2006-12

大晦日のドイ・インタノン(タイの最高峰)

今日はタイでも大晦日です。
タイでは、新暦のお正月のほかに、旧暦のお正月(中国正月)、水掛け祭りとして有名なソンクラン新暦の正月など、何度も新年があるために、新暦の正月はそれほど賑やかではありませんが、それでも例年31日と元旦は銀行も官庁も休みです。
(今年は31日が日曜のため、2日が振り替え休日になり、あわせて三連休となります)
また、大きな会社などでは年末から新年に掛けて数日の連休を設定する会社も少なくありませんので、それに合わせて故郷に帰る人も多く、交通機関や主要幹線道路は結構混雑します。

私は、もうタイの暮らしも長くなりタイの生活に馴染んでしまっていますので、
新暦の正月はあまり感激もなく、何もしないつもりでしたが、ふと思い立って、
タイ国最高峰のドイ・インタノンに登ってみました。

と申しましても、チェンマイから100kmほどのところにあるドイ・インタノンは、
全体が国立公園になっていて山頂まで立派な道路がついていますので、車ならひと息で登れます。チェンマイ市内から約2時間少々のドライブです。

入園料を払って(一人30Bのほかに車一台につき50B)公園に入ってしばらく進んだところで、なんと広いキャンプ場のようなところにぎっしりとテントが並んでいました。

聞くところによると、標高の高いところは気温が低いので寒さを体験してみようと言う目的でキャンプをしに来ている人たちだと言うことですが、真偽のほどは分かりません。

でも、近所には立派なレストハウスもあり、またその辺りに住む山岳民族の人たちの開くマーケット(市場)もあり、便利にキャンプ生活をエンジョイできそうです。
(私も、帰路にそのマーケットで野菜や焼きブタなどを買って帰りました)


まことに面白い光景なので車を停めて写真を撮ったのですが、その時にふと道路沿いに植えてあるあまり大きくない樹木にチラホラと咲いている花を見ると、なんとサクラらしいのに気がつきました。(一枚目の写真の手前の方に写っている木がそれです)
そういえば、タイでも高地ではサクラが咲くところがあると聞いたことがありますが、ここもそう言う場所のひとつなのかもしれない、とその花の写真も撮ってきました。

ドイ・インタノンでキャンプ

ドイ・インタノンのサクラ(?)





ただ、私はサクラの花は何度も見たことがありますが、
ジックリとサクラの花の特徴は?と考えながら見たことはありませんので、
ひょっとするとこれはサクラではなくモモとかウメ、スモモ、などの花かもしれない、などと心配になってきました。
読者の皆さん方の中に植物に詳しい方がおられましたら、ぜひともアドバイスをお願いいたしますね。

まだ、花はチラホラとしか咲いていませんでしたので満開はまだ2~3週間先のように思いましたが、これが本当にサクラなら、久しぶりに弁当とお酒を持って花見をしたいなあ、と思いました。

山頂には軍隊の観測所と簡単な観光施設(売店、トイレ、案内所、広い駐車場、など)、それに山の中を15分ほど歩く遊歩道などがあり、大勢の人たちが訪れていました。
着いたときはそれほど寒いとは思わなかったのですが、しばらくいるうちにだんだん寒く感じるようになって、休憩所の温度計を見たら9度ほどでした。
下界では今日は25~6度くらいまで上がったと思いますので、やはり2600mの山頂はそれなりに寒いですね。

また、ドイインタノンは野鳥観察の名所としても良く知られているところなので、当然愛用のカメラを持っていったのですが、出かけた時間が遅かったため、現地に着いたときはもう日没が近くなっていましたので、野鳥の写真の方は今ひとつでした。

でも、ほんの短時間の間に今までに見たことの無いいろいろな野鳥に出会うことが出来ましたので、近日中に今度は朝早く出発してゆっくりと野鳥を追いかけてみたいと考えています。

今日の成果はほんの2~3種でしたが、そちらの写真は明日のお楽しみ、とさせていただきます。








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

スポンサーサイト

「マキノセンニュウ」のようです(訂正:実はビンズイでした)

今日のチェンマイは、かなり寒さが緩んで、朝の最低気温は14度まで上がり、
日中の最高気温は25度、と日向に出ると汗ばむほどになり、久しぶりに普通の乾季の気候にもどったようです。

今日もいつもの公園に出かけたのですが、落ち葉の絨緞の上を動き回っている数匹の野鳥が目に止まりました。
ちょっと見ると、大きさや色、形などは、いつも潅木の茂みの中を、チッ、チッ、チッ、と鳴きながら忙しく動き回っているWARBLERに似ているのですが、数匹が群れになっているところ、ずっと地面の上を動いているところなどから、これは違う種類ではないかと思い、写真を撮って見ました。

ちょっと距離があったためにあまり鮮明な写真は撮れませんでしたが、
それでも拡大してみると、はっきりとしたマユがあり、羽根に模様があるので、最初はキマユムシクイかと考えたのですが、キマユにしては羽根の模様がちょっと違うようです。
更によく見ると、なんと胸からハラにかけてはっきりとした縞模様があります。

これはキマユにはないもので、どうも私にとっては新種のようで、喜んで図鑑の中からそれらしいものを探してみました。
その結果は、どうもマキノセンニュウ(スズメ目ウグイス科 Lanceolated Warbler)のようです。

Googleでちょっと調べてみたら、今の季節は東南アジアですが、夏には北海道などで繁殖する渡り鳥だそうで、それなら矛盾もありません。

というわけで、取りあえずは「マキノセンニュウ」とさせていただきます。

2013.7.26 訂正
読者の方から「この野鳥はマキノセンニュウではなくてビンズイではないか」との
ご指摘をいただきました。
早速調べてみましたら、ご指摘の通り「ビンズイ」ですね。
謹んで訂正させていただきます。
この当時はまだ野鳥撮影を始めたばかりでしたので、この日の他にも間違った記事が
あるかもしれません。
お気づきの方はご遠慮なくご指摘をいただけると幸いです。




マキノセンニュウ








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

コシジロヒヨドリ(Sooty-headed Bulbul)が撮れました

昨日も、いつものように野鳥探索に出かけたのですが、
バナナの木に一羽の20センチほどの黒っぽい野鳥が止まっていました。

この辺りはコウラウン(Red-whiskered Bulbul)の大変多いところで、毎日のように家の周り、例の公園など、あちらこちらで見かけますので全然珍しくない野鳥なのですが、それでもコウラウンは姿が愛らしく声も多彩で、私の一番好きな野鳥の一つです。

でも、もう写真はたっぷりとありますので、「ああ、コウラウンか!」と無視して通り過ぎようとしたのですが、「待てよ、コウラウンが単独でじっとしている事はまずないのに、本当にコウラウンかな?」と思い、念のためにカメラで覗いて見たところ、
コウラウン特有の「鉄腕アトム」風のエボシがありません。

お、これはコシジロヒヨドリ(Sooty-headed Bulbul)だ!と早速撮影にかかりました。
コシジロヒヨドリは以前、LAMPHUNに行った時に電線に止まっているのを撮影していますが、あまり面白くないSHOTだったので、再挑戦の機会を待っていたのです。

幸い、今回は光線の具合もよくかなりの枚数のシャッターを切らせてくれたので、まあまあの写真が撮れたように思いますので、早速紹介させていただきます。

コシジロヒヨドリ(1)

コシジロヒヨドリ(2)







「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

インターネットはほぼ正常に戻りましたが・・

27日夜の台湾の地震の影響で非常に繋がりにくくなっていたタイ-日本間のネット接続ですが、28日の深夜ごろからほぼ正常に使えるようになり、接続スピードはやや遅いものの、一部のサイトを除いて殆どのサイトにほぼ不自由なく繋がるようになりました。

その後も、その状態は維持されていて、私の生活もほぼ正常に復帰しました(笑)が、気がつかないうちにネットが生活の一部になってしまっていることを深く認識させられました。

海底通信ケーブルの損傷とのことで、その障害自体はまだ回復できていないと思うのですが、迂回回線の確保などで何とか実用的には問題がないところまで復旧しているのだと思いますが、関係者のご苦労は相当なものだろうと想像しています。

もともとインターネットは、何処かの回線が損傷を受けても、世界中にクモの巣(WEB!)のように繋がった通信回線のうちで使えるところを使って、通信機能そのものが壊滅する事がないように軍用に工夫されたものだと聞いていますが、今回もその特質が活きて比較的早い回復になったのだと思いますが、今回の経験を活かしてもっと信頼性の高い通信回線の確保が進む事を期待しています。

空は飛ぶけど野鳥ではありません

昨日の朝から、チェンマイではインターネットの海外接続がが絶不調ですが、
先ほどからかなり良くなってきていますので、急遽更新をすることにいたしました。

本日のチェンマイは、よく晴れて昨日よりも一段と暖かくなり、朝の気温は12度、昼間の最高気温は約25度でした。
空気は乾燥していて、洗濯物も気持ちよく乾燥してくれました。

さて、
いつもの公園で野鳥を追いかけていると、時々飛行機の爆音が聞こえてきて、しばらくすると飛行機の姿が見えてきます。

先日、ちょっとバンコクに行くことがあって、その時に上空からチェンマイの景色を眺めていたら、飛行機はちょうどその公園の上空を通りました。
たぶん、バンコクに向かう飛行コースが、その公園の上空を通っているのでしょうね。

チェンマイの空港は国際空港とは言いながら、発着便数が少ないので、
私がその公園にいる時にその上空を飛行機が通過するのはあまり頻繁ではありませんけれど・・・。

先日も、野鳥を追いかけていましたら、飛行機の爆音が聞こえてきたので、
戯れにカメラを上空に向けて飛行機を写してみました。
飛行機撮影用にカメラのセッティングを変える時間はなかったので、野鳥撮影のセッティングのままでシャッターを切ったのですが何とか写っていました。
後でよく見たら、その飛行機の機体には熱帯魚や熱帯の樹木の絵が書いてあって、とてもカラフルなので、ちょっとご紹介しましょう。

カラフルな機体の飛行機

カラフルな機体の飛行機(2)

垂直尾翼には会社のマークらしいものが見えるのですが、
残念ながら私はエアラインには詳しくないので何処の飛行機かは分かりません。
登録番号の頭のHSは読めますのでタイの飛行機である事まではわかるのですが、
その後の番号(または文字)がはっきりとは読めません。
PCGかPOGのように見えるのですが・・・。

本当は、機体の一番前部が鳥の嘴のように塗装してある「ノック・エア」の飛行機をご紹介したかったのですが、まだあまり鮮明な写真が撮れていないので、
「ノック・エア」の方はまたの機会にさせていただきます。

ちなみに「ノック」はタイ語で鳥を意味します。








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

昨日からネットが不調です

昨日の朝は、普通にメールチェックが出来たのですが、そのあと頃から
だんだんネットのつながりがおかしくなって、ついには全く(一部のサイトを除いて)
繋がらなくなってしまいました。

プロバイダ(CS-LOXINFO)のサービスに電話してみたら、一昨日夜の台湾での地震の影響でネットの接続が遅くなっているとのことでした。

なるほど、タイ国内サイトは普通に繋がるし、日本のサイトでもサーバーの設置場所によるのでしょうね、全く普通に繋がるサイトもいくつかはありました。
MSNメッセンジャーは全くダメでしたが、SKYPEはずっとOKでした。

夕方、一度復旧したみたいに見えて、たまっていたメールが取れたのですが、
その後、すぐまたおかしくなってしまいました。

夜の九時ごろ(タイ時間で)にはかなり回復したのですが、やはりなんとなく普通ではなく、
接続速度もひどく遅く、楽天のサイトは閲覧は何とかできたのですが、書き込みは出来ませんでした。

そういったわけで昨日の更新は出来ませんでした。また、コメントをいただいていた方にも、コメントをお返しする事が出来ませんでしたが、そういった事情ですので、ご理解をお願いいたしたいと思います。

今朝は、まだ少し不安定な感じはあるようですが、書き込み画面にも入れましたので、
とりあえず、昨日の事情説明とお詫びをさせていただきます。





ブーゲンビリアとノビタキ(Stone Chat)

今日のチェンマイは、朝こそ11度と少し冷え込んでいましたが、
時間とともに気温はどんどん上がって、大変快適な陽気になりました。
今日も日課の鳥見に出かけましたが、暑くも寒くもなくて、とても気持ちよく歩き回れました。

成果の方は、アカモズとインドコムクドリが久しぶりにアップで撮れたくらいで、特にこれと言う成果はありませんでしたが、ブーゲンビリアの枝に止まったノビタキの写真がちょっときれいなので、これを今日はご紹介させていただきます。

ノビタキはわりと単独行動が多く、低い木の一番高いところなどに好んで止まるところなど、アカモズと大変よく似ていて、しかも体の大きさや色などもよく似ていますので、写真を撮って拡大してみるまで区別がつかないことが多いです。

ノビタキとブーゲンビリア








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

オオハッカ(white-vented Myna)のアップが撮れました

オオハッカ(White-vented Myna)とインドハッカ(Common Myna)は、どちらもこの辺りでは良く見かけるムクドリの一種ですが、インドハッカはわりと警戒心が薄くて接近して写真を撮らせてくれるのですが、オオハッカのほうは警戒心が強くて、なかなか接近させてくれません。
大きな木の高いところに止まっている時でさえ、その木から30m以内にはなかなか近寄れないのです。

ところが今日、先日ご紹介した水路沿いの小道を歩いていたら、すぐそばの木の
高さ5mくらいのところの枝にオオハッカが一羽止まって盛んに木の実(多分タマリンドだと思いますが)をつついていました。
でも私のところからそのオオハッカの間には邪魔な枝がたくさんあって、オオハッカの全身をカメラに捕らえるのはなかなか難しかったです。

そのせいでしょうか、オオハッカのほうからも私の姿が見えにくかったのでしょうね、またそれに加えてタマリンドの実を食べるのに夢中になって警戒心が薄れていたのでしょうか、彼が飛び去るまでに邪魔な木の枝や葉を避けて少しずつ視点を変えながら20ショット以上のシャッターを切ることが出来まして、幸い全身が写ったものも少数ながら撮れていました。
オオハッカをこんな近距離で撮影できたのは初めてなので、さっそくご紹介させていただきます。

そのオオハッカがかじっていたタマリンドの実は、ちょうど食べごろだったのでしょうか、
オオハッカが去った後はミミジロヒヨドリ、そのあとはコウラウン、と色々な野鳥が順番に噛り付いていました。

オオハッカ(White-vented Myna)










「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

オウチュウと水牛

今日のチェンマイは、朝こそ12度と少し寒かったですが、
この数日と違い快晴で風もなく、時間とともにどんどん暖かくなり、
最高気温は25~6度になっていたと思います。

日課の鳥見にもコートを着て出かけたのですが、だんだんと暖かくなり、
ついにコートは脱がざるを得なくなりました。

今日は久しぶりにアカモズが撮れたくらいで、特筆するようなことはなかったのですが、
畑に放し飼いにされてのんびりと草を食んでいる水牛に、オウチュウ(Black Drongo)がまとわりついているちょっと面白い光景を目撃しました。

何が目的でオウチュウが水牛にまとわりついていたのかは分かりませんが、
水牛が嫌がっていなかったところを見ると、寄生虫などを捕って食べていたのかもしれません。

余談ですが、タイ語で水牛の事は「クヮーイ」と言いますが、
タイでは決して人に向かって「クヮーイ」と言ってはいけません。
水牛は放してやっても自分の家に一人では帰れないほど頭が悪いと言われていて(本当のことかどうかは分かりませんが)、人に向かって「クヮーイ」と言うと、
相手を馬鹿にして「間抜け!」「ノロマ!」とののしることになるのだそうです。
もう一つ、余談ついでに、水牛のことを指す時に「クヮイ」と短く言ってはいけません。これは男性のシンボルの事を指しますのでご注意を。
日本の野菜のクワイはタイにもありますが、これを日本語で言うのはちょっとはばかられます。

水牛とオウチュウ(1)

水牛とオウチュウ(2)







「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

10万アクセス記念品プレゼントについて

先日19日、おかげをもちまして当BLOGのアクセスカウンターは10万に到達いたしました。

記念に、10万前後で当BLOGにお見えになった方々に当BLOGに掲載した写真のうちからご希望のものをプリントしてプレゼントさせていただく事にしておりましたが、現在までどなたからもお申し出がございません。

このまま該当者無しで締め切ってしまうのは何となく心残りなので、
本日ただ今より、先着5名さまに当BLOGに掲載した写真のうちからご希望のものを3点ずつ、プレゼントさせていただこうと思います。

ご希望の写真(掲載されていた日付とともに)、住所、お名前、郵便番号、を
当BLOGのHOMEページの左側にある 「MAIL」「メッセージを送る」よりお知らせください。

夢中で木の実を食べるコウラウンです

今朝は昨日の朝よりもホンの少し涼しく、10度を少し下回っていたようです。
よく晴れてはいたのですが昼間もあまり気温が上がらず、最高気温は23度くらいに留まっていたようです。(精密温度計がないので、あいまいな表現をお許しください)

今朝はちょっと用があっていつもの公園に出勤できませんでしたので、
昨日の写真の中から面白そうなものをご紹介しましょう。

この辺りはなぜかコウラウン(Red-whiskered Bulbul)の多いところで、
本当の何処でもよく見かけます。

コウラウンは私のお気に入りの野鳥で、頬と下腹が赤く頭には鉄腕アトムのようなエボシがあり、にぎやかによく囀るので、一目で分かります。
昨日見かけたコウラウンは、オリーブの実位の大きさの赤い木の実に夢中でかじりついていました。
この種類の木は、この公園には一本だけのようで、5m位の高さのあまり大きな木ではないのですが、今の季節には赤い木の実が無数になっていて、数え切れないくらいの数のコウラウンが思い思いにこの木の実にかじりついています。

以前マンゴーの実にかじりついているコウラウンをご紹介した事がありますが、飛んでいる昆虫を捕まえた食べているのを見たこともあり、コウラウンの食性はかなり多様なようです。

赤い木の実とコウラウン(1)

赤い木の実とコウラウン(2)

コウラウンの好きな赤い木の実












「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

久しぶりにキバラタイヨウチョウです

今日は大変涼しい一日で、朝は10度くらい、最高気温も24度くらい迄しか上がりませんでした。
さすがに、半そでTシャツだけでは少し涼しすぎるので、長袖を探し回って、
一日中(家の中でも)それを着ていました。

日課の鳥見の方ですが、新種には出会えませんでしたが、先日メジロの写真を撮った木の花にたかっているキバラタイヨウチョウの写真が撮れました。

この花は、名前は分からないのですが、真っ白い針の集まったようなちょっと変わった花ですが、色々な野鳥がその花に集まります。

キバラタイヨウチョウは10センチほどしかない小型の野鳥ですが、この辺りでは大変ポピュラーな野鳥です。
チーッ、チーッ、という特徴的な鳴き声なので、彼(彼女)が近くに来るとすぐに分かります。
我が家の庭のハイビスカスの花にもよく来て花の蜜を吸っています。
その写真は以前ご紹介した事があります。

キバラタイヨウチョウも今日の花も初登場ではないのですが、
その組み合わせは初めてなのでご紹介させていただきますね。

久しぶりのキバラタイヨウチョウ









「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

ひゃー、今朝は寒いぞ、今季の最低気温を更新・・・チェンマイ発

昨日、チェンマイは冷え込んで寒い、と書いたばかりですが、
なんと今朝は10度まで下がりました。

タイが熱帯にあることは多くの方がご存知と思いますが、チェンマイは北緯19度あたりに位置しておりますので、今の時期、冬至の頃になりますと太陽はずいぶん南に傾き、日差しは大変やわらかくなります。

それに加えて、チェンマイは内陸の奥深いところにあって気候に海の影響がないので、季節による温度の変化も一日のうちの温度の変化も大きいのでしょう。

11月から2月頃までがチェンマイでは一番気温の低い季節で、たまに今朝のように10度前後まで下がる事があります。

暑さには慣れているが寒さには慣れていないチェンマイの人たちは、今朝は震え上がって「寒い、寒い」を連発している事でしょうけれど、日本人にとっては最高に気持ちの良い季節です。

でも、朝のうちは半そでのTシャツ一枚ではちょっと寒いので、今日の鳥見には何か上に着るものを探して出かける事にします。









「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

うっそうとした木立の散歩道です

先日、私がいつも野鳥を探して歩き回っている農業用水路沿いの小道をご紹介しましたら、予想外に多くのレスポンスをいただきましたので、もう少しご紹介する事にいたしますね。

今日の写真は、先日の写真の続きの小道(17日のBLOBの一枚目の写真の道をもう少し進んだところ)ですが、ちょうどこの辺りでは左側の私有地の樹木類が道にかぶさるほど茂っていて、水路のところどころに、この辺りの住民が使う丸木橋が架かっています。

めったに人は通らないのですが、たまに近所の住人らしき人たちとすれ違う事があり、最初のうちは「何をしてるんですか」と、ちょっと胡散臭い目で見られていたようですが、「きれいな鳥がいっぱいいるのでその写真を撮っているんです」と言うと喜んでくれて、最近では、今日は良い写真が撮れたか?と声を掛けてくる人もあります。

うっそうとした木立の散歩道

この写真だけ見ていただくと、何となくすごい原始林の中にいるような感じを受けられる事と思いますが、実はこんな感じの写真が撮れるのはこの公園の周りでもごく一部だけですし、この水路も残念ながらコンクリート製です
正直なところ、チェンマイ周辺ではすでにすごく開発が進んでいるので、本格的にこういう雰囲気を味わおうと思うと、かなり田舎の奥深くに行かないといけないだろうと思います。
すみません、種明かしをしてしまいました。











「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


この乾季最大の冷え込み・・・今朝のチェンマイです

今朝のチェンマイの気温は、なんと12度まで下がりました。
三日ぶりに日課の鳥見に出かけましたが、半そでTシャツ姿ではさすがに寒かったです。

天気は先日の数日間何となく不順だったのと違って、きれいに晴れ上がっていますので、昼に向かって気温はどんどん上がって行きましたが、それでも25度には届かなかったようです。

暑季の最高気温は精密最高温度計(水銀体温計)で、0.1度単位で測れますが、
いまどきの気温は普通の温度計2台で測っていますので誤差がプラスマイナス1度くらいはあるかもしれませんが、それにしても涼しいです。

家の中にあるグッピーの水槽の水温計は約20度を指しています。
暑季にはこれが30度近くなる(西日が当たると30度を超えます)といえば、
暑季と乾季の気候の違いの大きさが分かっていただけると思います。

チェンマイではこんな快適な気候がもう2ヶ月くらいは続きます。
チェンマイ(に限らず北部タイ)を訪問させるのでしたら、ぜひこの季節にされるのが(気候に関しては)よろしいのではないかと思います。









「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

おかげさまで10万アクセス

先日からお知らせしておりましたが、当BLOGのアクセスカウンターが、
一昨日10万を超えました。
ご支援くださっている多くの皆さんのおかげと、と大変感謝しております。

10万番およびその前後を踏まれた方には、今までに当BLOGに掲載した写真の中から、5点または3点を選んでいただいてプリントして、それを記念品としてプレゼントさせていただく事にしておりますので、該当の方は至急お知らせくださいませ。
該当者からのお申し出のない場合は順次(二回まで)繰上げまたは繰り下げしてまいります。

一昨日と昨日は、たまたま所用があってバンコクに出かけておりましたので、
パソコンの前で10万アクセスの瞬間を確認する事は出来ませんでしたが、
一昨日の夜、友人たちと夕食の後ネットカフェに寄って見ましたら、10万と14まで進んでいましたので、その前後のアクセスログは携帯メモリーにコピーしてきました。
でも、残念ながら、10万番前後には楽天BLOGの会員の方はおられませんでしたので、どなたが10万番とその前後を踏まれたか、当方では確認の方法がありません。

該当の方のお申し出をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

チェンマイのリスをもうイッパツ行きますね

先日も書きましたが、この辺りは本当にリスの多いところで、
いつもの公園では、野鳥よりもリスのほうが多いのではないかと思いたくなるくらい
たくさんのリスがいます。

最近、リスは繁殖期らしく、まるで「ジューッ、ジューッ、ジューッ」という規則正しく繰り返すケタタマしい鳴き声がよく聞かれます。
本当にこの鳴き声はすごいもので、まるで壊れた機械のような感じで、
とても動物の声とは思えないような激しいものです。

先日も、野鳥の姿を追っていましたら、すぐ近くの木の枝でリスが吠えていました。
多分、そばに異性がいてその注意を引こうと思っていたのでしょう。
日ごろはちょっと人の気配を感じるとすぐに逃げ去ってしまうのですが、
今の時期は警戒心が薄れているのでしょう、かなり近くで写真を取らせてくれました。

なんという種類のリスかは存じませんが、この個体はオスです。
この写真ではあまりはっきりとは見えませんが、他の写真には、はっきりとオスの証拠が写っていました。

リス







「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

寒いよー、今日のチェンマイ

今朝、起きて温度計(屋外)を見たら、昨日の朝よりも一度低い18度でした。
空は晴れているようだし、これなら普通だなあ、と思っていたら、
日が昇ってきてもなかなか気温が上がらず、なんと午後になっても23度を超えませんでした。昨日もなんか変な気候だなあ、と思っていたのですが今日はますます異常です。いくら乾季だと言ってもなんか変です。
夕方、5キロほど離れたスーパーにバイクで買い物に出かけたのですが、
本当に寒かったです。(まあ、半そでのTシャツですから、寒くて当たり前かもしれませんが)

すでに、一ヶ月ほど前、朝の最低気温としては15-6度を経験しているのですが、普通は朝は気温が下がっても昼ごろからは結構暑くなるんです。
それが、午後になっても23度なんて、今まで経験がありません。(なんて偉そうな事を言っても、まだチェンマイは二年なんですけどね)
さて、明日はどんな気候になりますやら。

明日はアメリカに移住することになった友人に会うために一泊でバンコクに向かいますので、明日と明後日はBLOGの更新は出来ないと思います。
その友人の都合で、この日程になったのですが、ちょうどその頃、当BLOGは10万アクセスを迎える見通しで、それを自分の目でモニター出来ないのは大変残念なのですが、10万番ならびにその前後を踏んでくださった方、どうぞその画面をコピーしてお知らせくださいませ。
粗品を準備してお待ちしております。










「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

異常に涼しかった今日のチェンマイです

昨日のチェンマイは、生暖かく風の強い日で、まるで日本の春一番の日のような感じでした。
就寝した午後10時ごろは外気温が21度まで下がっていて、明日の朝はかなり下がるかな、と思っていたのですが、
今朝起きてみると19度で、今の季節としては普通の気温でした。

ところが、なぜか何故か今日は、昼間になってもあまり気温が上がらず、
ついに最高気温は25度を超えず、家の中の温度も同じくらいで、
何となく肌寒さを感じる一日でした。

25度なら寒くはないと、日本の方は思われるでしょうけれど、
何せ暑さには慣れてきましたが寒さは長い事体験しておりませんし、
年から年中、半そでのTシャツ姿ですから、25度という気温は、涼しい、というレベルを超えているんです。
長袖を着れば問題ないのですが、何処に仕舞ってるやら!!

天気としてはうすぐもりくらいで、日差しも結構あったと思うのですが、
変な感じの一日でした。

ちなみに今(夜9時)の外気温は、21度です。

(続)チェンマイの田園風景

昨日のBLOGで、もう少し写真があったほうが良かったような気がして、
今日また例の公園に行った時に、昨日の写真を撮ったあたりでもう少し撮影して来ました。

用水路に沿った細い道は、たまに近所の人やそのあたりの家の飼い犬とすれ違う程度で、100M先の会話が聞こえるくらい静かです。

用水路や小道に沿って、まるで並木のようにバナナの木(本当は木ではなくて草だそうですが)やパパイヤの木が並んでいます。

ときどき、実をつけているのも見かけますが、果たして収穫しているのかどうか??
バナナなんかは雑草のように何処にでも生えるので、安いはずですね。
スーパーなどではまあまあの値段で売っていますが、市場や道端の屋台のようなところで売っているのはとても安くて美味しいです。

チェンマイの田園風景(2)
左側に見えるのはバナナの木(草)です。

チェンマイの田園風景(3)
パパイヤの木です。

チェンマイの田園風景(4)
まるでヘチマみたいなパパイヤの実です。







「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

チェンマイの田園風景です

いつも野鳥を探しに行く公園に東側の境界に沿って流れる農業用水路を公園から離れて更に歩いて行くと、片側は広い畑、もう片側は大きな樹木が茂って林になっている広大な空き地になります。その間の細い道を水路に沿って歩いていて、今までにカワセミや先日のカッコーや、その他多くの野鳥に巡り会っています。

その畑では、水路に沿ったところにはバナナやパパイヤがたくさん並んで実をつけていて、中の方ではいろいろな野菜を作っているようです。

ときどき農家のおじさんやおばさん、水牛などを見かけるのですが、
今日は農家のおばさんが畑の中を掘った水路からヒシャクで野菜に水を遣っていました。
ちょうど逆光で、水がきらきらと光るのが美しかったので写真を撮りましたが、
その農家のおばさんの着ているものや帽子なども、日本の皆さんの目には
興味深いのではないかと思い、ご紹介することにしました。

ついでに、バナナやパパイヤがたくさんなっているところの写真も撮れば、
よく雰囲気が分かっていただけるのにうっかりしました。
近いうちに撮影してご紹介しますね。

チェンマイ田園風景





「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

10万アクセス記念について

三週間ほど前に、当BLOGのアクセス数の累計がまもなく10万になるので、
キリ番をゲットされた方、およびその前後の番号を踏まれた方に、当BLOGに掲載した写真のなかからご希望のものをプリントしてプレゼントさせていただこうと考えているという事を書きました。

その事を書いてまもなく、楽天BLOGのアクセスカウンターが異常な状態になり、
私のアクセスカウンターがリセットされてしまったらどうしよう、と心配しましたが、無事に復旧してくれてほっといたしました。

おかげさまで、今日は99000を超えましたので、順調に行けば20日(水)ごろには10万ヒット達成になるのではないかと考えております。

応募の仕方、該当者無しの場合の繰り上げ繰り下げのやり方など、
記念品プレゼントの詳細は

http://plaza.rakuten.co.jp/fromthailand/diary/200611230002/

をご覧下さい。

10万番ジャストに限らず、その前後を踏まれた方は前後賞の可能性がありますので、記念品ご希望であれば、念のためにアクセスカウンターの部分をふくむ当日の当BLOGの画面をコピーしておいていただくとよいと思います。

その日の前後、生憎とちょっと旅に出る事になりそうで、
そうなると10万ヒットの瞬間にパソコンの前にいることが出来ませんので、
ぜひとも画面のコピーをよろしくお願いいたします。

では、当選の方のお申し出をお待ちしております。



蛇足ですが、画面のコピーのやり方は以下の通りです。
キーボードの Prt Scr というキー(Print Screenという意味だと思います)を
押すと、その時点の画面がパソコンの中の「クリップボード」というところに
コピーされます。
次に、PAINTというアプリケーションを起動して(スタートメニュー→すべてのプログラム→アクササリ→ペイント で見つかります)
「編集」から「貼付け」をクリックすると、「ペイント」のなかにさきほどの画面が貼付けられて表示されます。
後はそれを保存すれば終わりです。
「ファイル」メニューから「名前をつけて保存」を選んでいただいて、
ご希望の場所に保存してください。
ファイルタイプは標準ではbmpになると思いますのでjpgに変えていただいたほうが、ファイルサイズが小さくてよろしいかと。






今日はリスです

いつも野鳥を探しに行く公園にはたくさんのリスがいます。
ひょっとすると野鳥よりもリスのほうが数が多いのではないかと(実際は、そんなことはないのですが)思うくらいです。

野鳥がいないかと、林の中で何処を見るともなく全体に動くものを見逃すまいと注意しているときに、木立の中をサササと動くのはたいがいリスです。

また、すごく高い音でキーーー、とかシーーーとか聞こえる鳴き声も、最初はどんな野鳥が鳴いているのかと思いましたが、これもリスでした。

リスの動きは本当に敏捷で枝から枝に飛びはねて移動しますので、移動中のリスの写真を撮るのは殆ど不可能に近いのですが、時々同じところにじっとして、シューッ、シューッ、とまるで機械のような音を発している事があります。
おそらく繁殖行動ではないかと思いますが、そういう時は比較的近距離で楽に写真を撮らせてくれます。

きょうご紹介する写真は、寒冷地で見かけるような葉の細い針葉樹の幹で、
二匹のリスが追いかけあったり見つめあったりしていたときに撮影しました。
オスとメスのカップルが愛をはぐくんでいるところだと思いますが、
ひょっとしたらオス同士がメスをめぐって争っているのかもしれません。
はたして真相は???

リスのカップル(?)です






「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

カッコー(CUCKOO)の一種です

今日も野鳥の姿を求めていつもの公園に行きましたが、
まだ見たことの無い野鳥に遭遇しました。

その公園の境界に沿って流れる農業用水路の対岸の農地のあぜに立つ樹木に止まっていたのですが、体長は約20センチほどでしょうか、あれっ、初めての野鳥みたいだぞ、と気がついて、すぐにカメラを構えて撮影しながら少しずつ近寄って行ったのですが、20mくらいまで近寄ったところで飛び去ってしまいましたので、納得の行く写真が撮れるところまでは行きませんでしたが、何とか様子の分かる程度の写真は撮れました。

撮影した画像を、帰宅してから拡大してジックリと眺めたのですが、やはり初めての野鳥です。
さっそく図鑑を調べたのですが、羽の模様の様子、体長、生息域などからPlainrive Cuckoo(ヒメカッコー)の♀のようです。

毎回、このように種の特定が進むとありがたいのですが、
まだ名前のはっきりしない野鳥がかなり残っています。
まあ、逃げるわけではないのでジックリやって行きましょう。

ヒメカッコー

ヒメカッコー









「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

再び、アカハラゴシキドリ

一昨日、久しぶりにアカハラゴシキドリに再会して撮影した画像をご紹介させていただきましたが、どうも鮮明度が今ひとつという感じで、満足できませんでした。

今日も同じ公園に出かけたのですが、またしても「ポクポク」という木魚をたたくような音が聞こえてきました。
一昨日ポクポクさんを撮影した場所の方から聞こえてくるようなので、
もしかすると同じ木かもしれないな、と思いながら一昨日の木の方に行ってみましたら、
まさに同じ木の同じ枝に止まってさかんにポクポクと鳴いていました。

一昨日の写真がどうも納得できていなかったので、今日は色々と実験してみようと思って、ISOを最低の80にセットして、JPGのクォリティをノーマルとファインに切り替えたり、フォーカスも完全機械任せのオートフォーカス、セミオート、完全手動、といろいろと試してみました。

幸い、今日も光線の具合はよくて、ISOを80にしても、200分の一秒位のシャッターを切ることが出来ました。
まあ、35ミリ判に換算して700ミリ相当の望遠撮影で、ほぼピクセル等倍に近いトリミングですから、いくら手ぶれ防止装置がついていても手持ちで200分の一秒はかなり苦しくて、半数以上は手ぶれを起こしていましたが、それでも何とか使えそうなコマがいくらかはありました。

その結果ですが、やはりISOを80にセットした価値は少しはあるようですね、
シャドウの部分が200では少しザラザラした感じになっているのですが、
80の方ではそれが感じられません。でもJPEGをファインにセットした価値は
あまり感じられませんね。もっともっと拡大してゆくとノーマル(ファインでなく)のほうでは、輪郭にニジミが出てくるのが分かるのですが、そこまで拡大するとかなりボケますので、ニジミがどうのこうのというレベルではなくなります。

トリミングしないで使えるときはISOを200にセットして撮影しても、
ざらつきはあまり気にならないのですが、私のように目いっぱいトリミングする事の多い使い方には出来るだけISOは80で使う方が良いようです。

とは言っても、十分に明るいときにはISOを80にセットしてもあまり手ぶれしないで撮れますが、晴れていても日陰などではISO80では苦しい事がよくあります。
いくら粒子の細かい画像でも手ブレや被写体ブレでボケていたのでは話になりませんので、ISOは200、あるいは400も止むを得ないときがありますが・・・。

フォーカスの方は、機械のフォーカス機能を邪魔する物のないときは機械任せで十分、というよりも機械任せの方が正確で、マニュアルで完全にフォーカスを取るのはなかなか難しいようです。
もちろん、静止した被写体を三脚をすえて撮影する時にはマニュアルで完璧にフォーカスを取る事が可能ですが、手持ち撮影の場合は出来るだけ機械に任せるようにして、それが出来ないときには手動で何度もフォーカスを会わせ直しながらたくさんのコマを撮影して良い物を選ぶしか方法はなさそうです。

参考までに、一昨日のBLOGに今日の写真を一点追加しておきます。
今回追加した写真はISO 80、JPGはファイン
前回のコマは、ISO 200、 JPGはノーマルでした。








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

最近よく見かける野鳥ですが・・

最近、日課のように野鳥の姿を求めて近所の公園に行っていますが、
最近よく見かける野鳥がいます。

公園の中や、隣接する草原や畑で見かけるスズメ位の大きさの野鳥ですが、
いつも群れを作らず単独行動で、地面からちょっと高い潅木の枝や枯れ草の茎などに止まっている事が多いです。
遠くから見ると、モズやPlain Prinia と区別がつかないのですが、
写真を撮ってみると、そのどちらでもないことが分かります。

特徴としては、羽根はスズメのようで茶色にちょっと白っぽい模様があります。
のどが白く、ハラ全体が薄い茶色です。
普通のWARBLERほどではありませんが白く長いマユがありますが、アイリングはありません。
あまり鳴き声を出さないようで、まだこの野鳥の鳴き声とはっきり確認できる鳴き声は確認できていません。

多分、WARBLERの一種だろうとは思うのですが、初心者の私にはまだ何と言う野鳥なのか特定が出来ません。
恐れ入りますが、お分かりの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

WARBLERの一種だと思うのですが・・・

WARBLERの一種だと思うのですが・・・(2)

WARBLERの一種だと思うのですが・・・(3)








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

チェンマイで地震です!

さきほど、チェンマイで地震がありました。
ただいま、チェンマイでは12月13日午前0時40分ですが、
午前零時(タイ時間です)をほんの少し過ぎた頃ではなかったかと思いますが、
突然の揺れで目が覚めました。

日本では珍しくない程度の揺れで、気象庁の震度参考表によると、
震度は3くらいですね。

でも、日ごろ地震の経験のないタイの人たちは驚いた事でしょう。
阪神大震災のときは、私の故郷の町では、かなりの揺れはあったものの、まさかあんな大惨事になっているとは思わず、そのまままた眠ってしまい、朝になって起きてからテレビで大惨事を知ったわけですが、今回、チェンマイでは震度3でも、どこかで大地震、ということはないでしょうね? 無ければよいと思いますが・・・・。


この記事をアップした後確認したら、昨日12月12日付の記事になっています。
日本ではもう午前3時が近いのに、楽天さんの時計は狂っているのでしょうか?。

ムネアカゴシキドリに再会しました

一ヶ月ほど前にカラフルな野鳥としてご紹介した「ムネアカゴシキドリ」ですが、
その二週間ほど後のことですが、遠くからポクポクと木魚をたたくような不思議な音が聞こえてきて、ようやくその音の源を突き止めたら、それがこの「ムネアカゴシキドリ」の鳴き声だということが分かりました。

その後も、いつもの公園で時々その鳴き声を聞く事があり、一応は鳴き声の元を探っては見るのですが、その鳥の姿はなかなか目撃できませんでした。
この鳥は、どうも大きな木の上のほうの枝に止まって鳴いていることが多いようです。

今日も例の公園で野鳥を追いかけていましたら、遠くの方から例のポクポクが聞こえてきました。
今日こそは姿を確認して写真を撮ってやろう、と張り切ってその音の方に向かいました。
それらしい木の下までは来たのですが、いくら目を凝らしてみても鳥の姿は見えません。
絶対にこの木にいるはずだと、あきらめずに探し続けたところ、いました!いました!
地上から20mはあろうかという高い枝に止まって鳴いていました。
でも、幸い順光で、しかも邪魔な枝や葉は何とか避けて写真を撮れそうです。
慎重に露出をセットして、ピントを合わせ直しながら何十枚かシャッターを切れました。

何枚かはきれいに撮れたのではないかと、結構手応えを感じながら撮影を終わったのですが、あとで再生してみると、なんと半数以上がピンボケです。
十分に明るかったので、シャッタースピードは500分の一秒くらいが切れていて、カメラブレはあまりないと思うのですが、オートフォーカス任せと、マニュアルフォーカスで写した分、両方とも歩留まりはかなり悪かったようです。

オートでのピンボケはちょっと手前の小枝にピントが合っているのがありましたし、
マニュアルの分では、距離がありすぎてなかなか目視では正確にフォーカシングが出来なかったと言うことでしょう。三脚を使うか一眼レフのようなフォーカシングの易しい機材を使わない限りこういう状況では難しいような気がしますが、
今回のように殆ど真上を向いてカメラを構えなければいけない様な状況では、三脚の使用も困難ですし、困ったもんです。

でも、なんとか一眼レフカメラでなくともこういう状況で、もっと鮮明な写真を撮れるように修行と工夫で頑張ってみようと思います。


ムネアカゴシキドリ(1改)



(追記)2006年12月14日
一昨日と同じ木の同じ枝でもう一度撮影できました。
前回よりも少しは良い写真が撮れたように思いますので追加させていただきます。
撮影した元画像から中央部800x600ピクセルを切り取ったものを、640x480ピクセルにリサイズしています。

再びムネアカゴシキドリです











「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

あれ、イミグレーションオフィスが閉まってる!

定例の90日リポートを提出するために、チェンマイのイミグレーションオフィスに行きました。
タイに長く滞在しておられる方はご存知でしょうけれど、タイに滞在する外国人は90日ごとにタイの居住場所を書いた「居住報告書」をイミグレーションオフィスに出さなければいけません(出頭しなくても郵送でも良いらしいです)。

門の扉が半分閉まっているので、変だなあ、守衛の人が開け忘れたのかしら、と思いながら中に入ってみると、構内の駐車スペースも殆ど空いています。

ますます、変だなあと思いながらオフィスに行くと、なんとドアが閉まっていて
英語で「12月11日、本日は閉鎖」と張り紙がしてあります。

あれれ、休みだ! でも、どうして? 今日はタイでは平日のはずですが・・・・。
誰もいませんので、わけを聞こうにも相手がいませんので、また明日出直すことにして、そのまま帰ってきました。

わざわざ10数キロもバイクに乗って行ったのに無駄足になりました。
でも、私なんかまだましな方でしょう。国際空港や国境から遠い所(・・・つまりタイ国内の大部分の場所)におられる方は、VISAに関するに用事があれば一日仕事、または泊りがけでイミグレーションオフィスに出かけるわけです。
それで、イミグレーションオフィスが閉まっていたら、大変ですよね。

でも、これがタイという国なんでしょう。
また一つ、新しい体験をさせてもらいました。





「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

嘴の黄色い野鳥です

最近よく見かけるこの17~8センチの野鳥は、小さな木の実や花をつついているようで、大きな木の上の方でよく見かけます。
でも、見えるのは尻尾だけとかお腹だけとか言う事が多く、なかなか頭を含んだ全身の写真が撮れませんでしたが、やっと何点か写真がたまりましたのでご紹介させていただきます。
特徴としては、下腹部が茶色で(赤い写真もあります)、嘴が黄色、それにノドから胸に掛けて縦じまがあるように見えます。
手持ちの野鳥図鑑を見ても、どうもBULBULの仲間のように思えますけれど、なかなかこれ!という決定打が見つかりません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。


BULBULの一種だと思うのですが(1)

BULBULの一種だと思うのですが(2)

BULBULの一種だと思うのですが(3)

BULBULの一種だと思うのですが(4)

2007.1.2追記
この野鳥は、どうも11月12日にご紹介して、「野鳥大好き」さまから
インドコムクドリ(chestnut-tailed Starling)」だと教えていただいた野鳥と同じ種類のようです。





「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR