2006-08

今年も洪水の悪夢が迫っているのでしょうか?

チェンマイでは昨年8月、30年ぶりとかいう洪水に見舞われ、その後も二度(地域によっては三度)の洪水に見舞われましたが、今年は今までのところ今月の初めに一部の地区で小規模な浸水があった程度ですんでいます。

でも、このところかなりの量の降雨があり、山や野原は含水量が飽和状態になっているようです。それに加えて、昨夜夜半過ぎからかなりの降雨があり、今日の昼間も断続的にかなりの量の雨が降っており、夜になってもまだ止んでいません。

昨日は、メーリム(チェンマイの北隣の町)の一部で洪水が起きている、と聞いていましたので、今朝、チェンマイの町に出たときに、ピン川の水位を見たのですが、
水位はかなり高いものの、今のところはまだ、危険水位には1M以上の余裕があるように見えました。

しかし今日の午後、日本語ボランティアでチェンマイの南西部にあるハンドンに行ったときには、途中の道で水路が溢れて道路が冠水しているところが二箇所ありました。
生徒の中には、家のそばが冠水して登校できない、と今日は来ていない子もいました。この調子だと、帰りには、もっと冠水がひどくなっているだろう、と思ったので、帰りは少し遠回りですが幹線道路の108号線を通って帰ったのですが、なんと108号線も、途中二箇所で、道路を川のようにを水が流れていました。
なんとか通過はできたのですが、これ以上雨が降ると通行不能になる可能性が高いと思いました。

今後、あまりたくさんの雨が降らなければ、このまま大したことにはならないで終わってくれるかもしれないのですが、今後の降り方が大変気になるところです。

チェンマイにお住まいの皆様は、出来るだけの情報収集と万一の洪水に対する備えをお勧めしたいと思います。
ピン川の水位の変化については、下記のサイトで毎時間報告されていますので、参考にしてください(以前、お知らせしたURLとは変わっています)。
http://www.hydro-1.net/
タイ語のサイトですが、左側のメニューの2をクリックしていただけば
NAWARAT橋の水位が分かります。



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?
スポンサーサイト

ネットで日本の週刊誌が読める!

先ほど、いつも楽しく読ませていただいているBLOG「いつかはタイ移住 ~タイ嫁物語」を見ていたら、最新号の週刊ポストに、「夢の海外移住『話が違う』~タイ編」という記事が載っていて、
ネットからでも記事が読めると書いてあり、リンク(EBOOK JAPAN)が載っていましたので、早速、アクセスしてみました。

なんと、私の知らないうちに、ネットで本(の内容だけ)を購入して読むことが出来ることになっていたのですね。
すでに、相当な量の本が対象になっているようですが、とりあえず週刊ポストのその記事を探してみました。

今のところ週刊誌は週刊現代と週刊ポストの二誌だけですが、主要な記事をバラバラに、または一括でダウンロードして読めるようになっています。

目的の「夢の海外移住~」は、週刊ポストの最新号がまだネットに準備されていなくてタイ編はまだ読めませんが、準最新号のマレーシア編がダウンロード可能になっていて、購読料は42円とのことなので、それを試してみることにしました。

まず、マイクロソフトの .NET FRAMEWOWK V1.1が必要と言うことで、それをダウンロードしてインストール、次いで閲覧用ソフトをダウンロードしてインストールして準備完了です。

目的の記事をダウンロードする前に、「立読み用」として準備されている記事をダウンロードして、それがうまく見られるかどうかを確認してから購入して欲しいと言うことなので、面白そうなマンガをえらんでダウンロードしてみたら、ちゃんと読むことが出来ましたので、目的の記事の購入に移りました。

購読料はクレジットカードで決済することにしたのですが、
タイのクレジットカードでもうまく登録が出来て、有料記事のダウンロードも簡単に出来ました。

記事そのものはほぼ予想したような内容でしたが、最新の週刊誌の記事が簡単にネットで読めるということが確認できました。
なんとも、驚きです。

ちなみに、記事の値段は記事ごとに違っていて、今回主要11記事をまとめて購入すると315円、同じ内容を一件ずつバラバラに買うと500円ほどになるようです。

今回は、必要なソフトのダウンロードや支払方法の登録などがあって、
目的の記事を読むまでにちょっと時間がかかりましたが、次回からは本当に簡単に購読できます。
日本国外にお住まいのかたがたには朗報ではないでしょうか。

ただ、今のところはチェンマイではネット環境があまりよくないので、
記事が大きい場合にはダウンロードにちょっと時間がかかってしまうかもしれませんが、それは仕方がないですね。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

庭のマンゴーの木にセアカハナドリが!

セアカハナドリ(2)

セアカハナドリ(1)

今朝のことですが、庭の池の魚にエサをやっていたら、庭のマンゴーの木のほうから、チャッ、チャッ とも ジャッ、ジャッ とも聞こえる小石同士をぶつかるような特徴のある鳴き声が聞こえてきました。
見上げると尻のあたりが赤く見える野鳥が一羽、枝に止まっています。
やっ、セアカハナドリだ!と、すぐに家の中にデジカメをとりに行って戻ってみたら、幸いまだ枝に残っています。
カメラから野鳥までの距離は距離は約4M、ズームを望遠最大にしてファインダーを覗いてみると、十分にアップでイケます!
尾に近い背中は赤いけれど、頭のほうはまったく赤くありません。
あれっ、セアカハナドリではないのかしら?とちょっと自信がなくなりましたが、兎に角、まずはしっかりと撮影しておかなきゃ!

曇っていて太陽はまったく顔を出していませんが、バックは白い雲で完全逆光なので、1.3EVの露出補正をセットして、慎重にフォーカスをあわせシャッターを切りました。
数枚シャッターを切っても飛び去る様子がないので、マンゴーの木の周りを反対側に移動してそちらでも数枚撮影しました。
それでも今日はまだ飛び去る様子がないので、また元に戻って数枚シャッターを切ると、別の枝にもう一羽のセアカハナドリが!今度のヤツは頭まではっきりと赤いのが分かります。ふむふむ、こちらがオスでさっきのヤツはメスなんだなあ、と納得です。

セアカハナドリ(4)

セアカハナドリ(3)

慎重に、こちらのほうも数枚撮影したところで二羽とも飛び去りましたが、今日はかなりの近距離でしたので、使える写真になっているだろうと、早速パソコンに取り込みました。
幸い、フォーカスも露出もほぼOKです。

しかも、今日は比較的近距離で撮影できましたし、幸い800Mpxで撮影していたので、ピクセル等倍まで拡大しなくて済んだので、あまりザラザラ感がありません。
遠距離から撮影したケースでは、パソコンでピクセル等倍、またはそれに近いところまで拡大しないと使えないケースが殆どなどで、どうしてもザラザラ感の抜けない写真になってしまうことが多いのですが、今日は条件がよかったです。
これで、晴天でバックが青空とか立ち木の緑などなら最高だったのですが、
初めてセアカハナドリらしい写真を撮ったときに比べると、大きな進歩ですから。
まあ贅沢は言わないことにしましょう。



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?




タマムシ・・・かな?

タマムシ?

いつものように、野鳥を待ち伏せて隣の空き地を見張っていたら、30Mほど向こうの木の周りを青くきらきら光るものが飛び回っているのが見えた。
大きさにすると3-4cm位だろうか、何だろう?ひょっとしたらタマムシだろうか?と考えながら、とにかく撮影を試みた。

止まっている野鳥を望遠で写すような具合で、動き回る昆虫にピントを合わせるのは不可能なので、カメラのズームを中望遠くらいにセットし、その昆虫とほぼ同じ距離にある立ち木にピントを合わせておいてシャッターを切った。
やっとの思いで3コマほど撮影したが、その昆虫の写っていたのは一コマだけだった。

残念ながら、このピンボケ写真ではその昆虫の正体を見極めるのは無理であるが、
羽の色から普通の昆虫ではないことは分かる。
もしもタマムシなら、子供のとき以来何十年も天然のタマムシにお目にかかった記憶はないので、大変貴重な写真となるのだが・・・・。

また現れてくれることを期待することにしよう。
次回は撮り損ねないようにしたいものだ。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?



リスと接近遭遇・・・・チェンマイより

リスが間近に現れました

昨日の夕方、いつものように野鳥を待ち伏せて、隣家の草原を見張っていたら、
近くの草むらで、背丈ほどもあるオジギソウの藪の一部がゴソゴソと揺れているのに気がつきました。
たぶんシマキンバラだろうと思いましたが、その後も注意してみていましたら、
なんとリスでした。何をしてたのかは分からないのですが、オジギソウの藪の中をあちこち行ったり来たりしていました。
そのうち、私から1mくらいのところで葉の間から顔を出してくれて、しばらくの間そこにいてくれたので、何枚か撮影することが出来ました。
今回のように近距離でリスを撮影できたのは初めてなのでご紹介させていただきます。

このあたりで見かけるリスは、体にシマがあるヤツと、シマのないヤツと二種類いるのですが、
今回のヤツはシマのないほうで、尾を除いた体長は12-3cm、尾を入れても30cmあるかないかの小型のリスです。



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?



最近のチェンマイのインターネット事情

久しぶりに最近のインターネット事情について書いてみます。
私が現在契約して使っているのはCS-LOXINFO社のADSL(256kbps、月額税込み1605B 接続時間制限なし、メールアカウント一個)というプランです。
日本の皆さんから見たら、今どき信じられないほどの低速ですが、現在のチェンマイではこんなもの、どころかまだまだ家庭ではダイアルアップ(56k)でネットに繋いでいる人のほうが多いようです。

もしもウチの電話がTT&T社の回線でなくTOT社のものであれば、
同じCS-LOXINFO社でも、今の半額以下の料金で今と同じスピードの、今と同じくらいの料金を払えばもっと高速のプランがあるのですが、家主さんの電話のためにどうすることも出来ません。

ただ、これは私の想像ですが、今の私の契約は料金が高い分、同じインターネット回線を共用するユーザーの数が多くないような気がします。
と言いますのは、時々日本の接続スピード測定サイトに繋いで速度を測ってみるのですが、時間帯にかかわらず常に200~210Kbpsで安定しています。
また、ネットに接続できない、などのトラブルもほとんどありません。
たまに繋がらないことがありますが、CS-LOXINFOのカスタマーサービスに電話すると
「現在、チェンマイ地方でTT&T社のADSLラインがおかしくなっているようです。復旧までしばらくお待ちください」と言うようなことで、今までは長くても数時間のうちに復旧しています。

チェンマイのインターネット(多分、チェンマイに限ったことではなく、タイ国内ではどこも似たようなものではないかと思いますが)では、長時間ネットに繋がらない、時間帯によってはダイアルアップよりも遅いようなスピードしか出なくなる・・・・などという声をよく聞くのですが、幸い私のところではそういうことはなく、接続スピードと料金について以外には不満はありませんし、CS-LOXINFO社では、
今まで色々なプロバイダーで経験させたれた信じられないほどの顧客無視による嫌な思いもありませんので、ここ当分は現状維持で行こうと考えています。

ちなみに、チェンマイでは最近光ファイバーが普及し始めているようで、
特にTRUE社(もとのTelecom Asia)は、チェンマイではADSLをすっ飛ばして、アナログから一足飛びに光ケーブルの普及を図っているようで、最近ではチェンマイ郊外にも光の使えるエリアが広がっているのではないかと思います。
また、私が引越ししてきた当時(昨年2月)は、光と言っても256や512Kbpsが主力でしたが、最近では2Mbpsで月額1000Bくらいのプランが出来ているようです。
ただし、2Mbpsというのは理想的な状態でのTRUEのサーバーまでの接続スピードで、
タイ国内同士の接続ではけっこうそれに近いスピードが出ることもありますが、
日本など国外に接続したとき、特に利用者の多い時間帯などでは、スピードががた落ちになってしまうことが結構あるようです。

実は、私もチェンマイに引っ越してくるまでは、バンコクでTRUE社のADSLの2Mbpsプランを契約していたのですが、TRUE社のサイトに繋いで速度を測ったときには常に2Mbps出ましたが、日本国内の測定サイトに繋ぐと、よい時で1Mbps(まれ)、普通は400~500Kbps、遅いときは200~300Kbpsくらい、またはそれ以下でした。

以下は過去ログです。ご参考までに。

タイ国最新ADSL事情(緊急レポート) 2004.09.25

バンコクでADSL開通!! 2004.10.15

タイのADSL、その後 2004.10.22

チェンマイでADSLが開通しました 2005.02.19




BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?





庭の池に濾過器を取り付けました

庭の池です

購入した濾過器です

私の住んでいるチェンマイ郊外サラピーの借家には、庭に小さな池があるのですが、引っ越してきた当座は、グッピーやモーリーなど小型の魚が主体で、大型の魚はいなかったので、
水の汚れはそれほど早くはなく、特に浄化装置などは設置していなくても、10日か2週間に一度水替えをしてやれば十分でした。

それが最近は、20センチほどに成長したセイルフィンプレコが三匹、同じく20センチほどのアルビノクララが3匹、12-3センチのコイ、大型の金魚が二匹・・・・・その他小型魚多数、というわけで、300リットルほどの水量に比べて魚が多すぎるようで、3-4日に一度は水替えをして掃除をしてやるのですが、その都度大量の泥・・・と言っても殆どが魚の糞と食べ残しのエサでしょうけれど・・・でいつも大仕事になります。
何せ暑い国ですから、たいした運動量ではないと思うのですが、毎回汗びっしょりになります。
これは何とかしないと・・・とずっと考えていたのですが、ついに一昨日の日曜日、行き付けの観賞魚やさんで相談してみました。

店内で陳列に使っている100リットル以上は入りそうなジャンボたらいの水の浄化に使っている、30リットルは入りそうな大きなバケツを改造して中に濾剤を入れているようなヤツがいいな、と思ってこれは売らないのか?と聞いたらこれは売り物ではないが、こちらはどうか?と
7-8リットル位の蓋つき透明プラスチックの箱にパイプを取り付けて中に濾剤を入れたものを薦められました。
ちょっと能力的に十分かどうか不安があったのですが、450B(1500円くらい)というので、駄目もとで買って帰りました。

持って帰ってからジックリと中を調べてみたら、一番上がグラスウール、その下にウズラの卵くらいの大きさの軽石のようなものが詰まっていて、一番底には
プラスチックでできたヒモのようなものを押し固めたものが入っていました。

早速、中をざっと洗って、いままで空気添加と水流を作るために使っていた小さな水中ポンプを接続して池のふちに設置して、ついでに池の水も替えました。
ポンプが弱いためか、濾過器から池に流れ落ちる水量はちょっと頼りない感じです。最初はなかなか池の水が透明にならなくて、ちょっと心配したのですが、今朝起きてみると、水は見事に澄んで透明になっています。

先ほど、濾剤のグラスウールを外して洗ってみたのですが、なんとすごい量の
泥のようなものが出てきて驚きました。
考えてみれば、三日に一度池の掃除をしないといけないくらいの糞の量なんですから、濾過器のおかげで池の水がにごらないとすれば、それだけの量の糞が濾過器に溜まることになりますね。

これからは、池の掃除はそれほど頻繁にしなくても良いかもしれませんが、濾過器の掃除を2日か3日おきにはしなければいけないかもしれません。
やはり、この濾過器ではちょっと能力不足なのかもしれません。




BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?



再びハチの写真です

ハチの飛行

あまり変わり映えしないで申し訳ございませんが、今日もハチです。
野鳥を待ち伏せて隣地の荒地を見張っていたら、ハチが野草の花にたかっていたのですが、その姿がなかなか美しかったので撮影しました。

ハチとしては何の変哲もない普通のハチだと思いますが、飛行中のハチの写真は少しは珍しいのではないかと思いまして・・・・。

もう少しかんかん照りで、カメラがもっと高感度のあれば、羽がもっと静止した状態で写るのではないかと思うのですが、私のカメラではこの辺が限界のようで残念です。(ISO200で、絞りF5.6 シャッター速度200分の1秒です)

BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

チェンマイ郊外の森で見かけたクモです

メーサーの滝で見かけた大きなクモ今日は、以前当BLOGでご紹介したチェンマイ郊外にあるメーサーの滝で見かけた大きなクモをご紹介します。
クモの巣は直径1メートルはあろうかという大きなもので、クモさんの体も足を除いて4センチくらいはあったと思います。
なにか獲物がかかっていればもっと面白い写真になったと思うのですが、生憎とクモさんだけでした。

チェンマイは結構地方都市としては大きな町ですが、ちょっと郊外に出るとまだまだ自然がたくさん残っていて、昔の日本の田舎と共通するものを感じます。
まだまだ、訪ねたことのないところがたくさん残っていますので、気長に少しずつ体験していきたいと考えています。




BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

金魚の尾びれがカジられました

二ヶ月ほど前に買った金魚ですが、買ったときには全長が4センチくらいしかなかったのですが、グッピーと同じ水槽に入れて買っておりましたら順調に大きくなり、
安かった割には体型が良いので気に入っておりました。
最近、全長が5-6センチくらいになり、グッピーの水槽ではちょっと狭くなってきたので、二週間ほど前に外の池(水量300Lくらい)に移しました。

外の池には、以前、新入りの金魚やコイが片っぱしから失踪したり死んだりする事件があり、結局犯人は見つからず事件は迷宮入りでしたが、誰か後輩イジメをするたちのわるいのがいるのだろうということだけは覚えております。
でも、最近はグッピーもモーりーも落ち着いていて、知らないうちに数が減るということもなくなっておりましたので、まあ良かろう、と考えたのです。

当分はこの金魚の様子には、特に注意を払っておりましたが、別に何もおきませんでしたので最近は安心していたのですが、一昨日ふと見ると尾びれの上半分が誰かにかじられたみたいで、無くなっています。
あれれ、やっぱりタチの悪いのがいるのですね。

20センチくらいのアルビノクララが三匹いるのですが、こいつが犯人ならば金魚の尻尾をかじるようなことはしないで、小さいグッピーやモーリーを食べてしまうでしょう。

セイルフィンプレコも20センチ近くなったのが3匹いるのですが、彼らは完全にベジタリアンですので容疑者ではないでしょう。

一番怪しいのは、過去の怪事件の犯人と同じかどうかは分かりませんが、エンゼルフィッシュだろうと思います。
チェンマイのこの家に引っ越してきてまもなくワンペアを購入したので、もう一年半以上になりますが、いつも二匹は仲良く寄り添っています。

ほかの魚をかじっている現場を目撃したことはないのですが、
エンゼルはほかの魚のヒラヒラしたヒレなどを齧ることがあるので注意が必要、と読んだことがあるような気がします。

とりあえず、家の中のグッピー水槽に戻してやりました。
エサは普通に食べているのですが、ときどき眠ったようにボケーっとしていることがあるのが心配です。

はやく回復してくれれば良いのですが・・・・。



シッポをかじられてしまった金魚





BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?



カノコガという蛾の一種だそうです

ハチの一種かな

以前にもご紹介したことがある、ちょっと変わったハチの一種のような昆虫ですが、以前のものよりもよい写真が撮れましたので、再度ご紹介いたします。

羽は黒いのですが、水玉模様のような感じで透明な部分があり、向こうが透けて見えます。
体長は2センチくらいで、触覚の感じなどはハチによく似ています。

野鳥の図鑑の良い物が手に入ったら、次は昆虫図鑑を探さないといけませんね。

追記
ハンマー56さまより、蛾の一種「カノコガ」だと教えていただきました。
ハンマー56さま、有難うございました。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


野草の花に集まるハチ

今日はちょっと趣向を変えて、野鳥ではなくて虫です。
いつも野鳥を観察している隣地の草原の野草の花に、ハチがたかって蜜を食べていましたので写真に撮りました。
腹の赤いヤツと黒いヤツと二種類ですが、近い種のように思います。

趣向を変えて、っていうと格好いいかもしれませんが、正直なところはBLOGのネタがないので手抜き!です。申し訳ございません。

ハチ(1)

ハチ(2)








BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

再び「ポン・ドゥアット温泉」の野鳥です

別の真っ黒な野鳥(1)

別の真っ黒な野鳥(2)

再び、先日の日曜日に「ポン・ドゥアット温泉」周辺で見かけた野鳥に戻ります。
今日ご紹介するのは、帰り道の道路ぎわで、枯れ木の枝に止まって盛んにさえずっていた真っ黒い野鳥です。
大きさはスズメよりも一回り大きいくらいです。

最初は一昨日ご紹介した「真っ黒い野鳥」と同じ野鳥かな、と思ったのですが、ジックリと姿を眺めていると、頭から口ばしにかけての感じや目の感じがヒヨドリによく似ているようですし、胸の辺りの毛が逆立っているように見えるところなど、やはり一昨日の野鳥とは違う種類ではないかと思いますが、これも、私の手持ちの図鑑には載っていません。

野鳥の写真のたくさん載っているWEBSITEを教えていただいているのですが、
何せ、当地のインターネット環境は日本と違ってまことにSLOWなもので、
名前の分かっている野鳥の写真を探すのはそれほど苦ではないのですが、
名前の分かっていない野鳥の写真を探してしらみつぶしにWEBSITEを閲覧していくのは大変困難なのです。

近日中に、もう少し詳しい野鳥図鑑を探しに出かけようと思いますが、
それまでの間は、まことに情ないのですが、またもや先輩方に助けを要請せざるをえません。どうか、よろしくお願いいたします。

☆追記☆  10月6日の日記に書きましたが、
この野鳥はヒメオウチュウ(Bronzed Drongo)と判明しました。



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


久しぶりに我が家で新種ゲットです

野生の文鳥?(1)

野生の文鳥?(2)

最近のチェンマイは、太陽の位置が高く、お昼前後は文字通り真上から強烈な日差しが降り注ぎ、同時に紫外線も大変強いので、普段は太陽の位置の低い朝方と夕方しか鳥見はしないのですが、今日は朝方降っていた雨がまもなく止んで曇りがちの天気でしたので、昼間から鳥見をしていたのですが、
たまたま二羽の小型の真っ白い野鳥が飛んできて、近くの草に止まりました。

じつは、二ヶ月ほど前、同じような小型の真っ白な野鳥を二匹見かけたことがあるのですが、その時はかなり離れたところにしか止まってくれなかったので、写真は撮れたものの豆粒ほどにしか撮れませんでした。
色は真っ白だけどシマキンバラに似ているなあ、ひょっとしてシマキンバラのアルビノだろうか?とにかくもう一度見たいものだ、とずっと思っていたので、おっ、チャンス!とばかりに勇んで写真を撮りました。

今回、私から見えるところに止まってくれたのは一羽だけだったのですが、
めったに現れない野鳥なのでピンボケだけは避けたいと、慎重に3-4枚を連写してはピントを合わせ直してまた連写、を繰り返して飛び去るまでに30ショットほど撮影できました。

すぐにパソコンに取り込んで拡大してみたのですが、まあ何とか使える程度にはピントは合っているようで、早速タイの鳥類図鑑を調べたのですが、またしても見つかりません。
体型、特に頭のてっぺんからクチバシにつながるカーブなどはシマキンバラに大変よく似ていますが、シマキンバラの足は灰色なのにくらべて今回の鳥はピンク色です。
アルビノにしては目は黒く、真っ白な羽根の一部には小さな黒い部分がありますのでアルビノではなさそうです。

そういうことを考えると、やはり別の種である可能性が高いような気がします。
単純に、「野生の文鳥」なんていう解答もあるのでしょうか?

またしても、先輩方のご協力が必要になりました。
たびたび申しわけございませんが、よろしくお願いいたします。



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?






私は誰でしょう?新顔の野鳥ですが名前が分かりません。

一昨日の日曜日、「ポン・ドゥアット温泉」の周辺で撮影した野鳥の続きをご紹介します。
体長15~6センチくらいの小型の野鳥ですが、全身が真っ黒です。
手持ちのタイの野鳥図鑑二冊を探しましたが、どうもこの野鳥は載っていないみたいです。
どなたか、心当たりがございましたらよろしくお願いいたします。

全身真っ黒の野鳥です



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


郊外型省エネ・ガソリンスタンド

手動式計量器のガソリンスタンド

一昨日の日曜日、まだ見ぬ野鳥の姿を求めてチェンマイの北にあるメーリムからメーホンソンに通じる国道1905号を「ポン・ドゥアット温泉」まで行ってきたのですが、その道中、国道1905号で珍しいガソリンスタンドを見かけました。

小さな小屋の中に手動式計量器を置いて、ガソリンなどを売っています。
昔は日本でも見かけたことがありますが、あらかじめ必要な量のガソリンを、
手回しハンドルを回して、ドラム缶や貯油タンクから上部の計量シリンダー(ガラスの部分。ガソリンが見えていますね)に揚げ、その後給油ホースを車の給油口の差し込んでバルブを開くと、計量シリンダーの中のガソリンが給油される仕掛けです。

設備投資額は少ないので、郊外の小規模な給油所(というよりはガソリン屋さん!)では、こういう設備が適しているのでしょう、というよりは近代的な自動計量設備なんかを備えたのでは、到底元が取れないでしょうね。

まったく電気は使いませんので、まさに省エネ型給油所と言えると思いますが、
チェンマイでは、ちょっと郊外に出るとまだまだこのタイプのガソリン屋さんをよく見かけます。



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

ポン・ドゥアット温泉で新種野鳥をゲットしました


国道1905号線からポン・ドゥアット温泉への分かれ道

最近新種の追加の少ないチェンマイ野鳥ハンティングですが、昨日の日曜日、新種野鳥のゲットを目指して国道1905線を「ポン・ドゥアット温泉」まで行ってきました。
「ポン・ドゥアット温泉 6.5KM」という標識のところで国道を右に折れて、かなりの勾配をどんどん下って行きまもなく温泉に到着しました。
タイの温泉というと、ただ熱いお湯が湧き出ているだけで、ほかには何もなし・・・なんていうのが結構あるのですが、今回は期待に反して(笑)、案内所やレストランの入った管理棟、入浴施設、バンガローと呼ぶには豪華すぎる一戸建ての宿泊棟群、などなどが広く谷間に散在しています。まったくの自然の地形の中にリゾート施設をが作られており、時間の余裕のある方はゆっくりと滞在されると心の洗濯ができそうです。

さて、主目的の野鳥ですが、温泉施設の中では2-3種の野鳥を見掛けたのですが、撮影はうまく出来ませんでした。
でも、帰り道の道中で色々な野鳥を見かけることができ、そのうち数種は撮影に成功しました。やはり、同じチェンマイ近郊でも環境が違うと見かける野鳥も違いますね。今日は、その中の一種をご紹介します。

図鑑を調べたところクビワムクドリ(Black-collared Starling)のようです。
最初は、稲刈りの後、草原になっているところにムクドリの一種のCommon Myna(カバイロハッカ)の群れが戯れているように見えたのですが、カメラをいっぱいにズームして覗いてみたら中にちょっと毛色の違うのが混ざっているように見えたので撮影してみたら、今まで見かけたことの無いクビワムクドリでした。
Common Mynaと同じように目の周りと後ろに黄色い部分があるところも、やはり仲間ですね。

クビワムクドリ




BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?



洪水に備えて積まれた土嚢です。

昨年、何度も洪水に見舞われたチェンマイですが、今年は同じことを繰り返してはならないという行政当局の決意の現れでしょうか、チェンマイ市内を流れるピン川の川岸で、昨年水が溢れ出して洪水のもとになった箇所は、土嚢などを積んで徹底的に補強してあります。その効果があったのでしょうか、先月末から今月始めにかけての増水では、一時危険水位をかなり超えていたようですが、水はけの悪い地域で一部床下浸水はあったものの、幸い洪水と呼ぶほどの被害には至らなかったようです。

昨日、ちょっと買い物に町に出たついでにその状況を撮影してきましたが、相当な区間にわたって見事に整然と土嚢が積まれているところが何箇所もあり、近所の人たちが取りあえず応急的に積んだものではないことが明らかに分かります。
地域によっては軍隊が出動して短い期間で完成させたとか聞きましたが、それもうなずけます。

この補強工事が効果を発揮してくれて、今年は本格的な洪水にならないことを切に願っています。

洪水に備えた川岸の土嚢(2)
メンライ橋の右岸にて・・・・画面左端に見えるのはメンライ橋、川の向こう岸にシェラトンホテルが見えます。


洪水に備えた川岸の土嚢(1)
ナワラット橋の下手左岸から下流を望む



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?






珍しい蝶です

数日前、野鳥の現れるのを待って、隣の荒地を見張っていたら、
胴がカミキリムシのように黒地に白い斑点という見たことの無い蝶が現れました。
そのうち草に止まってくれまして、幸運にも羽を拡げた状態と閉じた状態の両方を撮影させてくれました。

大きさは羽を広げた状態で3センチくらいでしょうか、モンシロチョウなどよりもひと回り小型です。

このあたりには色々な蝶が現れるのですが、その殆どがひらひらと舞うばかりで、
止まってくれないために写真の撮影は大変困難です。
なんとか、ひらひらと空中を舞う蝶の写真を撮る良い工夫は無いものかと悩んでいるところです。

黒地に白い斑点の蝶(羽を開いたところ)

黒地に白い斑点の蝶(羽を閉じたところ)



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?



六種類目のトカゲが現れました

今日の午後のことですが、庭で池の魚の世話をしていたら背後の草むらからゴソゴソという音がしたので振り返って見たら、今まで見たことの無いような大きな、(そうですねぇ、殆ど30センチ近い大きさだったと思います)トカゲでした。
早速、家の中からカメラを取ってきたのですが、幸いまだ逃げないで同じ場所にいてくれたので、写真を撮りながらだんだんと近づいて行ったら、そのうち逃げてしまいましたが、数枚はクリアーなショットが取れました。

ちょっと大型のトカゲです

爬虫類の図鑑はまだ持っていないので何というトカゲかは分かりませんが、これで少なくともこの近辺には六種類のトカゲが居ることが分かりました。
グレーのヤツ赤い顔のヤツ青い顔のヤツ茶色のヤツ、今回の少し大型のヤツ、そして日本でもよく見かける茶色のヌメヌメとした肌のヤツの六種類です。(グレーのヤツと茶色のヤツはひょっとすると同じ種かもしれませんが・・・)



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

海外の宝くじが当りました・・・・・というメールが届きました

ロンドンの The United Nations Lottery Headquatres (国連宝くじ本部とでも言うのでしょうか)というところから、25万ポンド(日本円で五千五百万円ほど)の宝くじに当たった、というメールが届きました。
WEBサイトからランダムに抽出したメールアドレスから抽選をして、毎週10人に25万ポンド(合計250万ポンド)が当たるのだそうです。

当選金を受け取るには、払い戻し請求書(メール中にフォームがあります)に、このメールに書いてあるRef No.と Batch No.その他必要な事項を記入して、手続き代理人(同じく、メールの中に名前とメールアドレスが書いてあります)に送るように書いてあります。

これが本当ならば、私のような貧乏隠居には大変ありがたい話なのですが、
私がその手続き代理人とやらに連絡すると、おそらく(99.9999% いえ100%でしょう!)、色々とメールやり取りをした後で、最後に数万円か数十万円をどこかの口座に送金せよ、ということになり、送金するとそれでTHE END すべて終了ということになるのでしょう。
こちらに疑いを抱かせずに送金をさせるために、どのような理由付けをしてくるか、ちょっと試してみたい気もしますが、まあ止めておきましょう。

昨日は、ネット上のフィッシングについて書きましたので、
ついでに、似たようなネット上の怪しいメールについて書きました。
このメールの全文を読んでみたいという好奇心豊かなお方は、お知らせください。






BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


フィッシングに遭遇しました

長いこと更新をサボってしまいまして申し訳ございません。
特に忙しかったという訳ではないのですが、
新鮮なネタが無いもので、取材活動に努めておりましたが、
なかなか成果が上がらず、ついつい更新が滞ってしまいました。

さて、最近何度かFifty Third Bank というところからメールが届いています。
「顧客サービスの向上のためにソフトウェアを更新しています。
次のリンクをクリックして、顧客データを確認してください・・・・・」
というようなことが書いてあります。
そんな銀行は知りませんし、もちろん私はそこの顧客ではありませんので、
無視して放っていましたが、あまり何度も来るもので、ちょっとメールにあるリンクをクリックしてみました。

何と、わがブラウザ「Mozolla Firefox」(WINDOWSにはインターネットを見るためのソフト(ブラウザ)としてInternet Exolorerが標準でバインドされていますが私は使っていません)が警報を発しています。
いわく、「このページはユーザーから個人情報や財務情報を不正に引き出すために作成された可能性があります。このページから何らかの個人情報を入力すると、個人情報が盗用されたり不正使用される恐れがあります」とのこと。
一応警告を無視してそのページを開いてみると、
なるほど、顧客のフルネーム、ID、パスワード、生まれた町の名前、ペットの名前、母親の旧姓、などを確認してくださいと書いてあります。
確認してくださいと書いてはありますが、実際は空欄に記入するようになっていますので、怪しいと思わないで記入するとそれらのデータが盗まれるということになるのでしょう。怖いですね。
フィッシングについては今まで話には聞いたことがありますが、自分のところに本物が来たのは初めてです。

ついでに、Fifty Third Bank って何処にあるんだろうか?とGoogleで検索してみましたら、銀行のサイトよりも先に、フィッシングについて書いてあるサイトが先に見つかりました。
つまり、このFifth Third Bank 名のフィッシングメールは相当広く出回っているということでしょうね。
ちなみに、、この銀行はアメリカのオハイオ、ケンタッキー、インディアナ、イリノイ、フロリダ、ミシガン、ウェストバージニアの各州を営業エリアとする銀行のようですので、一般の日本の方にはあまり縁が無いので被害に遭われることもまず無かろうと思いますが、今後、似たような詐欺メールがなじみの金融機関などの名前で届くことがあるかもしれませんので、覚えておいていただくと被害を未然に防ぐことが出来るかもしれません。

下記のリンクはこのフィッシングメールについて解説したサイトです。
これはフィッシングでは有りませんので安心してクリックしてみてください。

http://www.avira.com/jp/threats/section/fulldetails/id_vir/2218/fifth_third_bank_1.html

なお、蛇足ですが、このメールはHTMLメールですが、テキスト表示に切り替えると、ながながと意味の無い単語の羅列になりました。つまり、HTMLの文字部分はテキストではなくて文面全体が一枚の画像だったのです。
テキストに変換したときに現れた意味の無い単語の列(JPG画像をメールデータに変換したときの文字列では有りません)が何を意味するのかは私には分かりません。
解析してみたいというモノ好きなお方には、このメールを転送して差し上げますのでお知らせください。




BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

今回は洪水には至らなかったようです

一昨日お伝えしたピン川(チェンマイの中心部を流れている)の水位のことですが、
やはりその後もあがり続け、夜半過ぎには危険水位(3.7M)を突破して、昨日の朝には
4.3Mに達しました。
しかし、昨年の洪水騒ぎの後、ピン川の川岸の低いところは嵩上げされ、工事の追いつかないところも土嚢などで応急対策が行われており、その効果でしょうか、今回は昨年のようなひどい浸水にはいたらなかったようですが、川岸に近い一部の地域では床下浸水はかなりあったようです。

幸い、昨日はひどい降雨が無かったためにそれ以上の水位上昇に至らず、洪水騒ぎは収まったようですが、今後また降雨が続くと大掛かりな昨年のような洪水が起きる恐れはかなり高いように思います。

参考までに、
一昨日朝まで降った雨量は日本の大雨の基準から考えると決して豪雨というほどのものではありません。
前夜から朝までかなり降ったといっても、雨量にするとせいぜい50mm位のものでしょう。それくらいの降雨量で川が溢れるというのは何か変な感じがします。

森林の伐採が進んで、山岳部の保水力がなくなっているという指摘があります。
それはそのとおりなのでしょうけれど、私は、河川の構造自体が洪水に強くないことも大きな原因のように思います。

ご承知のように、日本の河川は日ごろ水の流れている部分のはるか外側に土手が築いてありますので、豪雨などで水位が上がったときには、日ごろの何倍もの幅で水が流れますので、許容流水量が大変大きいのですが、
タイの河川の殆どは土手が無く、水位が上がるとすぐに溢れてしまうのです。

川岸に面したレストランなどが、水辺にテーブルをならべているのはとてもよいムードなのですが、ちょっと大雨が降るとそのあたりは水没、もっと水位が上がると店の中を通って川の水が町に溢れ出す、という箇所も稀ではありません。
(最近は、そういうお店では洪水に備えて土嚢を用意しているようですが)
幅の広い本格的な治水堤防の建設が早急に必要なように思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR