FC2ブログ

2005-06

タイの銀行は・・・・

チェンマイに引っ越してから、今まで使っていたバンコクの口座ではいろいろと不便が多いことがわかった。
たとえば、県外のATMを使うと、同じ銀行なのに引き出すたびに手数料がかかるのだ。今までは大した額を引き出さなかったので手数料といっても20B位で大して気にしていなかったのだが、少しまとまった額を引き出したら、0.1%くらいの手数料を取られた。

これはたまらん、とチェンマイ市内のバンコク銀行の支店に口座を作った。
2ヶ月以上前のことである。
(参考までに、口座の開設はパスポートさえあれば外国人でも問題なく出来る。日本と違ってATMカードの代金100BとATMサービス料一年分150Bが必要だが、殆どのATMで現金引き出しだけでなく送金も24時間いつでも出来る)

その後は、主にこの口座のATMカードを使っているのだが、時々近所のバンコク銀行の支店に寄って、通帳に取引を記入してもらう。
先日、いつものように窓口に言って記帳を頼んだら、機械で出来るようになったので機械でやってくれ、という。それは便利になったなあ、と喜んで機械に通帳を挿入した。
ところが、である。その通帳はあるページの3行目までが使用済みだったので、当然4行目から記帳してくれるものと考えていたら、なんとそのページの1行目から記帳してくれた。つまり三行目までは以前の取引と最近の取引がダブって印刷されてしまったわけだ。
窓口にその通帳を見せて文句を言ったが、マイペンライ(大丈夫!)でおしまい。
まあ、そんな事もあるだろう、とその日は機嫌を直して帰った。

そして、今日のことである。
振り込まれた金が二口入っているはずだと、通帳を記帳機に挿入したら、一番下の行に一口だけが記帳された。二口とも同時に送金されたことは確認済みだったので、
おかしいなあ、と思いながらもう一度同じページを開いて機械に挿入した。
機械の作動する音がして通帳が戻ってきたので、おお、ちゃんと入金になってたな、と通帳を確認したら、なんと先ほどの記帳の上に重ねて何かが印刷されていたが読めない。二口の取引を一行に重ねて印刷してしまったというわけだ。
まあ、何ていうことだと、またもや通帳を持って窓口に向かった。
話はすぐに通じて、ちょっと待ってください、と。
何をしてくれるのかと思ったら、PCの端末からその二行分を小さな紙にプリントアウトして、そこだけハサミで切り取って通帳に貼ってくれた。
うーーん、なるほど、タイ流である。二口の入金はちゃんと確認できたのだから、良しとせねばなるまい。

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR