2006-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンマイ初の猛禽類か!?

隣家の荒地の比較的近い茂みからニワトリくらいの大型の鳥が飛び立ってびっくりさせられることがたまにあります。
赤っぽい茶色でニワトリによくある色だし、ニワトリが野生化するとけっこう長い距離を飛ぶようになる、と聞いたことがありますので野生化したニワトリの可能性は否定できないのですが、鳴き声を出す事はないし、飛び立ってから相当な(100M以上)距離を一息で飛びますので、どうもニワトリではないような感じを持っていました。

つい先日も、野鳥の観察を始めたとたんに足元に近いところからコイツが飛びたったのですが、今回は運良く100Mも離れていない木の枝に止まってくれて、しかも、ありがたいことに太陽の光がヤツに横から直接当たっていたので何とかカメラに納めることが出来ました。

しかし、100M近い距離ですから、残念ながら私の撮影機材では充分な解像度の写真を撮る事は出来ませんでしたが、それでも謎はいくらか解決に近づいた感じです。尾羽のこの長さはニワトリとはちょっと考えにくいし、トサカもないようですし、カギになった嘴は猛禽類を思わせます。

注文した鳥類図鑑が早く届いて欲しいのですが、それまでは先輩方のお力にすがるしかありません。毎度毎度申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

謎の猛禽類(?)

嘴のアップ(別のショットです)




BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!






スポンサーサイト

チェンマイの桜並木が満開です

今日、ちょっと用事があってチェンマイ市内に出かけたのですが、チェンマイ門あたりのお濠沿いを通っていた時、満開の桜並木に出遭いました。
チェンマイ市内に桜が咲くという話は聞いたことが無いなあ、と思いながらそばに寄ってよく見たら、花の色も大きさも桜によく似た別の花でしたが、枝ぶりも桜によくた感じで、緑色の葉が混ざっているところなどは満開を過ぎた葉桜にそっくりな感じで、ちょっと離れてみるとまるで区別がつきません。

あいにくその時はカメラを持っていなかったのですが、これはBLOGで皆様にご紹介しよう、と用事を済ませた後いったん帰宅してから、もう一度カメラを持って出かけました。

せっかくチェンマイの紹介をするのですから、桜もどきの花木の写真だけではちょっと能が無いなあ、と考えてチェンマイ名物のソンテウ(ミニバス)とトゥクトゥクが来るのを待って画面に入れて撮りました。


満開の桜並木(チェンマイ)

チェンマイの桜(?)



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

ネズミではなかったようです

先日、バナナの葉の陰から姿を現したネズミともリスとも分からない小動物(どうもリスではないみたいです)ですが、昨日また姿を現しました。

今度は別のバナナの木(本当は木ではなくて草らしいのですが)の花を齧っていたのですが、今回はシャッターを数回切る事が出来まして、裸でない尻尾を持っていることが分ったので、少なくともネズミではない事が判明いたしました。

でも、2月14日にご紹介したリス(ついにリスを捕まえました)と比べると今回のヤツには縦じまが無いので、はたしてリスの一種なのかどうか、についてはまだ何も言えません。
リスやネズミの仲間についてすこし調べてみたいと思います。
何か分かりましたら、またご報告いたします。

リスの仲間かな?

リスの仲間かな(2)





BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!


(続)花の蜜を吸う小鳥・・・チェンマイより

先日ご紹介した、花の蜜を吸う小鳥ですが、よりアップの写真が撮れましたのでご紹介します。
今回は、運良く倒立した姿勢で花の蜜を吸う場面が撮れました。
二枚目も同じ個体です。
全長は10センチくらいで、SUNBIRDの仲間だろうと教えていただいています。

今回の種は前回と同じだと思うのですが、実は同じような鳥で胸の黒いのがいるみたいですが、それも同じ種なのかどうか????
近日中にそちらの方の写真もご紹介します。


花の蜜を吸う小鳥

花の蜜を吸う小鳥(2)



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!




チェンマイのハチです

今日は野草の花の蜜を吸いに来ていたハチをご紹介します。
例によって、蜂の種類などは全然分かっておりませんが、昆虫の興味をお持ちの方々に楽しんでいただければ・・・と思います。
ハチなどの昆虫をこういう風にアップで眺める事はまず無いので、黄色の触角で蜜を探っているように見えるところ、胴がとても細い事などがはっきり見えて興味深いです。

ホバリング中のハチです

花に止まったハチです






BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!


サギの一種でしょうか?

先日、ボランティアでチェンマイ郊外の学校に日本語を教えに行った帰り道ですが、カメラを持って少し田舎道に入ってみました。
鄙びた地元のお寺、広大な野菜畑、用水路に泳ぐ小魚、その辺りを飛び回る野鳥やトンボや蝶・・・などなど幹線道路からでは見えない色々な風景を見ることが出来ました。

今日の写真は、その日に撮ったたくさんの写真からサギのような野鳥をご紹介します。体高は50センチ以上ありそうな大型の鳥で、飛んでいるときには真っ白に見えましたのでゴイサギのような鳥かなと思ったのですが、地上に舞い降りたところを写真に撮って見たらかなり茶色っぽいです。

オンライン野鳥図鑑で調べてみたのですが、これと言う種が見つかりません。
先輩方、いつもいつも申し訳ございませんが、どなたかよろしくお願いいたします。


サギでしょうか?



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!



どうもリスではないみたいです

カメラを持って隣家の荒地を眺めていたら、リスのような動物がバナナの葉のかげから姿を現したのでさっそく写真を撮りましたが、拡大してみるとどうもリスではないみたいです。

大きさは何時も見ている全長25-30センチのリスと同じくらいなのですが、どうもリスとは雰囲気が違う感じです。尻尾が写っていればリスであるかどうかはすぐに分かるのですが、すぐに隠れてしまったのでこの一枚しかシャッターが切れなかったのです。

大きなネズミかもしれませんが、ネズミをじっくりと眺めた経験が無いもので、ネズミであるかどうかの判断も出来ません。
いずれまた姿を現すことがあると思いますので、その時は全身の写真を撮ってはっきりさせたいと思います。




リス?ネズミ?それとも???







BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!


チェンマイの赤とんぼ

昨日、ご報告したHUAY TUENG TAO で見かけた赤とんぼです。
体の色がちょっと見た事のない色だったので写真を撮りました。
サイズは普通の赤とんぼと変らない感じです。

昨日、鳥類図鑑を買おうと考えて、チェンマイでは比較的大きな書店に行ったのですが、目当ての本は在庫がないということだったので、入ったら教えて欲しいと依頼して来ました。昆虫類についても、やはり手元に何も資料がないので、何か図鑑のような資料を買ったほうが良いかなと考えています。

花や木、昆虫類、魚類、鳥類・・・・いろんな分野で日本では見たことのない種を見かけることが多いので、そういう時は出来るだけ写真に撮るようにしているのですが、資料が無くて種を特定できないのが残念です。

チェンマイの赤とんぼ





BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!






素敵な日帰りリゾート HUAY TUENG TAO

昨日のことですが、タイ人の知り合いに教えて貰った日帰りリゾート地(と呼んでよいのかどうか分からないのですが)HUAY TUENG TAO に行ってみました。
フアイ・トゥン(グ)・タオと読みますが、先日モーターショーのあった700年記念運動公園からもう少し北に進んだ山すそにあります。

周囲3-4キロは充分ありそうな大きな池の周りにたくさんのバンガローが並んでいて、充分な駐車場、所々に食事を作って提供する施設、花壇などがあちらこちらに点在していました。

バンガローで食事をしたり(弁当や飲み物の持ち込みもOKのようです)昼寝をしたり、皆さん思い思いにのんびりとしていました。

私たちも、バンガローを一つ占拠して、料理と飲み物を注文して、ひとわたり飲んで食べた後は昼寝を楽しみました。
結構暑い日でしたが湖面を渡ってくる風が気持ちよく、まさに「天国で昼寝」の気分でした。

ちょっと町からは距離がありますが、時間的に余裕のおありの方は是非一度訪れてみてください。


HUAY TUENG TAO


HUAY TUENG TAO (2)
この池はダム湖なのでしょうね。沈んだ大きな樹木が残っています。対岸にもバンガローがたくさん見えます。



HUAY TUENG TAO (3)
園内のあちこちに料理や飲み物を提供してくれるお店がたくさんあります。
魚のアルミフォイル蒸しを頼みましたが安くて美味しかったです。





BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

チェンマイはだいぶ暑くなってきました

二月も中旬を過ぎて、そろそろ気持ちの良い季節は終わりつつあるようです。
それでも朝はまだ涼しくて、15-6度まで下がっている感じですし、午前中はそれほど気温は上がりませんので、今のところは暑いと言っても午後の3-4時間だけです。

今日は、昼頃から30度を越えたようで、3時ごろには33-4度位まで上がり、外に出ると暑い!と感じるようになりました。
でも家の中では30度そこそこで、しかも湿度が高くないので、別に暑いとは感じません。扇風機も要らないくらいです。

でも、もう一ヶ月くらいすると本格的な暑季になり、最高気温が35-37度になるのは普通で、40度くらいになる日も珍しくない、という耐え難い季節がやってきます。

昨年は、毎日のように体温計を使って最高気温を測っておりましたが、当地、チェンマイ郊外のSARAPHIでは最高が39度少しで、40度には届きませんでしたが、チェンマイの町などでは熱源が多いので40度を超える日もあったと思います。

できれば、この頃はちょうど桜の咲く日本に花見帰国と行きたいところですが、貧乏隠居の私にはそんな贅沢は許されませんので、特別暑い日には「ハダカで扇風機の前に寝そべって、ひたすら日の暮れるのを待つ」というライフスタイルしかありません。

でも、日が暮れたら急速に気温が下がってきますので、庭に打ち水をして、換気扇を全開で回し、その反対側の窓に扇風機を室内に向けてまわして、熱い空気を外の涼しい空気と入れ替えます。

それで、就寝するときには結構室温は下がっているので、何とか安眠が確保され、酷暑の中をエアコンなしで生き抜くことが出来ます。





BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

今日は蝶々です

今日も野鳥を待ち伏せしていたのですが、きれいな蝶がやってみたので捕まえ(カメラで)ました。
大きさも形もモンシロチョウに似ていますが、紋はなく黄色と茶色がとても美しいです。
他にもきれいな蝶々を見かけることは時々あるのですが、ひらひらと飛び回ってなかなかじっとしていてくれないので、クリアーな写真を撮るのは難しいです。

近日中に町に出て野鳥図鑑を探すつもりですが、蝶類図鑑も必要になりそうです。

きれいな蝶々です





BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

花の蜜を吸う野鳥

今日も午前中、野鳥を待ち伏せて隣地の荒地を見張っていたら、
全長10センチも無いような小さな野鳥が飛んできて、隣地の木の枝の高いところに止まった。手前に邪魔な木があったが、幸運な事に辛うじて見通せる枝に止まってくれたので、すぐにカメラを構えて数枚撮影しました。

この鳥と同じと思われる鳥には、今までも何度か出会っているのですが、体が小さい上に動きがせっかちで、木の枝の中のほうに止まってくれたのでは写真が撮れないし、たまに見通しのきく枝に止まってくれても、カメラを構えている隙に飛び去ってしまうのですが、今日は運良く数枚のシャッターを切るまで同じ枝にいてくれました。

撮影した画像をさっそくパソコンに取り込んで拡大してみたところ、
くちばしが随分長くて、それに胸に大きな黄色いスポットがあるようです。

昨年の今頃、庭に咲いていたハイビスカスの花に小さな鳥がきてホバリングしながら蜜を吸っていたことがあって、その時もデジカメで写真を撮ったのですが、鮮明には撮れませんでした。
今日の鳥もその時の鳥と同じかもしれません。

蜜を吸う鳥

蜜を吸う鳥(2)



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったら是非クリックを!




写真のファイルサイズについて

今まで、楽天のBLOGに載せる写真のサイズについては50KB以下でないといけない、と理解していましたので、時には画質が悪くなるのを承知の上でファイルサイズを小さくしていました。

最近、楽天広場で他の方のBLOGで大変高品質な画像を拝見したので、50KB以下でこんなにきれいに出来るのだなあ。どうやって画像の加工をされたのだろうか?と思いながら画像のプロパティを見たら、なんと100KB近いファイルサイズだった。

あれれ、規定が変ったのかな? と楽天広場の画像に関するHELPを調べたら写真のファイルサイズの上限は100KBになっていた。
私の気がつかないうちに変っていたらしい。

そういう事ですので、今後、これぞ!という写真を掲載する時が来ましたら、100KBの上限をフルに使ったきれいな写真をお届けしようと思います。

とは言いながら、肝心の腕が悪いのでいつのことになるかは全然分かりませんので、気長にお待ちくださいませ。

公園で見かけた小鳥

先日、近所の公園で見かけた野鳥をご紹介します。
サイズはスズメよりも一回り大きいです。
私がカメラを持って近寄って行っても、私の近寄った分と同じくらい離れるだけで飛び去る事は無く、まるで私と遊びたがっているように見えました。

公園で見かけたかわいい野鳥

芝の上を行ったり来たりしていましたが、だんだん尾を持ち上げて、まるで孔雀の真似をしているみたいでした。
尾を広げる孔雀はオスと聞いていますので、この固体もオスなのでしょうね。


公園の野鳥(2)

野鳥の名前については、いつも皆様に教えていただくばかりで申し訳ないので、オンライン野鳥図鑑を当たってみたのですが、結局見つかりませんでした。
まいど、まいど申し訳ございませんが、どなたかよろしくお願いいたします。

私の探し方が悪くて見落としている可能性も無きにしも非ずです。
名前が分かって探すのは訳ないのですが、逆に、姿かたちから名前を探すのは、なかなか大変ですね。




BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったら是非クリックを!

ついにリスを捕まえました!

昨年三月、今のチェンマイ郊外サラピーの家に引っ越して間もない頃、
隣の土地(荒地)の木の枝の中にリスらしいものを見かけました。
あわててデジカメを取り出して写真を撮ったのですが、シルエット程度しか捕まえる事が出来ませんでした。

 りす?

そのリスらしい動物は、その後も何度も見かけることがあり、その都度あわててカメラを持って追いかけるのですが、とてもすばしっこくて、何度かはカメラには収まったのですが、尻尾だけが写っていたり、頭が木の葉に隠れたりして、カメラブレを起こしていたり・・・・で、い今日まで上手に撮れた事がなかったのです。

ところがです! 今日の午前中、庭でカメラを持って被写体になりそうな野鳥の現れるのを待ち構えておりましたら、隣の敷地の椰子の葉の茂みの中にリスがいるのに気がついたのです。反射的にデジカメのズームを最大にセットしてシャッターを切りました。
手応えあり! 再生してみたら見事に画面のど真ん中にリスが捕まっていました! ついにやりました!乾杯!!!!

今のデジカメはオートフォーカスの自動露出ですから、何にも考えることなく目標を狙ってシャッターボタンを押すだけで写ります。まさにカメラのお陰です。

おまけですが、このリスは全長が25センチほどしかなく、よく見かける全長30センチ以上あると思われる成体ではないようです。

念願のリスを捕まえました




BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!



アヒル? カモ?

チェンマイモーターショウの会場になっていた700年記念運動公園の中の池に二羽の水鳥が泳いでいました。
アヒルなのか、カモなのか、どちらでもないのか、私には分かりませんが、
二羽でのんびりと水の中の藻を食べているように見えました。
そうーっと近寄ってアップで撮らせてもらいましたが、5-6メートルまで近寄っても驚いて逃げることはなかったので、人に飼われているのかもしれません。

水鳥

水鳥のアップ




BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!


チェンマイ・モーターショウ

チェンマイ・モーターショウに行ってきました。
今月9日から19日まで、700年記念スポーツ公園で開催中です。
第一回北部モーターエクスポと言うタイトルのもと、それほど大規模ではありませんでしたが、エアコンがちゃんと効いた大きな仮設の展示ハウスのなかで、各カーメーカーの新型車や売れ筋車のブースをはじめ、タイヤやオーディオなど周辺機器メーカーなどの展示、フェラーリなどのスーパーカー、クラシックカーなどの展示でにぎわっていました。

一番にぎわっていたのはやはりトヨタのブースで、スバルのブースもありましたが殆ど立ち寄る人が無く、タイ北部ではまだスバルは知名度が低いのだな、と感じました。

ちなみに、タイでの車のシェアはトヨタ、ホンダ、イスズが御三家だそうで、とくにタイで人気の高いピックアップにおいてはイスズがトップだそうです。

タイの常として、外には食べ物、飲み物屋台がずらっと並び、面白かったのはマクドナルドまでがテントで出店していました。

新車の展示です
新車の展示

1906年製のROVERだそうです
クラシックカーの展示

SUBARUのお嬢さん(ヒマそうでした)
スバルのお嬢さん




BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!


小型の白い蝶です

今日は、ふたたび蝶々です。
この辺りの野原でよく見かける小型の白い蝶です。
モンシロチョウみたいですが、紋がないのでモンシロチョウとは言えないでしょうね。

モンナシシロチョウ(?)

ときどき家の中の蝶などの昆虫が紛れ込んでくるのですが、放っておくと家の中に多数潜んでいるヤモリの餌食になってしまうのは確実なので、できるだけ捕まえて外に出してやることにしております。

昆虫の羽音はヤモリにとってはすごく食欲を刺激するものらしく、カーテンと窓の間で昆虫(蝶、蛾、ハチなど)がバタバタしていると、どこからとも無くヤモリが現れてそうーっと近づいて行きます。
ゴキブリも時々捕まえて食べています。(これは助けてやりません)

オマケにヤモリ君のアップをちょっと!(そんなもん見たくないよ!ですって?)











ヤモリくんのアップ
この写真は、天井に張り付いていたやつを写したんで、本当は上下さかさまなんです。






BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

スルメイカ屋台

タイではスルメイカ屋台もよく見かけます。
昨日の写真の三枚目はそのスルメイカ屋台です。
買いに行くとスルメイカを炭火で軽く炙って何種類かのタレをつけて売ってくれます。店のおねえさんの側に炭火が見えますね。

スルメを焼く匂いはタイ人にとってすごい誘惑らしく、この匂いが流れてくるとじっとしておれなくなってついつい買いに行ってしまうタイ人は少なくないようです。

ちなみに、タイ人はスルメだけではなくて普通のイカも大好きで、有名なタイスキの具としてもイカは大変人気です。

ただし、イカの刺身を食べるタイ人は殆どいません。
刺身で食べられるようなイカがなかなか手に入らないから、と言うだけでなく、生のイカと聞いただけで引いてしまう人が殆どです。
新鮮なイカの刺身の美味しさを教えてあげたいのですが、なかなか難しいようです。



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

ジャックフルーツ(カヌン)屋台

昨日ご紹介した三輪バイク屋台の最初の写真は、ジャックフルーツ(タイではカヌンと呼ばれています)を売る屋台です。

この屋台では、中身を取り出した後のピーマンの色を濃い黄色に変えたような感じのジャックフルーツの実を量り売りしていますが、これはジャックフルーツの実の全体ではなく、ドッジボールほどもあるジャックフルーツの実から中身だけを取り出したもので、普通タイではそういう形で売っています。
一個まるごと買ったのでは、殆どの家でもてあましてしまうことでしょうからこのやり方はうなずけます。

取り出したジャックフルーツの中の実は、ねっとりと甘みが強く、すこし特有の匂いがありますがドリアンほど強烈ではなく、私の好きな果物の一つです。

ジャックフルーツは日本で見かけたことはありませんが、タイではよく見かけます。今はちょっと季節外れだと思うのですが、このジャックフルーツの実は面白いことに木の幹に直接付いて実ります。
私の近所の家の庭にも植えてあって、木に成っているジャックフルーツの実を初めて見た時にはその奇妙さに驚きました。




BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

三輪(改造)オートバイ

タイでは、オートバイの横にリヤカーのようなサイドカーをつけたような三輪オートバイよく見かける。
多分、こういう三輪オートバイを専門に改造している業者がいるのだろうと思うが、なかなか良く出来ていて新たに取り付けた三番目の車輪にもちゃんとスプリングとショックアブソーバーがついているし、なかにはブレーキランプやウィンカーも増設した本格派もある。
それにしても、小型ピックアップトラックを買うよりははるかに安いので、
アイスクリーム、包丁研ぎ、などの移動販売や、飲み物、果物、食べ物などの可動屋台の商売を始める際に、資本があまりかからないという事で広く使われている。また、座席を取り付けて人や荷物の運搬をしているケースもよく見かけますが、なかにはそれを仕事として引き受けているケースもあるのではないかという気がします。

手軽な割には大変便利が良さそうなので、私も一台買って使いたい気がするのですが、いざ本当に使うとなったら、日本人としてはちょっと気恥ずかしい気がしてまだ踏み切れないでいます。
タイにお見えになったお客様に、これであちこちご案内しましょう、と言ったら、乗っていただけるでしょうか?

おしまいに、先日のチェンマイ フラワーフェスティバルで見かけた三輪オートバイ屋台の一部をご紹介します。


カヌン(ジャックフルーツ)の屋台・・・説明は次回に
カヌン(ジャックフルーツ)の屋台

飲み物と果物の屋台
飲み物と果物の屋台

スルメイカの屋台・・・説明は次回に
スルメイカの屋台



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

今日は蝶々です。

フラワーフェスティバルのネタはまだ終わっていないのですが、
今日はちょっと話題を変えて、蝶々をご紹介します。
アジサイの親戚のような花の回りをひらひらとしていたのですが、ちょっときれいな蝶々だったので写真を撮ってみました。
大きさは羽の端から端まで5センチくらいで、モンシロチョウよりは一回り大きいです。

何となく見覚えがあるので、過去ログを調べてみましたら、以前、家の中に紛れ込んできた蝶の写真を撮ってご紹介しましたが、それと同じ種類のようです。(ジャノメタテハモドキであろうと、チェンダオ鯰さんに教えていただきました)

以前のヤツは羽の一部が欠損していたのではいか、と思われます。

きれいなチョウチョです



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

サトウキビジュース(チェンマイ フラワーフェスティバル)

タイでは、いたるところに飲み物スタンド(屋台)がありますので、のどが渇いた時は周囲を見回すと必ずといっていいほど、何か飲み物にありつくことが出来ます。

中でもタイ人に人気なのがサトウキビジュースとヤシの実ジュースで、当然のごとくフラワーフェスティバルにも何店か出店していました。
このお店では兄弟のような(よく似た顔の)おじさん二人が愛想良く商売をしていて、お客の切れ目がないくらい繁盛していました。

写真の右のほうに見える機械はサトウキビを絞って汁を取り出す機械で、竹のようなサトウキビを左側から差し込むと、右の方からバサバサの絞りかすだけになって出てきます。絞り汁は手前のパイプを通って容器に中に落ちます。

それをひしゃくで汲み取って、氷の入った竹のコップの中に注いで出来上がりです。
特別においしいという訳ではないのですが、素朴な甘さが新鮮で、私のお気に入りの一つです。

機械の手前に掛かっている二枚の板ですが、上の方はナム・マパーオ(椰子水)、下のほうはナム・オーイ・ソット(ナマのサトウキビ水)と書いてあります。

椰子水(適当な日本語が見つからなくてすみません)は、文字通り椰子の実の中にある水のことで、ほんの少しクセのある、ほのかに甘い水です。
完全に無菌の状態にあるそうで、タイでは純潔、無垢の象徴とされています。

サトウキビジュースの屋台



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!


(続)フラワーフェスティバル in チェンマイ

お祭りとか、日曜夜店で必ずといっていいほど見かけるのが、昆虫(食用)の屋台です。
フラワーフェスティバルも例外ではなく、何箇所かで昆虫の屋台を見かけました。
定番は、イナゴ、竹虫(というのかどうか知りませんが、竹の中にいるのだそうです)、カイコムシ(サナギになる前のヤツ)、タガメ、などです。どれも砂糖と醤油のようなもので味をつけて炒ってあるような感じです。カイコムシは柔らかくてちゃんと味がありますが、あまり癖の強い味ではないので、姿を見ないで食べたら、殆どの人が美味しいと言うのではないでしょうか。
タガメは独特の臭みがあって、それが良いのだと好きな人は言いますが、日本人でタガメの好きな人は少ないようです。
イナゴが昔は日本でも食べていたものですから、あまり違和感は無く食べられますが、とくにおいしいとも思いません。

タイに来られたら、一度は話の種にでも召し上がってみてくださいね。
案外、大好物になるかもしれませんよ。

イナゴ
イナゴ炒め

カイコムシ
カイコムシ炒め

タケムシ
タケムシ炒め

西洋人らしいお嬢さんが珍しそうに写真を撮っていました
西洋人のお嬢さんが



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

チェンマイ フラワー フェスティバル

チェンマイではこの週末 3(金)、4(土)、5(日)とフラワーフェスティバルがありました。
昨日は、ターペー通りなどで式典やパレードがあったようですが、行きそこなったので、今日(5日)の午後から出かけました。
ターペー通りにはもう式典の残骸だけしか残っていなかったので、お濠の西南の角にあるブアクハット公園に行ってみました。
公園を取り囲む道路は歩行者専用になっており、各地のOTOP(一村一品運動)製品をはじめ、食べ物、飲み物、衣料品、おもちゃ、などなど、とりどりの出店で埋まっていて、すごい人出でした。

タイ人ばかりでなく西洋人の姿が結構多かったのは、やはり国際観光都市のチェンマイならではですね。

道路には、昨日のパレードに使われた、チェンマイ県の各地で競うように作られた、きれいな花で飾られた山車がたくさん並んでいて、その廻りでは多くの人々が記念撮影をしていましたが、そのほとんどが日本製のデジタルカメラを使っているように見えました。

私も、日本製のデジカメでたくさんの写真を撮ってきましたので、
これから数回に分けて、少しずつご紹介しますね。

歩行者天国です
歩行者天国です

チェンマイのすぐ北の町メーリムから参加の山車
子供を二人、山車の上に座らせて記念撮影をしています
右下にカメラを持ったお母さんの手と頭が見えます
チェンマイのすぐ北の町メーリムの山車

タイ国ホテル協会出品の山車のようです
ホテル協会出品の山車のようです

外国人の姿もあちこちで見られました
外国人の姿も少なく無かったです



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!


同じ種ではないかも?

先日ご紹介した、この辺り(チェンマイの郊外)でよく見かける怖い顔の野鳥ですが、他にも色々と撮った写真を眺めておりましたら、ひょっとして先日の二枚の写真は違う種類の鳥かもしれないという気がしてきました。
下の方(先日の)の写真は首がすらっとしているのに、上の方のヤツは首が短い(猪首)ですし、体全体も下のやつのほうがすらっとしている気がします。
色も上のやつは黒っぽいのに下のほうは茶色のようにみえます。
新たに、別の写真もご紹介しますのでご意見をお寄せくださいませ。

ずんぐりで黒っぽく見える方
怖い顔(1)

怖い顔(2)

すっきり首の茶色ボディの方
怖い顔(3)

怖い顔(4)



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

頭の赤い野鳥です

色々と写した野鳥の写真を拡大してみていたら、頭の赤いのがいます。
スズメくらいの大きさで、他に似たような大きさの野鳥が色々といるのですが、頭の赤いヤツはこの二点だけしか写っていません。
一枚は逆光ではっきりしませんが、多分この二枚は同じ種類の鳥だと思います。
オンライン野鳥図鑑を調べてみましたが、まだ見つけることが出来ていません。

最近、しばしば野鳥を観察していますが、だんだん鳥の姿と鳴き声が結びつくようになってきました。でも、鳴き声は聞こえても姿の確認できていない鳥もあります。いずれは正体を明らかにしていくつもりです。


頭の赤い野鳥です

頭の赤い野鳥(2)


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

あまり涼しくない最近のチェンマイ

このところ、すっきりとした晴天が続いていて、もう随分長い事雨は見ていません。
そのことは、典型的な今の季節のチェンマイの気候なので不思議には思わないのですが、最近、午後はかなり暑くなってきて30度を超えているようですし、朝方の最低気温も20度前後くらいまでしか下がっていない感じです。

まあ、気温は30度を越えても湿度が高くないので、不快指数は低いのですが、それにしても暑くなり始めるのが少し早すぎる感じがします。
この冬(冬と呼んでよいのかどうかは別として)、何度かは朝方の気温が10度前後まで下がった日があるのですが、ほんの数日だったような気がします。
チェンマイに長く住んでおられる方に聞いてみても、今年の冬は気温の下がった日が少ないような気がする、と言われます。

これから徐々に暑い季節に向かっていくのですが、まだ二月始めですから、まだ何度かは気温の下がる日があるはずなんですけど・・・・(希望的観測もありますが)。
このまま暑い季節に突入するのはちょっと困りますよね。
猛暑の四月五月の前に、せめて今月いっぱいくらいは今以上には暑くならないで快適な気候が続いて欲しいものです。



チェンマイの田植え

先日の日曜日ですが、BLOGのネタを探しながら郊外を走っていましたら、
田植えの風景に出会いました。
12月ごろにあちこちで稲刈りを見かけましたので、それから逆算すると今の時期に田植えというのは少し早すぎるようですが、年に二回稲作をしているとすれば納得できます。日本でも地域によっては二期作が可能だと聞いておりますので、南国のチェンマイなら当然可能という事でしょうね。
ちなみに、チェンマイではまだ田植えや稲刈りに機械を使っているのを見かけたことはありません。

チェンマイ郊外の田園地帯


田植え風景



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。