2006-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜明けの遅い今のチェンマイ

もう一月も終わりになって、冬至からはもう一ヶ月以上経ったのですが、北緯19度に位置するチェンマイの夜明けは今が一番遅いようで、最近の日の出は7時過ぎです。
でも、日没はかなり遅くなって6時頃になり、5時半ごろには日が沈んでいた冬至の頃に比べて随分日が長くなったなあ、と実感します。

緯度の高い日本にくらべれば、ここチェンマイでは季節による日の出、日没の時間の変化は小さいのですが、それでもバンコクに比べるとかなり変化が大きいです。

そのお陰でチェンマイでははっきりとした季節の変化を楽しむことが出来ます。
チェンマイは12月から1月ごろが一番良い(涼しい)季節なのですが、最近はだんだん日が長くなってくるにつれて、涼しさが減ってきて、逆に日中の暑さが少しずつきつくなってきているような感じがあります。

北緯13度付近に位置するバンコクでは夏と冬(冬と呼べるかどうかは別にして)の日の出、日没の時間の変化は本当に小さく、日が長くなったなあ、とか日が短くなったなあ、という会話を耳にしてことはありません。

行った事はないのですが、緯度の高い北欧やアラスカでは、この季節による日の出、日没の時間の変化が極端になり、一日中太陽が昇らなくなったり、逆に一日中太陽が沈まなくなったりするそうですが、地球の仕組みっておもしろいですね。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

スポンサーサイト

怖い顔の野鳥です

またまた、野鳥ネタです。
この辺り(チェンマイ郊外のサラピーという町)でよく見かける野鳥ですが、目の周りとくちばしが黄色く、まるで悪役レスラーがマスクを被っているような感じの怖い顔です。
大きさは、スズメとハトの中間くらいで、隣家の犬が庭で寝そべってる周りで何かをついばんでいるのをよく見かけます。

怖い顔の野鳥(1)

怖い顔の野鳥(2)



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイの市場

先日、我が地元の711をご紹介したときに、近いうちに市場もご紹介する、と書きましたので、今日は地元の市場をご紹介しましょう。
タイでは、タイ国中どこに行っても(といってもタイの国を全部見て回ったわけではありませんが)市場があり、特に地方に行くと市場の周りに役場や銀行、商店などが集まっていて、市場が町(や村、集落)の中心になっているように見えます。
私の住むSARAPHIにもいくつかの市場があり、なかでも町の中心にあるSARAPHI市場が一番大きく、銀行や役場、警察署、郵便局などはすべて役場からそう遠くないところにあります。

以前も、このBLOGでご紹介したことがありますが、
タイの市場
すべての市場に共通して言える事は、平屋建ての壁の無い大きな建物で、一店当たり一坪くらいの無数の商店の集合体です。

扱っているものは、野菜、果物、乾物、調味料、卵、米、魚、肉、果物、調理済みのおかず、菓子、花、などなど日常の生活に必要なものは殆どあります。

市場の隣にはまた長屋のような商店が並んでいて、そちらには雑貨、瀬戸物、履物、CD、などのお店が軒を連ねています。

市場と711の間の路地を入ると結構広い空き地があり、通常は駐車場として利用されていますが、そこにも焼きとり、焼きソーセージ、さつま揚げ、などの屋台がたくさん並んでいます。

私も卵や野菜、夕食のおかずなどを買いによくこの市場に行きますが、
おかずは一品10-15Bを2-3品買えば充分で、炊いたお米も1人前5Bですから、50B(150円)も買えば充分すぎるくらいあります。

市場にて

市場にて(2)

市場にて(3)



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

チェンマイの花市場

タイの皆さんは花が好きで、どこの家に行っても庭があれば庭に、庭の無いうちでも色々と工夫をして色々な花を植えて楽しんでいる人が多いです。
また道路との境にきれいな花の咲く生垣を作っているお家もたくさんあります。

今日はちょっとロータス(チェンマイの大手スーパーのひとつ)に行ったついでに、その隣にある植木・花木市場に寄って見ました。
広大な敷地に多くの植木屋さん、植木鉢屋さん、花鉢さん、観賞魚屋さんなどが集まっていて壮観です。

色々な店を見て回っていたら、ミツバチでしょうか?花に止まって蜜を吸っているように見えましたので、ちょっと写真を撮りました。

花の鉢をちょっと買って帰りました。
買って帰った鉢は、また後日改めてご紹介することにして、
今日は、花屋さんとミツバチをご紹介しておきます。

ミツバチ?

チェンマイの花木やさん


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

ウグイスのような野鳥です

野鳥に興味のない方には申し訳ないのですが、本日も野鳥ネタになりました。

この鳥は、まだこの一枚しか撮れていないんですが、表情がとても可愛いくて気に入っています。

隣地の立ち木に止まっていたのを何気なく写したのですが、写真を拡大してみて初めて、見たことのない鳥だと分かりました。

色も形も大きさもウグイスのような感じですが、この辺りでウグイスのような鳴き声はまだ聞いたことがありませんので、ウグイスではないんでしょうね。

ヒメコノハドリ(?)




BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

鈴なりの野鳥です

隣の家の木の枝に小鳥が鈴なりになっていました。
最初はスズメかと思ったのですが、どうもスズメではなさそうなので
写真を撮ってみました。
遠くから見ると色も大きさもスズメそっくりですが・・・・・。

スズメによく似た

スズメによくにた野鳥(2)



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

道端の花

花も当分ご紹介しておりませんね。
家のすぐ傍の道端で美しく咲いている花を見かけましたので、ご紹介します。
例によって、私は植物の方もあまり詳しくございませんので、
失礼とは存じますが写真のご紹介のみで失礼させていただきますね。

余談ですが、この楽天blogでは、画像のサイズは50KBまでということに決められておりますので、いつもPHOTOSHOPを使って画像のファイルサイズを小さく加工しておりましたが、どうも画質がシャープでなくなるのが気になっておりました。

圧縮の度合いが高くなるのだから、画質の低下は止むを得ない、とも考えましたが、他の皆さん方のWEB上の写真で、ファイルサイズは小さいのにシャープな画像を見かけることがあるので、私のほうに何か問題があるのかもしれない、とも考えておりました。
ふとしたことから、PHOTOSHOPの保存には二種類あることが分かって、画像を加工したあと、「WEB用に保存」という方を使って保存してみたら、以前から使っているただの「名前をつけて保存」よりもシャープな画像が保存できました。

同じようにJPEGで50KBくらいのサイズに圧縮して保存しているのに何故このように画質の違いが出るのか理解が出来ないのですが、とにかくこの方がはっきりと画質が良いので(シャープさがかなり違います)、最近の画像を数枚、「WEB用に保存」を使って保存したものと入れ替えました。
以前との違いが分かっていただけると嬉しいです。

道端の花です

道端の花です(2)




BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

チェンマイ郊外の蝶

しばらく鳥の記事が続来ましたので、今日は趣向を変えて、
蝶をご紹介いたします。
チェンマイは年から年中蝶の多いところで、けっこう色々な種類の蝶を見かけます。
残念ながら、私は蝶に関して特に知識があるというわけではございませんので、大変無責任で申し訳ござしませんが、写真をご紹介するだけで失礼いたします。
この蝶は、モンシロチョウより一回り大きいくらいのサイズで、とくに大型というわけではなく地味な蝶です。
そういえば、チェンマイで、アゲハチョウのような派手な蝶を見かけた記憶は今のところありません。
このあたりでは、どちらかというと、小型の、地味な蝶が多いような気がします。


チェンマイの蝶



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

鉄腕アトム鳥(続)

昨年の四月に我が家の周りにいる野鳥として「鉄腕アトム」のような頭をした鳥をご紹介しました。
 鉄腕アトム鳥
今回、以前よりも鮮明な写真が取れましたのでご紹介します。
特徴としては、独特な形の頭のほかに、頬の部分に赤いスポットがあるのですが、腹の一部も赤いことが判明しました。
大きさは普通のスズメよりは一回り大きく、大き目のツバメくらいです。

鉄腕アトム鳥(2)

鉄腕アトム鳥(4)

腹の赤い鉄腕アトム



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。できましたらクリックをよろしく!

水玉ネッカーチーフのハト

昨日ご紹介した鳩の特徴である水玉模様のネッカチーフをアップでご紹介します。
鳩の名前ですが、「野鳥大好き」様から、
Spotted Dove (Geopelia striata)であろうというコメントを頂きました。
http://plaza.rakuten.co.jp/miyanooka

クー、クー、ククク、と鳴くところはまさに鳩そのものです。
今後もチェンマイの身近な自然をご紹介して行きたいと思います。


白いネッカチーフ





BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

野鳩(?)のカップル

私事でちょっと揉め事を抱えてしまったのと、バンコクまでBLOG用新型秘密兵器を取りに行ってたりして、しばらく更新をサボってしまいまして、申し訳ございません。
今日はその新兵器による第一号画像をご紹介します。
隣家の庭(というよりも荒地)に自生している木によく来ているハトのような鳥です。
大きさ体型もまさにハトなんですが、首に巻いた水玉模様のネッカチーフが特徴的です。
こちらではなかなか動物図鑑などを見る機会がないので、正確な種類は分からないのですが、どなたかご存知の方がおられたら教えてくださいませ。

今後も、新兵器による画像を張り切ってご紹介してまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

野鳩のカップル


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイの田舎のセブンイレブン

タイではここ数年で、全国津々浦々にコンビニ、とくにセブンイレブンがすごい勢いで店舗を展開していて、バンコクやチェンマイの町なら、殆ど何処にいてもセブンイレブンの看板が見える、といっても言い過ぎではないくらいなので、タイにお見えになった方は、どなたも一度や二度は利用された事があるのではないでしょうか。

私の住むチェンマイ郊外のサラピーという田舎町でも例外ではなく、町の中心部、市場の隣に一軒だけですがセブンイレブンがあり、24時間営業でにぎわっています。
すぐ隣にある市場の中のお店と競合する部分もあり、セブンイレブンの方が少し高いようですが、品質の良いものを選んで扱っているので安心して買い物が出来るような感じがします。どちらかというと若いお客さんが多いようで、セブンイレブンで買い物をするのはカッコよい、という感じがあるのかもしれません。

日本のセブンイレブンとどういう関係なのかは存じませんが、どうもかなりのノウハウが日本から来ているように感じられます。
タイのスーパーなどで、いや、デパートでさえも「いらっしゃいませ」のような歓迎の言葉を聞く事は無いが、セブンイレブンでは、入店時には「サワディー・カァ」といってくれるし、レジが終わったら「有難うございました。またどうぞ来てください」を必ず聞くことが出来ます。
また、スーパーではレジにお客が行列になっていても、手隙の店員が来て別のレジを開けて「どうぞこちらへ」といってくれる事は絶対にといっていいほど無いのですが(それどころか並んでいて、自分の番が来たと思ったら、レジを閉められたことさえある)、セブンイレブンではレジでお客が待つ状態になると、すかさず別の店員が、やっている作業をやめてさえ、予備のレジを開けてくれて「どうぞこちらへ」といってくれる。
まさに、タイだってやれば出来るじゃない!という感じです。

売っている商品も日本とよく似ていて、生鮮食料品以外は何でもあり、という感じです。大きな陳列冷蔵庫に清涼飲料水がたくさん並んでいますし、日用品や、菓子パン、クッキーや、駄菓子類、ハムヤソーセージ、ちょっとした文具や簡単な薬まであります。また、エイズの拡大に悩むタイらしく、コンドームがレジカウンターの目立つところにたくさん並んでいます。

タバコや酒も売っていますが、最近タイではタバコの宣伝が禁止されまして、タバコを陳列する事も宣伝になるという解釈があって(異論もあるようですが)、セブンイレブンではタバコは見えないところに置いて売っています。
また酒の方も、アルコール中毒者を増やさないためでしょうけれど、販売時間が規制されていて、夕方五時以前は売ってくれません。

日本と一番違うのは「お弁当」と「雑誌」がないところですね。お弁当の方は、何処にでも屋台などの食堂があるタイではちょっと日本のような具合には行かないようです。このセブンイレブンの店先にも「ソムタム」と「雑誌」の屋台があります。また向かって右にはイカや魚を焼いて売っている屋台が、その隣には甘いもの、もう一つ隣にはガイヤーンという美味しいローストチキンの屋台があります。

私は、週に一・ニ度は市場に買い物に行きますが、サラピーではセブンイレブンでしか売っていないものがあるので、セブンイレブンの方にもよく寄ります。
サラピー市場のほうも近日中にご紹介したいと考えています。

タイ田舎のセブン



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。ちょっとクリックをしていただけるとうれしいな!

随分大きくなったゴールデンゼブラシクリッド

昨年の九月に我が家に来たゴールデンゼブラシクリッドですが、
もともとが肉食らしく、成長につれて水槽でグッピーと同居させるのは難しくなってきたので外の池に移ってもらっているのですが、4ヶ月たって随分大きくなりました。

ところで、我が家の水源は井戸で、どうも井戸水には空気が余り溶解していないらしく、我が家では水替えをすると必ずと言ってよいほど酸欠に弱い魚が数匹、酸欠でダウンします。

実は今日、外の池の水を入れ替えたのですが、やはり新しい水を注水して満水に近づいた頃、ゴールデンゼブラシクリッド三匹とアルビノ・レインボーシャーク二匹(二代目・・・一代目の二匹は、一匹は誰かに襲われて肉片となって発見され、もう一匹は順調に大きくなっていたのに水替え中にバケツから飛び出して自殺)とが息も絶え絶えになっていたので、とりあえず家の中の水槽に移しました。

久しぶりに水槽の中で間近に眺めると、昨年九月に仲間入りしたゴールデンゼブラシクリット一匹は約7センチになっていて、最近追加した二匹・・・・古株も最初に我が家に来たときはこの大きさでしたが・・・が4センチほどなのに比べると、一回りも二回りも大きくなっていて、すっかり貫禄が出ています。

  またもや、新転入者!ただし名前は不詳です

  ブルー君の素性が判明しました

今回、酸欠のお陰で彼が久しぶりに水槽に戻りましたので、ちょっと写真を撮ってみました。
前回の写真に比べて、かなり大きくなっているのがお分かりでしょうか?
ちなみに、上の方の写真の「キノボリウオ」(・・・8月の洪水にまぎれて我が家の池に住み着いたのですが)の方も順調に大きくなっていますが、成長にしたがって人目につくところに出てくる事が少なくなって、てめったに姿を見ることがなくなりました。

でも、水替えをすると最後の最後に泥の中から姿を現しますので、元気でいることが分かります。
いずれ、こちらの方も、大きくなった姿を写真でご披露しようと考えております。

蛇足ですが、このゴールデンゼブラシクリッド君もアルビノレインボーシャーク君も、すぐに元気を回復して、この写真撮影のあとしばらくして外の池に戻りました。

大きくなったゴールデンゼブラシクリッド

BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

チェンマイの並木は落葉樹

私の住むチェンマイ郊外のサラピーというところでは、チェンマイ - ランプン道路という幹線道路が町を縦断しているが、その道路には大人二人でも抱えることができるかどうかという見事な大木の並木が続いています。

  SARAPHI(サラピー)というところ

ところで、最近この道を走っていると大量の落ち葉が目につくのです。
熱帯のタイですから、落葉樹があるなんて夢にも思っていなかったのですが、この枯葉の元はこの並木だった、つまり、この木は落葉樹だったというわけです。

この木の葉はブナ葉のようなちょっと大きめの葉ですが、この木は日本で見たことのないような木なので、今のところ何の木か名前は分かりません。
興味のおありの方はお知らせくだされば木の葉の写真を撮ってお見せします。

それはさておき、この並木ではこの大木が相当な数立っておりますので、落ち葉の量も半端ではないようで、最近では沿線の住民の皆さんは枯葉の処理に追われているようです。

チェンマイの並木は落葉樹


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!





霧のチェンマイ

1月6日朝、夜明けから間もない朝7時、外を見るとすごい霧で、100mほど先のチェンマイ - ランプン道路の並木がぼんやりと霞んで見えて、以前ご紹介した隣家の木に咲く赤い花も少し霞んで見えました。
こういうことは珍しいので早速写真を撮りました。
でも、30分ほどして、もう一度外を見たら霧はもう晴れていて、空はいつものような青空でした。

霧に霞むチェンマイ


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

スワンドーク寺

先日初詣に行ったワット・スワンドーク(花園寺の意)ですが、写真をご紹介しておきます。
チェンマイの旧市街を囲むお濠の西2kmくらいのところにある、チェンマイでは有名な名刹の一つで、600年以上前に建てられたそうです。
広い境内に、昔の王族の遺骨を納めたといわれる白いチェディがたくさん並んでいます。

ワット・スアンドーク(1)

ワット・スアンドーク(2)


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイ様式?

チェンマイ郊外をバイクで散歩していたら、外環状道路でまた工事中の新しい住宅団地を見かけました。
まだ、完成しているのは団地全体を囲む塀と豪華な門だけのようで、前回、ご紹介したのとは少し趣が違うのですがが、やはり日本人の目には少し奇妙に見えます。

住宅団地に限らず、コンドミニアムやホテル、会社関係のビルのデザインまで、タイのデザインというのは、世界中どこからでも面白そうなものがあるとかまわずとりこんでいる、という感じがします。

とにかく、伝統様式の調和などお構いなしに、ロココでもゴシックでも何でも無邪気に取りいれているようで、そこには恥かしさとか遠慮とかこだわりは一切ないような感じさえします。

日本にいた時には、日本のデザインにそういう感じを抱く事がしばしばあったのですが、タイに来て見たら日本のそういうのはまだまだ軽度なものだと思えてきます。

これはタイのお国柄なのでしょうか?
それともこれが「タイ様式」と呼ぶべきものなのかもしれませんね。

チェンマイの住宅団地(2)


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!



チェンマイで初詣

二日、晴天に恵まれて、チェンマイ市内のお寺に初詣に出かけました。
まず、ステープ通りのスアンドーク寺へ行ってみました。
さすがに新年で、普段よりも多くの参詣者が幸運の祈願に来ていました。
黄金色の大きな仏像のある本堂に入ったら、何かキラキラと光る帯状のものがたくさんぶら下がっています。
近寄ってよく見たら、ビニールの透明な長い袋に20B紙幣が9枚ずつ入っていて、下部に色々なお願いの印刷された紙がついていて、そこに祈願者のサインがあります。つまり幸運祈願のお供えだったのです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、タイでは数字の9と発展するという言葉の発音が同じなので数字の9は縁起の良い数字として大変好まれていて、商品の値段にも99B、199B、999Bのように9が大変良く使われていますし、車の登録ナンバーなどでも9999などのような番号はオークションで大変高い値段が付きます。

それはさておき、その9枚の20B紙幣の入った帯は本堂の入り口で売っていましたが、私はそちらは遠慮して、普通のお供えの花と線香、ロウソクのセットを20Bで買い求めて、新年の平和を祈願してまいりました。

9枚の20B紙幣の入ったお供え

次に、もう一箇所、ちょっと離れて、お濠に囲まれた旧市内の中にあるプラシン寺にも廻って、ダブル初詣となりましたが、こちらの方も多くの参詣者でにぎわっていました。
ここでも花と線香とろうそくのセット(今度は19B)を買いましたが、誕生日の曜日ごとに用意されたセットが違うのです。私はタイに来てから自分の誕生日が火曜日である事を調べて覚えていますが、初めてタイに来られた日本人の方は面食らうでしょうね。タイでは「誕生日は何曜日?」と訊ねられる事がしばしばありますので、タイにこられる方は予め調べておかれたほうが良いと思います。訊ねられて「知らない」と答えると、呆れたような顔をされるかもしれませんよ。

ワット・プラシンにて



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。今年もたくさんクリックを!(一日一度で充分ですけれど)




チェンマイの大晦日と元旦

チェンマイでは(たぶんタイではどこでもそうだと思いますが)新暦の正月は日本ほど特別ではありません。
銀行や官庁は、大晦日と元旦は休日ですが、そのあとは普通に営業しているようです。ただ今年は元旦が日曜日のために翌月曜日が振り替え休日になっています。

大晦日の夜、新しい年を迎える瞬間は、何箇所かでカウントダウンの行事が行われ、テレビでも年越し特別番組が流れていますが、他には特に変った事は余りありません。
でも、一般市民の多くは元旦にはお寺にお参りして、タンブン(寄進)をしたり、新年の多幸を祈ったりするようです。

今日(元旦)の午前中、チェンマイの町をざっと見て回ったのですが、
やはり何も変った事はなく、普通の日曜日の風景と全く変りないように見えました。

昨夜は、赤十字の主催する冬祭り(県庁の裏の広場で大晦日の日から一週間くらい開催されるようです)に行ってみました。
広い敷地にものすごい数の屋台(と呼んでよいのか??要するに食堂や物販の仮設店舗です)や、観覧車、メリーゴーラウンド、子供用の鉄道まであり、
なんと軍隊が射撃場も開いていました(残念ながら本式の銃ではなく空気銃でしたが)。

見て回っていると、いろいろと食べてみたいようなものがたくさんあったのですが、食事を済ませてから行ったもので、試す事が出来ませんでした。
次回、こういうところに行くときは食事をしないで空腹のままで行くようにするべきだと思いました。

一番のメインは赤十字による抽選会でしょう。
新品の乗用車、オートバイ、冷蔵庫、洗濯機などをはじめ、ものすごい量の景品がステージの上や場内に並べられていて、それに釣られてかどうか、一回20Bの抽選券がものすごい勢いで売れてゆきます。

券を買うと大きな仮設の池に流れるカプセルを網ですくいます。
そのカプセルの中に当たった景品の種類を書いた紙が入っていますので、その紙を持って交換所に行って、景品と変えてもらうのですが、景品の殆どは陶器の食器などで、当然のことながらなかなか冷蔵庫やオートバイは当たらないようです。でも券を買った皆さんは、恵まれない人たちに対する寄付だと理解して、不平の言葉はほとんど聞かれないようです。

赤十字の福引


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。