2005-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイの日本語テレビ番組

海外で生活して者にとって、日本のテレビは重要な情報源であるが、
今のところ、タイで簡単に見る事の出来る日本のテレビはNHKだけである。
NHKの海外向けテレビ放送には NHK WORLD PREMIUM と NHK WORLD TV の二種類があって、前者は1チャンネルの中にNHKの色々な番組を再編成して放送しており、ニュースはもちろん、大河ドラマや朝ドラ、相撲中継、紅白歌合戦なども日本と同じ時間に見る事が出来る。
でも、これにはスクランブルがかかっていて、正規の配給業者を通してしか視聴できず、タイではUBCという大手のケーブルネットワークと契約すれば視聴できるが、UBCの標準パッケージにNHKは入っていないので、NHKを視聴したい人はオプショナルでNHKを追加しなければならず、総額で月に3000Bくらいになると聞いている。
後者の方は、スクランブルはかかっていないので、受信設備さえあれば無料で視聴することができ、多くのケーブルTVネットワークに収容されているのだが、ニュースと教養番組主体で、エンタテインメントやスポーツ中継などは一切ない。

ずっと以前に住んでいたバンコクのアパートではNHK WORLD PREMIUM 込みのUBCが建物全室に供給されており、私は追加費用を払うことなく視聴することが出来て、大変便利だった。
そこを退去して次に入居したアパートは、ケーブルテレビは入っていたがUBCではなく、見る事の出来たNHKは WORLD TVの方だった。
最初のうちは、ドラマがなくなったのがすごく寂しく、また同じ番組を何度も再放送するし、日本語と同じ番組を英語で再放送することも多く、「またか!」と感じることが多かったのだが、だんだん慣れるにしたがって、教養番組を楽しむようになってきたし、一度見たニュースを英語でもう一度みる事は英語の勉強に大変役に立つ事に気がついた。

今住んでいるチェンマイの家にはケーブルTVは来ていないのだが代わりに大きなパラボラアンテナがあって、世界中のテレビ局200曲以上を受信できる。
日本の放送はNHKだけしか入らないが、今でも英語のニュースなどで英語の勉強は続けている。まだ全部のチャンネルを試した事はないが、中国やインドの局の多いのには驚くし、アラビア語の局もたくさん受信できる。
また、台湾には日本の民放の古い番組を主に流している局がある。

民放についてだが、パラボラでは日本の民間放送は一局も受信できないのだが、タイ国内で最近インターネット経由で日本の民放数局をリアルタイムで配信している会社がある。
チェンマイではまだインターネットの速度が遅いので画質はちょっと落ちるが、野球中継などをみても充分たのしめる。
なじみの日本食堂でそれを契約しているので、最近はときどき日本のテレビ番組を見ながら食事を楽しんでいる。


BLOG RANKING BANNER
スポンサーサイト

チェンマイのおしゃれな日本レストラン

日本からのお客さんを案内しての夕食に、キッチン・ハッシュという日本レストランに行ってきました。
チェンマイではよく評判を聞くレストランなので、2・3週間前どんなお店か見に行ったのですが、その時は見つかりませんでした。
その後、場所をよく知っている人によく聞いてもう一度行ったら、今度は見つかりましたが、その日はたまたま定休日で、けっきょく今回が初めてという事になりました。
初めてのときに見つからなかったのは、全くの民家風の造りの上、看板らしきものが殆どなかったせいで、私でなくとも見つけるのに苦労する人は多いのではないかと思います。
入ってみたら、田舎の民家ふうの、質素な中に細かいところまで神経の行き届いた内装に驚きました。
かすかに聞こえる控えめなBGMにも店主の趣味のよさが偲ばれます。
二人だったので二種の定食に一品を数種追加したのですが、定食とはいえ手の込んだもので、前菜をはじめどのお皿もセンスの良い盛り付けに上品な味つけに感動しました。
お勘定の方も、安かったとは申しませんが、料理やサービスの内容から考えると決して高いものではなく、私としてはリーズナブルな値段だと思いました。
是非また近いうちに行ってみたいと思います。
早い時間に入ったので、始めは客は私たちだけでしたが、帰る頃にはほぼ満席になっていました。
こんな目立たないお店ですから一見のお客はまずないと思いますので、たいへん多くの固定客を持っておられるのでしょう。
ただ、一つだけはてな?と感じたのはメニューが大変多いこと。もう少し整理された方が良いのでは?と感じました。
でも、キッチン・ハッシュさんはチェンマイの日本レストランのなかでは「第一推薦」である事は間違いないと思います。
(行ってみたいと思われる方には場所をお教えしますので、私書箱宛にメッセージをお願いいたします。BLOGのHOME PAGEの右側の方に「Mail メッセージを送る」というリンクがあります)

BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しました。よろしかったらクリックを!

お陰さまで20000アクセス

今朝早く、アクセスカウンターが20000を越えました。
8月末に10000アクセスになるまで1年近くかかったのに比べて、次の10000アクセスはすいぶん早かったです。
いつも訪れてくださる皆様のお陰です。
どうも有難うございました。
今度は30000アクセスを目指して、日々、更新に努めたいと思います。
今後とも「KHUN MARUT のタイ日記」をよろしくお願いいたします。

涼しいーーーーー!今朝のチェンマイです。

今朝のチェンマイはこの秋最大の冷え込みとなった。
まだ寝室の窓は開けて寝ているのだが、夜中に寒さを感じて目が覚め、その後は肌布団をかけてちょうど良かった。
今朝、外に出てみたら「おっ、こりゃ涼しい!」と感じたので、温度計を出してみたら、約16度であった。
安物の温度計なのであまり当てにはならないが、この秋初めて20度を切ったのではないかと思う。
これからは、こういう日が増えて来る事だろう。
いよいよ日本人にはもっとも快適な季節の到来である。

BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しました。よろしかったらクリックを!

電蝕事件 解決法発見

庭の池で使っている噴水ポンプの回転軸が、電蝕でやせ細って使えなくなったが、交換部品がなくて修理できなかった事はすでに書きました。
恐ろしい電蝕現象
その回転軸はステンレス製の直径3ミリほどの丸棒で、何の変哲もないものなので何か代用品はないものかと考えていたら、ありました!!
それは、クリーニング屋さんのくれる針金ハンガーです。
塩ビのフィルムでコーティングしてあるので、電飾には強いかもしれない、と考えながら、ペンチで長さをあわせて切って組み込んでみたら、なんとぴったりと嵌るではありませんか!
早速、池に放り込んで電気を繋いでみたら見事に復活しました!!
でも、喜んで使っていたら、その後一ヶ月くらいでまた動かなくなりました。
開けてみたら塩ビ被覆のなかで針金が折れていました。
やはり電蝕のようです。
でも、針金ハンガーは無限にありますので、ダメになるたびに、またペンチで切って入れ替えるだけなので簡単です。
その後、「ときどき点検して弱くなっていたら交換」を繰り返しながらずっと使っています。

バーン・タワイ

日本から来た友人を案内して、久しぶりにバーン・タワイに行ってきました。
バーン・タワイはサラピーからハンドンに抜ける街道の、ハンドンの手前2キロくらいのところにある、木工品、手工芸品の名産地です。
OTOP(タイの一村一品運動)にも登録されていて、タイ国内のみならず世界各地から買い付けに訪れる人が多いと聞いています。
バーンタワイ


観光客向けのお店と違って、本格的な各種の製品がリーズナブルな値段で並んでいます。
商売の仕入れの人でなくとも、たとえばお家の新築を考えておられるような方は、ぜひとも欲しいと思われるような商品が色々ありますので、
お好きな方は丸々一日見て回られてもまだ時間が足りないように思われることでしょう。
カンボディアン
遺跡から出土した古い仏像などのレプリカのお店



バーンタワイのお店(4)

バーンタワイのお店(1)
一体の木材から彫り出した仏像



バーンタワイのお店(2)

バーンタワイのお店(3)
シックな照明器具のお店


歩き疲れて、お腹もすいたので何か食べられそうなお店を探していたら、
ちょっとおしゃれなお店があったので、「食事は出来ますか?」と聞いたら
「出来ますよ」とのことで入ってみました。
とてもきれいなメニューを持ってきてくれてたのですが、
なんとメニューはイタリアンがメインで、しかも、タイ語、英語に加えて日本語まで書いてあったのには驚きました。しかも大変まともな日本語で!

スパゲッティとコーヒーを頼んだのですが、パスタの茹で加減はほどよく、ミートソースも良くできていて、コーヒーも本格的なエスプレッソで、大変結構でした。

それにしても、こんな田舎で(失礼ですが)、こんなお店がやっていけるということは、世界各地からのお客さんが多いことの証拠なのだろうと思いました。

イタリアン


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しました。よろしかったらクリックを!

今日はロイカトーンです

今日はタイの皆さんが楽しみにしているロイカトーンの日だ。
昨日、ボランティアで日本語を教えに行った学校でも、授業の後生徒達はみんなで楽しそうにカトーン(灯篭)を作っていた。
今日は朝早くからあちこちで花火や爆竹がにぎやかだ。
また、とんでもないところから花火のような音が聞こえると思ったら、空を漂う気球のようなものから花火の火が飛び出しているではないか。
とにかく今日は一日中大変にぎやかだった。
夜になって町のほうに出てみたら、あちこちで大変な交通渋滞で、自動車の人の服装は良く見えないけれど、オートバイに二人乗り、三人乗りで出かけている人たち、また連れ立って歩いている人たちのなかには、一張羅をきておめかししている女性が多くみかけられた。
ピン川にかかる橋を渡るところで横目で見たらろうそくの火で飾った灯篭を川に流している人たちの姿が多く見えた。
ロイカトーン
灯篭流しについては、昨年のバンコクでのロイカトーンもご覧下さい。
あまりに渋滞がひどいので町の中心に出る事はあきらめたのだが、
帰り道にふと空を見上げると、まぶしいばかりの満月の空に、星にしては大きくて赤い光が無数に漂っている。そのうちにすぐ近くで上がりかけている気球の見る事が出来たが、まさに熱気球そのもので大きさは直径が2メートルはありそうに見えた。なるほど、これが無数の赤い星の正体だったのだ。



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しました。よろしかったらクリックを!

(チェンマイ)高い木に咲く花

数日前まで、毎日のように夕立が来ておりましたが、一昨日辺りから降らなくなり、昨日今日は見事な晴天が続いています。
気温の方も、昼間は30度を少し越えているような感じですが、湿度はあまり高くないようでさわやかな暑さです。朝夕は随分涼しくなり、いよいよ乾季(寒季)の到来のようです。
我が家から少し離れたところに、大きな木に花が咲いている珍しい光景が見えます。写真を見ていただければお分かりと思いますが、左の下に見えているバナナの木(バナナは本当は木ではなくて草だということですが)に比べて随分高いです。
一体何と言う木なのか知りたいのですが、今のところ、まだ不明です。
ちなみに、後に見えている高い木はこの辺りを通る街道(チェンマイーランプン道路)の並木で、昔の東海道の松並木を連想させるすばらしいものです。
大人のふた抱えはありそうな大木で、木の高さも20Mはありそうな感じです。
(二月ごろ、このBLOGでご紹介しています)

高い木に咲く花

ニューメンバー「吸い付きナマズ」です

昨日、久しぶりに観賞魚屋さんを覗いてみました。
先日、日曜市場で買ったバルーンモーリーは、白もオレンジもメスばかりなのでオスを一匹ずつ見繕ってもらいました。
水槽の壁に張り付いている小型の黒っぽい魚が気になったので、聞いてみたら「サッカー」と言う魚で、水槽や水草についたコケをよく食べる、ほかの魚に害を及ぼす事はない、大きくなっても15センチくらい、というので元気のよさそうな奴を三匹買って帰りました。
さっそく水槽に放り込みましたが、当分は隠れて姿をあまり見せませんでした。
でも、今日は元気に水槽のガラスや水草に張り付いて、盛んに何か食べています。
あまり動かないので、ほかの魚よりも写真が撮りやすそうだったので、さっそく写真撮影に取り掛かりました。とりあえず1点ご紹介しておきます。
全長は6センチくらいです。
いつか、もっと良いものが撮れたときには差し替えます。

例によって、ネットで名前を調べているのですが、
プレコというアマゾン産の吸い付きナマズの一種のようです。

吸い付きナマズ

路傍の花

家の周りの道端に朝顔のような花がたくさん咲いています。
夕方になっても萎れていないので朝顔ではないですね。
葉の形も違います。
路傍の花


つぎも朝顔のような花ですが、朝顔とは葉の形が違うようです。
ろぼうのはな(2)


チェンマイでは、年から年中、何かの花が咲いています。
今後も少しずつご紹介して行きたいと思います。

チェンマイの雨季はもう明けたのでしょうか?

今日で連続四日、夕方になると激しい夕立が来ている。
最近は空気も乾燥してきて、日に依っては朝晩はかなり涼しくなってきた。
時期的にも、もう雨季は明けていても良い頃だと思うのだが、毎日のように夕立が来ると言うのは、まだ雨季が明けていないということなのだろうか?
日本のように気象台が梅雨明け宣言をするというようなことはない様で、はっきりした事は分からないのだが、昨年の12月にチェンマイに初めて来たときは、3ヶ月全く雨が降らなかった。
おそらく、もう暫くすると夕立も来なくなって完全な乾季になると言う事ではないかと考えている。

オジギソウの花

以前にも一度ご紹介した事がありますが、オジギソウの花の写真がきれいに撮れましたので、改めてご紹介します。
きれいな花なのですが茎にはバラのようにトゲがあります。
可憐な花に似合わず生命力の強い植物らしく、タイではたちの悪い雑草として扱われています。

オジギソウ

プラ・カンという魚をたべました

今夜はチェンマイに住む知り合いの推薦でピン川右岸、ラマ9ブリッジの上流にあるサパプラ・レストランで夕食を取った。
メニューには色々な魚がたくさんあったが、食べた事のないPLA KHANGと言う魚をトムヤムプラーにして貰った。
トムヤムは、北タイ風というのだろうか、普通のトムヤムとはちょっと違っていたがそれなりに美味しかったが、プリックが良く効いていて辛かった。
特筆すべきは中に入っているPLA KHANGだ。何とこれがプリプリとして臭みもなく、とても美味しかったのだ。
淡水魚でこんなに舌触りの良い魚を食べたのは初めてだったので、どんな魚か見てみたいと思って、お店の人に「生きた奴がいるのなら見せて欲しい」と頼んだら、水槽に案内してくれたのだが、なんと50センチ以上は裕にありそうな大きな黒っぽい魚であった。長いひげがあってナマズの仲間のようにも見えたが、頭の形などはナマズよりもはるかにスマートである。
帰宅して、以前どこかで買った「タイの淡水魚」と言うポスターのような印刷物を見たら、RED-TAILED MISTUS と言う名前で載っていた。
近日中にもう一度行って、今度は違う料理法で食べてみたいと考えている。
ちなみにこのレストランの位置はヴィアンチェンマイの地図に載っているので、興味のある方はお試しください。

BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しました。よろしかったらクリックを!

歩行者優先?タイの交通、マナー

昨日、タイの交通について書きましたので、
ついでに今日ももう少しタイの交通について書いてみたいと思います。
日本では皆さんご承知のように歩行者の安全が最優先で、現実にそれはある程度徹底しています。
また自転車や二輪車も四輪車などに比べると危険性が高いからでしょうか優先されています。

でも、タイでは歩行者優先ということは全くありません(法律ではどうなっているか知りませんが)。
遠くの方からゆっくりと車が来ていることは知っていながら、まあ止まってくれるだろうと道路を横断しかけたら、止まってくれるどころか、轢いてやろうと言う意思が感じられるくらい加速して突っ込んでこられて、あわてて飛び下がったことが一度や二度ではありません。
現に、一部の金持ちは、人を撥ねても簡単に金で解決できるから、撥ねてもかまわないと考えているフシがあります。

また、タイでは飲酒運転が日本ほど厳しく取り締まられていないので(違法は違法なんですが、現実はほぼ野放しです)酔払い運転の車が少なくありません。特ににソンクラーンなどの祭りの時期はひどく、毎年ほんの一週間足らずの間にタイ全土でかなりの犠牲者が出ます。

そんなわけで、タイでは車に乗っていないときでさえも、交通事故の危険性を常に念頭において置かれる事を強くお勧めします。

ついでに申し上げますと、タイでは車やバイクの強制保険から死亡した人に支払われるのは最大10万Bだそうです。
もちろんその上に任意の保険をかけている人は別ですが、そういう任意保険に入っている人は少なく、強制保険さえ切れたままになっている人が多いです。
そういう人たちが事故を起こしたときに自費で損害を賠償する可能性は殆どありませんので、自分が事故に遭った時にはいくら自分の方に非がなくとも、相手方の賠償はあまり期待しない方がよいと言う事になります。

タイに滞在される日本人の方は、何らかの方法で事故に遭ったときに困らないような対策を講じて置かれる事をお勧めします。
ちなみに私はタイで医療特約つきの生命保険に入っております。

BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しました。よろしかったらクリックを!

タイは車が左側通行のはずですが・・・・

あれ?車が右をはしってるぞ!

タイの交通は、ご承知のように、日本と同じ「人は右、車は左」です。
今日の写真では車が右を走っていますね。
でも、これはれっきとしたチェンマイ市内の写真なのですよ。
ここでは「車が右」で正解なのです。
実は、向きの違う二本の一方通行道路を結ぶ道で、冷静に考えたらなかなか良いアイディアだと思います。
でも、面食らって事故を起こす人がいなければ良いのですが・・・・。

ところで、日本と同じ「車が左・・・」と言うのは、欧米のように面食らう事がなくて有り難いですが、タイで用心しないといけないのは、反対車線を平気で走るバイクが大変多いことです。

中央分離帯のある大きな道路で、ほんの数十メートル戻りたいときなどは、その気持ちは大変良く分かりますが、日本ではまずやる人はいないでしょうね。
その点タイ人の皆さんは大らかと言いましょうか、どこでも気楽に逆行します。
それも、道路の端を遠慮がちにゆっくりと、ではなくてかなりのスピードで堂々と走る人が少なくありません。

最近は私もかなり慣れて慌てなくなりましたが、真正面から堂々と私のほうに向かって走ってくるバイクを最初に見た時は自分の目を疑いました。
どうも、タイ人にとって、道路の反対側を走る事はそれほどの抵抗ではないみたいです。

BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しました。よろしかったらクリックを!


いよいよ乾季到来か?!

一昨日の夜は危険水位まで達していたピン川の水位も、昨日未明からは徐々に水位が下がって、今日はまったく平常水位の範囲に下がっている。
昨日の朝はチェンマイ市内でいくらか浸水したところがあったようだが、被害は軽微だったようだ。
昨日、本日と降雨はないし、今朝はすっきりとした青空で涼しく、まさに乾季到来、と言う感じである。
心配していた台風21号だが、今日の天気図、予報などを見ると、進路が北西から北に変っていて、タイ北部に影響を及ぼす可能性は低くなったような気がする。
そうならば、このまま乾季到来!ということになりそうだ。ぜひ、そうなって欲しいものだ。

洪水は、まだ安心出来ないかも

台風21号がトンキン湾辺りにいることは知っていたので、その後どうなっているかいろいろと情報を漁っていたら、気象庁(日本の)の台風情報サイトに進路予報が見つかった。
http://www.jma.go.jp/jp/typh/0521.html
それによると、明後日(4日)の朝にはタいの北部辺りに到達しそうである。

前回、18号(アジア名DAMREY)が、同じようなコースを進んで来て、タイ北部に来たときには衰えて、タイの天気図から消えていたほどだったのに、それでもタイ北部にかなりの降雨をもたらし、結果としてチェンマイも洪水に見舞われたことを考えると、この21号(アジア名KAI-TAK)もかなり警戒を要するのではないかと思う。
まったく、今年はどうなってるんだろう??!!

洪水の心配が去れば、いよいよ乾季かな!!

昨夜はピン川の水位が危険水位まで上がって、領事館からも警報が届くなど、はらはらしたが、さいわい雨は昨日の朝から降っていないし、ピン川の推移の上昇も止まって、減少に向かったようだ。
これ以上雨が降らなければ、洪水にはならないで済むのではないかと思う。
今年の雨季は何度もハラハラさせられて、一度は庭が水没した。(近所では床上浸水になった家がたくさんあった)
チェンマイでは雨季の終わりに長雨が続く事がよくあるそうだし、時期的にももう11月だから、雨季はそろそろ終わりのはずである。
これからは、雨はめったに降らなくて、朝晩はとても涼しい快適な気候が続く。
4-5月の猛暑がなくて、洪水がなければチェンマイは最高に住みやすい所なんだけどなあ!

チェンマイはまたもや洪水か?!

今日は雨は降っていないが、土曜日から今朝まで、ずっと断続的に雨が降リ続いていて洪水にならなければよいが、と気になっていたのだが、さきほど、チェンマイ領事館から「洪水警報」メールが届いた。
今夕はチェンマイの街まで食事に食事に出て先ほど帰ったところだが、途中の
メンライ橋で見たところでは、かなり水位が高くあと5-60センチで溢れそうな感じだったので、やっぱり、と言う感じである。
洪水の危険のある時にはピン川の水位を刻々知らせてくれるサイト
http://www.hydro-1.net/HOURLY/HOURLY.html
があるので見たら、水位はすでに危険ラインまで上がっている。
チェンマイでは今年の雨季、すでに三度(所によっては四度)浸水に見舞われているので、もう洪水にはうんざりだが、そう言ってすむ問題ではない。
大事にならないことを望むばかりだ。

BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しました。よろしかったらクリックを!
 

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。