るのを待っていましたが、
なんと届いたのは、最初に聞いていた手数料のほかに
リフティングチャージとか言うもの2500円引かれたので、
合計で4000円を差し引かれたという報告でした。

換金に二週間と郵送に1週間の計三週間掛かって、
4000円と200Bの費用が掛かったということで、
これでは銀行振り込みの方が早いだけ(三日くらい)マシかもしれません。

どうもスッキリしないので、バンコク銀行の大阪支店に電話して聞いてみましたら、

1) この為替・・・・日本国内では送金小切手と呼んでいるそうですが・・・
は、支払い地が東京になっているので、バンコク銀行東京支店に持ち込めば
無料で換金できる。
2) 支払い地を大阪としての発行は許可されていない。
3) 支払い地が東京になっている送金小切手の大阪支店での換金は、
手数料1000円で出来る。
4) 他行に換金(取立て)を依頼した場合の換金手数料については依頼した銀行による。

ということで、日本側の受取人がバンコク銀行東京支店または大阪支店に
出向く事が出来れば、この為替(送金小切手)による方法がいちばん安く上がりそうだ、
ということで一応納得は出来ましたが、
それにしても、日本国内で換金できる為替の換金に4000円の手数料をとるとは、日本の大手銀行はあこぎです。

その後、郵便局の為替という方法は本当に無いのだろうか、と
いろいろとネットで調べてみたところ、
ある大学のような機関で、海外に住む人の受験費用の送金方法として、
International Postal Money Order という方法を紹介していました。
国際協定による国際郵便為替のようなもので、
国によって扱っていない国もあるが、タイではドル建てのものが
発行可能(円建ては出来ないが)、と書いてありました。

日本郵政公社のホームページも調べたのですが、
日本国内から外国に送金する方法として為替のことも書いてありましたが、
外国の状況や、外国の為替を日本国内で換金する事について、などは
記載がありませんし、International Postal Money Orderという言葉も出てきません。

SUZUKIさまはこのInternational Postal Money Order のことを
仰っていたのかもしれない、と本日、チェンマイ大学の中の郵便局に行ってみました。
というのは、チェンマイ大学の中の郵便局は結構規模が大きく、
またこの近所には他に郵便局は無いのです。

以前、田舎の局で「為替(DRAFT)について尋ねて、無いと言われたので、
今度はInternational Postal Money Order を扱っているかどうかを尋ねました。

最初は首をヒネっていた局員ですが、
何処の国でも扱っているからタイにもあるはずだ、と食い下がったところ、
古参の局員に聞いてくれて、その古参は「うん、あるよ」といいます。
手数料はいくらくらいかかるのか、と聞くと、
しばらく端末をいろいろ叩いていましたが、最後に
「出来ないから、WESTERN UNIONでやってくれ」といいます。

そんなバカな、と思って、もう一度、「なぜ出来ないのか?」と食い下がったところ、
「ウチでは出来ないが、チェンマイ郵便局に行けば出来る」といいます。
そうならそうと最初からそう言ってくれれば良いのに!と思いましたが、
ぐっとこらえて、それは何処にあるのですか?と聞くと、
ソンテオ(乗り合いタクシー)に言えば連れて行ってくれる、と言います。
バイクがあるから自分で行きます。どのあたりですか?
と聞くと、チェンマイ駅の近く、と言う。

あまりのサービスの悪さにプッツン寸前でしたが、ここはタイですから、
捨て台詞を吐きたいのをぐっとこらえて「ありがとう」と言って
さっそくチェンマイ郵便局を目指しました。

幸い、チェンマイ郵便局はすぐに見つかって、しかも空いていましたので
さっそく窓口の一つに行って、International Postal Money Order に付いて質問しましたが、
ドル建てならば日本向けもOKで、1000ドルの場合手数料は
800B(2600~2700円)とのこと。
日本での換金手数料は無料のようですので、
銀行振り込みや、タイの銀行の発行した送金小切手を日本の銀行に換金にだすよりも
いくらかは有利なようです。

送金額が100ドルや200ドルの小額の場合の手数料がいくらなのか、
ちょっと聞き忘れてしまったのですが、
日本で外国に向けて発行の場合では、額面にかかわらず相手先まで届けてくれて一通2500円(アメリカ向けだけ2000円、ただし自分で郵送する)
と言う事なので、タイでもおそらく額面には関係ないと思います。

結論としては、1000ドル程度の送金の場合、

銀行振込み バンコク銀行400B+東京三菱UFJ銀行 4000円

送金小切手 バンコク銀行発行手数料 203B+東京三菱UFJ銀行 4000円

送金小切手 バンコク銀行発行手数料 203B+バンコク銀行東京支店  無料

送金小切手 バンコク銀行発行手数料 203B+バンコク銀行大阪支店  1000円

International Postal Money Order 発行手数料 800B+日本の郵便局 無料

と言う結果で、バンコク銀行の東京支店または大阪支店に出向く事が出来る人には
バンコク銀行の送金小切手が一番有利、
そうでない方はタイの郵便局で nternational Postal Money Order を発行してもらって
それを日本に郵送して日本の郵便局で換金するのが有利、ということのようです。

補足ですが、タイの銀行で円建ての送金小切手をタイバーツで払い込むときの為替レートは、
現金レートよりは少し有利なT&Tと呼ばれるレートが適用になりますが、
いずれにせよ、外貨の両替によるロスは大した額にはなりませんのであまり気にしていません。
(為替レートは大いに気になりますが)
ただ、International Postal Money Order のケースでは
タイバーツ→米ドル→日本円 と二度両替が行われますので、そのぶん少し不利になります。







「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク




チェンマイのワイヤレスインターネット事情

最近、チェンマイ大学のそばのコンドーミニアムに引っ越したのですが、
ここにはTRUE社の光ケーブルインターネットは来ていないということで、
TOT(電話会社の一つ)のADSL(1024kbps契約で月額1000B+税)を使っています。
今のところトラブルは殆んど無く、接続速度の方もめったに800kbpsを下回ることはありません(日本の測定サイトと接続したとき)。

しかし、将来は光ケーブルが主流になるでしょうし、速度もADSLでは追いつかない速度になるのは間違いないと思いますので、できれば光ケーブルを使いたいものだと思って、今日TRUE社のオフィスを訪ねて見ました。

私の住むコンドーミニアムで光ケーブルが使えるようになるのはいつごろの事か?何人か契約希望者を集めればケーブルを引いてくれるのか?などと質問したところ、思いがけない返事が返ってきました。

TRUE社では、最近は光ケーブルのインターネットに替わってワイヤレスによるインターネットの普及を目指していて、現在ワイヤレスインターネット網の拡充に取り組んでいるので、光ケーブルのインターネットについては新しいケーブルの拡張はしていないというのです。
その代わり、私の住むエリアでも、数ヶ月後にはワイヤレスでインターネットが使えるようになるということです。

ちなみに料金を尋ねたところ、ワイヤレスになっても現在の光ケーブルのインターネットと同じ料金で、
256/128kbps 590B+税
512/256kbps 750B+税
1024/512kbps 890B+税
という事で、今のところチェンマイではそれ以上の高速の契約はないということです(パンフレットには2048kbpsというのも載っているのですが)。

ワイヤレスのインターネットにはちょっとセキュリティー上の不安がありますし、速度が今と変わらないのであれば私にとっては乗り換えるメリットはあまり無い様に思うのですが、現在、何らかの事情で自宅でインターネットの使いにくい環境におられる方々には朗報になるかもしれないと思います。

チェンマイで青空を見るには・・・?

今朝も相変わらず煙ったようなチェンマイですが、今朝は久しぶりに野鳥の姿を求めてドイステープ(ステープ山)に登ってみました。

ドイステープ寺は標高1000m位のところにあると思うのですが、
そこまでの途中に展望台がありますので、ちょっと立ち寄ってみましたが、
チェンマイ市内のごく近いところが僅かにうっすらと見える程度で、
市内の殆んどは見晴らしがききません。

ドイステープ寺まで行っても空はかすかに青みが感じられる程度で、
青空とは程遠い様子でした。

いつも野鳥を見に行くポイントは、そこからかなり先のドイプイ(プイ山)にあるのですが、その辺りまで行くと標高は1500m位になっているようで、
さすがにそこまで行くと深いブルーのきれいな青空になりました。

最近は晴れていても青空の見えない変な天気が続いていますので、今日は久しぶりに美しい青空を見ることが出来ましたが、1500mの山に登らないと青空が見えないなんて、ひどいことですね。

野鳥の方は、一種だけ多分初めてだと思う種にめぐり会いましたが、
写真の方は今ひとつで、まだ同定できておりませんので、また後日ご紹介させていただきます。

午後、ちょっと用があってつい最近まで住んでいたチェンマイ郊外のSARAPHIに行ってきたのですが、SARAPHIあたりもスモッグの状態は変わらず、
青空も見えず、このスモッグの深刻さを実感させられました。

先日、チェンマイは盆地だから汚い空気がたまりやすいのだろうという私の意見を書きましたが、どうもそんな局地的なものではなく、やはり新聞などの言うように、山火事や野焼きの煙がかなりの広範囲にわたって地表を覆っているのでしょう。

本格的に雨が降るのは、まだ一ヶ月以上先になると言われておりますが、
その降雨が早く来るよう念願しています。








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク





なかなか暑くならない今年のチェンマイです

もう三月の中旬ですが、今年のチェンマイはなかなか暑くなりません。
二月の中旬に郊外からチェンマイ市内に引っ越して来たのですが、
最初の数日は暑さで寝苦しく、窓を開けて扇風機をかけたまま就寝した日がありましたが、その後はそういう寝苦しい日は無く、扇風機もほとんど必要ないようです。

昼間の気温も、昨年の今頃の当BLOGを読み返して見たところ、今年は昨年同期と比べるとずいぶん低いようです。
こちらに引っ越してきてからは、正確に気温を測れる環境に無いのであまり自信を持っては言えないのですが、ここ当分の最高気温は32~3度で留まっているようで、今年は本格的な暑季の訪れがずいぶん遅くなっているのではないかと思います。

また、一昨日のBLOGで最近スモッグがひどい、と書きましたが、
今朝はなお一層ひどくなっているようで、たった2~3百メートル先のビルなどが、少し霞んで見えるほどになっています。
これでは、ドイステープなどのチェンマイ市内を一望に見下ろせる眺望の良いところに行っても、殆んど何も見えないのではないでしょうか。

雨が降ると空気が洗われますし、風も吹いてこのスモッグも解消すると思いますので、一日も早い降雨を念願しております。






「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


オニクロバンケンモドキ(Green-billed Malkoha)が撮れました

ようやく引越しの荷物もほぼ片付いてきたので、そろそろ野鳥の撮影も本格的に復帰しようと、今朝は近所の滝に出かけて見ました。

今朝はあまり野鳥は見かけなかったのですが、ふと気づくと50mほど先の高いこずえに尾羽根のとても長いかなり大型の(全長が50センチ以上はありそうな)野鳥が止まっていました。
よく見るとどうも目に赤いアイマスクをかけているようです。

野鳥の本で見かけたことのある感じですが、初対面の野鳥である事は確かなので、さっそく撮影にかかりました。

残念ながらちょっと距離がありすぎて、あまり鮮明な写真にはなりませんでしたが、早速帰宅して図鑑を調べたら、
Green-billed Malkoha(オニクロバンケンモドキ)のようです。


オニクロバンケンモドキ







「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


スモッグがひどい今日のチェンマイ

ここ当分、チェンマイではよく晴れている日でも大気が霞んでいて、
遠くの山はもちろん、それほど遠くないところにあるビルなども白っぽく霞んで見えますし、ドイステープなど、チェンマイ市内を一望に見下ろせる高い見晴らしの良いところに行っても、町は白く霞んであまり美しくは見えません。

その理由については、野焼きの煙とか、車の排ガス、であるとか、新聞などで色々といわれているのですが、本当のところは分かりません。
ただ、チェンマイは工業都市ではありませんので、ひところの日本の工業都市のように工場排煙が大気汚染の原因になっているとは考えられません。
でも、走っている車の平均年齢が高いうえに整備状況があまり良くなくて、大量の黒煙を吐きながら走る車の率は日本とは比較になりません。

私の個人的意見ですが、一番の原因はチェンマイは盆地で、今の季節はあまり風が吹かないので空気が入れ替わりにくく、もともと多い野焼きの煙や車の排ガスが停滞しやすいという事ではないでしょうか。

昨日はちょっと風があったので、遠くの景色の霞み方がかなり少なかったですし、今日はまたその反対に殆んど風が無く、霞みの程度が今迄で一番ひどかったように思いますが、そういった点も空気の停滞説を裏付けているように思います。

いずれにせよ、この大気の汚染の程度はかなり深刻なようで、
チェンマイ当局も市民に焚き火や野焼きの自粛を要請しているようですが、
現実にはちょっと市内を離れると草むらを焼き払った黒い跡が随所にありますので、一般市民は大気汚染のことなどは殆んど気にしていないのだろうと思います。

まあ、もうしばらくして夕立の来る季節が来れば夕立のあとはきれいな澄んだ大気が戻ってきますので、それまだは黙って辛抱するしかないという事でしょうか。








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク



引越しが終わりました

チェンマイ郊外のサラピーからチェンマイ市内に引っ越した事はすでに書きましたが、実はまだ冷蔵庫やベッド、食器棚などの大物の引越しがすんでいませんでした。

というのは、今度引っ越したコンドー(賃貸マンション)の部屋には家主さんの用意してくれている家具類がすでにありますので、自分のものは無くとも生活は出来たので、他のものの引越しがすんでから最後に大物の移動をしようと考えて、毎日少しずつ引越しをしておりました。
おかげで、特に疲れがたまるということも無く大物を除いての引越しは無事に終わりましたので、昨日ピックアップトラックを持っている人に応援を頼んで最後の大物の移動を決行しました。

一つだけ苦労したのはベッドのマットレスで、エレベーターがあるからと高を括っていたのですが、なんと大きすぎてエレベーターに入りませんでした。
仕方なく階段を利用して10階まで運びあげたのですが、
応援に来てくれた人には申し訳ないことになってしまいました。

その後、またサラピーに戻って家をきれいに掃除して、
鍵を家主さん(の親戚に)渡して、2年間のサラピー生活が終わりました。

タイの郵便制度には、(日本のように)引越しを届けておけば郵便物を新しい住所に転送してくれる、というサービスが無いので、当分の間は時々郵便物を見にサラピーに行って見なければいけません。

バンコクからチェンマイに引っ越してくる前は、コンドーだったので、管理人にいくらかのお金を渡して郵便物の転送を頼んできたのですが、
今回は一戸建てからの転出なのでで管理人が居ないためそういうことが出来ませんが、
幸い、それほど遠くは無いので週に一度や二度は散歩がてらに覗いてみようと考えています。

一応の引越しは終わりましたが、まだまだ荷物の整理は終わっていませんので、
これからボチボチと整理していかなければいけませんが、
あわてても仕方が無いので、毎日少しずつ整理して行こうと思います。

昨夜は久しぶりに自分のマットレスの上で眠ったのですが、そのせいかどうか、朝までぐっすりと眠る事が出来ました。








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク











«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR