FC2ブログ

2006-11

おかげさまで、もうすぐ10万アクセスになりますので

一昨年の8月にこのBLOGを開設して以来2年3カ月、おかげさまでアクセスカウンターは順調に上がってきておりまして、昨日9万3千を超えました。
この調子で行きますと年内には10万アクセスに到達しそうです。

今まで一度も、キリ番を祝うイベントはしておりませんが、
10万の大台は、今までご支持いただいた多くの方々に感謝をしつつ、
祝いたいと思います。

何をしたら良かろうかと、ない知恵を絞って考えたのですが、
最近の当BLOGは写真を主体にしておりますので、
キリ番をゲットされた方には、当BLOGに今まで掲載した写真のなかから
ご希望の写真をプリントしてプレゼントさせていただこうと思います。

つきましては、
10万番を踏まれた方に、ご希望の写真のプリントを5点、
前後賞として、99999番、100001番のかたに3点を
贈呈させていただこうと考えています。

ただ、楽天BLOG会員でない方については、当方では確認の方法がございませんので、該当の方は(できればアクセスカウンターの部分を含む画面コピーを添えて)
申告をお願いいたします。

カウンターが100000ヒットを記録してから48時間以内に
申告がない場合は、100000番については(番号の増える方に)繰り下げ当選、100001番についても繰り下げ、99999番については99998番の方に繰り上げ当選とさせていただきます。
該当の方の申告がない場合はBLOGにて告知させていただきますので、
繰上げ当選、または繰り下げ当選に該当の方はお申し出下さいませ。
繰上げ、繰り下げの方もお申し出のない場合は再度繰り上げ、繰り下げとさせていただきます。

タイから郵便でお送りしようと考えておりますので、
匿名の方にはお送りいたしかねますのでご了解をお願いいたします。

また、こんな写真、貰ってもしょうがない、と仰る方もたくさんいらっしゃると思いますが、もちろん、当選のお申し出は任意でございます。

繰上げ、繰り下げとも二回までとさせていただき、それでも該当の方のお申し出のない場合は、終了とさせていただきます。

という風な事を考えたのですが、いかがでしょうか?
もう少し、こういう風にしたらどうか、などご意見がございましたらどうぞお寄せくださいませ。

BBS欄に記入していただいても、「メッセージを送る」欄からメールを下さっても、どちらでも結構です。

では、よろしくお願いいたします。      当BLOG開設者 MARUT



スポンサーサイト



ついにカワセミをゲットしました。

昨日は、せっかくカワセミに出会っていながらカワセミとは気がつかず、
いい加減な写真しか撮らず大失敗でした。

今度カワセミに出会う機会があったら、今度こそはそういう失敗をしないで、丁寧に写真を撮ろうと、心に決めて今日も例の公園に向かいました。

今日は、まだ未確認の野鳥かもしれないと思う野鳥がいても、ファインダーの中にターゲットをなかなか捕捉できなかったり、ピントを合わせてさあシャッターを押そうと思ったとたんに飛び去ってしまうというような事ばかりが続いてくさっていました。
もう少しカメラの取り扱いに習熟して、手早くシャッターチャンスをモノにしないと、無駄なシャッターを切るばかりで歩留まりが悪くて困ります。

昔のようにフィルムが無駄になると言う事がないのは助かりますが、
大方の野鳥は同じところにじっとしていてくれないので、早くファインダーの中に捕まえる事、手早くピントと露出をチェックしてシャッターを押す、ということが大変重要なのですが、これがまた容易ではないのです。

それはさて置き、今日はどうも間の悪い事ばかり続くので、もう止めて帰ろうかと思いながらも、もう一度だけ先日カワセミらしい野鳥の飛び去る姿を目撃したあたりから始まる農業水路に沿った小道を行ってみる事にしました。

100mほど進んだところで、私の後方から前方に向かって水路の上を一羽の小型の野鳥が低く飛んで行って30mほど先の私の対岸の土手部分に降りました。

何となく青っぽく見えましたし、水路の上を低く飛ぶということは、ひょっとしてカワセミ?と思ってすぐにカメラのズームをいっぱいにして覗いてみましたら、
やったー、カワセミです。

さあ、チャンスです。今日こそは慎重に良い写真を撮ろう、と勇んで撮影に取り掛かったのですが、残念な事にその水路は南北に走っていて、前方にいるカワセミは私のところからは逆光です。
まあ、やれるだけやってみよう、と逆光補正を何通りもセットしなおしながら、
数枚写しては数歩前進、また数枚写しては数歩前進を繰り返しながら少しずつカワセミに近寄って行きました。

一度飛び立ったので、ありゃ、おしまいか!と思ったらすぐに近くの木の枝に止まってくれました。
ほっとして、また撮影、数歩前進を再開したのですが20mくらいまで近寄ったところで、ついに飛び去ってしまいました。

早速、画像を再生してみたのですが、残念ながら殆どのショットがカメラぶれ、またはピンボケ、また逆光のせいで色が鮮やかでなく、残念ながら満足できるショットは一枚もありませんでした。

カワセミはお気に入りのところにしばしば来て獲物を待つ、と聞いた事がありますが、今日のカワセミはこの木の枝がお気に入りのようで、当分の間その枝で水面を見張っているように見えました。
あの木が本当に彼のお気に入りなら、また同じところで会える可能性が高いので、
次回はもっとましな写真が撮れるように頑張りたいと思います。

そういうわけで今日はカワセミの写真としては大変不満足ですが、
カワセミの初対面記念として、ダメ写真の中でもマシな方の写真をご披露させていただきます。

トラの巻で種類を確認しましたが、嘴に赤い部分がないこと、体の大きさが15ー6センチとあまり大きくないこと、などから (前に何もつかない只の)カワセミCommon Kingfisher だろうと思います。

ついに対面できたカワセミ(1)


ついに対面できたカワセミ(3)











「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。

BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

涼しい!今朝のチェンマイ

わたしは暑がりで、寝るときも、いつも殆ど何も掛けないで寝ているのですが、
今朝早く、ちょっと寒さを感じて目が覚め、夏蒲団を掛けてもう一度寝ました。
6時に起床して、外に出している温度計を見たら15度と14度(二個出しているのです)と、この乾季の最低記録です。

一度は連日16-7度まで下がっていた朝の最低気温が、このところ、19-20度と高めに戻っていたのですが、いよいよ本格的な乾季入り、ということでしょう。

昼間の最高気温は27-9度と言ったところで、日向に出るとやはり暑さを感じますが、太陽がかなり南寄りになり高度がずいぶん低くなっているので、
ひところに比べると日差しはずいぶん柔らかくなっています。

連日のように野鳥を追いかけて野外に出ていますが、日向にいると少し汗ばみますが、
日陰に入るとすっと汗が引くと言う感じで、日本で言えば10月ごろの秋の気候ですね。

最初にチェンマイを訪れたのは二年前の12月でしたが、
夜遅くチェンマイに着いたときには何も感じなかったのですが、
翌朝起きて外に出てみて、何という快適な朝!バンコクには全くないさわやかな朝に感激して、その瞬間に(私の心の底では)チェンマイに引っ越す事が決まったようです。

同じタイと言っても、バンコクあたりでは全然こんな感じにはなりません。
チェンマイのほうがバンコクよりはかなり北に位置しているのですが、
それに加えて、チェンマイは内陸、バンコクは沿岸、というのが気候の違いの
大きな理由ではないかと思います。

バンコクの気候は、簡単に言って常夏で、一年を通して湿度も高いですが、
チェンマイでは雨季を除いては空気は乾燥していますし、暑季を除けば暑さも
それほどひどくありません。とくに乾季(今の季節)の3~4ヶ月は本当に快適です。

この気候の良さが、多くの日本人が定住地にチェンマイを選んでいる最大の理由だとおもいます。







「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。

BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR