FC2ブログ

2005-07

カエルの騒音公害

一週間ほど前、カエルの合唱についてレポートしたが、その後隣の空き地から聞こえてくるカエルの合唱はますますエスカレートして、いまや騒音公害の域に達している。
最初は、声量こそかなり大きかったものの、カエルの数が少なく二匹が離れた場所から鳴き交わす程度であったのだが、今は相当な数の個体がてんでに鳴き続けて、風流と言える域をはるかに通り越している。
また、その鳴き声たるや、壊れたモーターのごとくグワン・グワン・グワンの連続とか、イビキのひどいやつのように、グオー・・・グオー・・・グオー・・・と言う声の連続とか、ネコを踏みつけた時の悲鳴のようなギェーーと言うような声とか、形容の仕様の無いひどいものだ。
おまけにジャーーという虫の声の連続もかなりの音量で、それらを全部合わせるとすごい音量なのだ。このBLOGに音声を貼り付ける事が出来るのなら、録音して皆様に聞いていただきたいところだ。
出来るものならカエルを発見して追放したいところであるが、暗闇の中ではそれも不可能である。ただただ耐えるのみで、今朝などは三時に目が覚めた後それっきり眠る事が出来なくなり、ついに階下に降りてテレビのまえのソファで寝る羽目になった。不思議な事に、階下ではそのカエルの声が余り気にならないのである。
一階も二階も窓は開け放しているのに(エアコンが無いので閉めたら暑くて暮せないのです)何故だろうと考えてみたのだが、一階では隣家の空き地との間にあるコンクリート塀がうまくカエルの声を遮ってくれるのに比べて、二階の寝室では塀が遮音の役に立たないのに加えて屋根のひさし部分の裏が反射板の役目をしてカエルの声があまり減衰しないままに窓から入ってくるのであろう。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR