FC2ブログ

2005-09

洪水にまぎれての移住者、その2

先月中旬の洪水で、鯉やアルビノクララが失踪したが、代わりにナマズの稚魚とウナギの稚魚、それに小さなカニが一匹やってきた事はすでに書いた。
そのうちのナマズの稚魚は私の不注意で死なせてしまったが、その他の移住者を確認するために今朝、徹底的な池の水替えを行った。
実は、先日から時々正体不明の魚を一匹みかけるので、その確認もしたかったのである。
水が減ってくるにしたがって、まずカニが姿を現したが、最初に見たときよりも一回り大きくなっていて、しかもハサミの辺りは赤黒い色が確認できた。
しばらく観察していたら、魚のえさの沈んだやつを抱えて食べていたので、食事に問題はなさそうだ。
先日から時々見かける正体不明の魚というのは、体長が4センチくらいの地味な体色の魚だが、動きが非常に敏捷なうえに底の泥と保護色なので、なかなか捕まえさせない。
ついに、水草の鉢や睡蓮の鉢をすべて池から取り除いて、水深が5センチくらいになるまで排水して、やっとの事で捕まえた。
ガラス水槽に移してよく見ると、体型はブリやマグロのような紡錘形に近く
背切れが尾びれに近いところで高くなっていて、いかにも高速型である。
やはりグッピーではなく、洪水のときにやってきて住みついたらしい。
口をいっぱいに開けたところはまだ見ていないが、アゴの辺りを見ると相当大きな口が開きそうだ。そういう点から判断するとどうも肉食魚の可能性が高いような気がする。とりあえず、エサになってもかまわないような稚魚幼魚数匹とともに小型の水槽の方に入れて様子を見る事にした。
ウナギの稚魚は、とうとう最後まで発見できなかった。

先ほど、写真を撮って、パソコンで画像処理を終わってからもう一度水槽を見たら、一緒に入れていた1.5cmほどのブラックモーリーの幼魚の姿が見えなくなっていた。うーーむ、、やはり!!

新しい住人

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR