2004-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ人の英語

タイ語では、子音のL、R、S、Gなどが単語の終わりに来ることがない。
英語などの外来語の単語でLやRが最後に来ると、なぜか、タイ人はそれらの音を「ン」と発音する。
SやGがくるとSやGは発音されない。
つまりHOTELは「ホテン」、HAUSEは「ハウ」になる, SCHOOLは「スクーン」ゲストハウスは「ゲッ・ハウ」、タウンハウスは「タウ・ハウ」と言う具合だ。
タイは王国なので、王様が話題になることが多いが、彼らが自分たちの王様のことを言うのに、「キン」としか聞こえない。

彼らに日本語の単語を教えているうちに分かったのだが、彼らには「ち」と「し」が区別できない。
また、「つ」を発音するのは大変難しいらしく、「とんかつ」を発音させると、「とんかす」「とんかしゅ」「とんかちゅ」としか発音できない人が多い。
それは英語の発音にもつながっていて、WATCHとWASH、WHICHとWISH、CATCHとCASHの区別が難しいようだ。

タイに来たはじめの頃、どこのホテルに泊まってるの?と聞かれたとき、「ホテン」と言うのが何を指しているのか分からずに何度も聞き返したものだ。

もう一つ、タイ語では同じ音の組み合わせが抑揚の違いで違う単語になることが大変多い。
というよりも抑揚の重要性が大変高いと言うことである。
日本語でも、「橋」と「箸」のように抑揚の違いで意味が変わる単語は多いが、タイ語のそれは日本語どころではなく、違う抑揚で発音すると理解さえしてもらえないことが多い。
そう言うタイ語で、外来語・・・日本語のカタカナ語ですね・・・を発音する時のアクセントが独特である。
たとえば、センター、コンピューター、コーラ(-)、ペプシ(-)、などの単語が、
最後の音節だけが長く高く発音される。
これを書いて表現するのはとても難しいが、聞いてもらえばすぐに理解してもらえると思う。

そうな感じのタイ英語であるが、その特徴に耳が慣れてくると、タイ人の英語は分かりやすい。
少なくとも、ネイティヴの英語人にぺらぺらとしゃべられるよりもはるかに楽である。
私は、英語の出来るタイ人とのコミュニケーションは、英語とタイ語のチャンポンで行っているが、たまに本当の英語人と話す必要があるときに、自分の英語がずいぶんタイ化(退化?)しているのに愕然とする。
スポンサーサイト

タイのADSL、その後

常時接続のADSLが開通して、2週間がたった。
常時接続は有難いが、夜になると接続スピードががた落ちになる。
ひどいときにはアナログモデム以下まで落ちることもある。
いろいろと調べてみたら、プロバイダーと私の間は常時問題なく契約速度以上で繋がっていることが分かった。
私はめったにタイ国内のサイトにつなぐことは無いのだが、あえて、繋がりにくい時間帯を選んでタイ国内のサイトにつないでみたら、なんとスイスイと繋がる。
つまり、国内のWEBサイトにつなぐには全然問題ないということだ。
さらに調べてみたら、私の契約しているプロバイダーでは、国際回線が非常に弱いらしいことが分かった。
プロバイダーのカスタマーサービスに電話して、日本などの国外サイトに大変繋がりにくいと文句を言ったところ、それは多くのお客さんが回線を共有しているので仕方が無いことで、自分たちとしてはタイ国内の接続速度を基準に考えているし、タイ国内では問題ないでしょ?ということで、取り付くしまが無い。
このプロバイダーは先月から、しゃれたWEBサイトを開設し、常時接続の高速(!!??)ADSLを在来のISPよりもはるかに安く売り出し、しかもいま契約すればADSLモデムを無料で提供する、というキャンペーンを大々的にやって相当な契約を取りつつあるようだ。
その「破格」の低価格の秘密がこの「非常識ともいえる多数の顧客による回線の共有」だったわけだ。
国外にもまともなスピードで繋がるISPもあるのだが(私がこれまで契約していたISPもそのひとつだったが、他の理由で解約した)、値段はいずれも、今のISPよりはかなり高い。
多数ユーザーによる回線の共有で、混んでくるとスピードががた落ちになることを承知で今のISPに留まるか、以前のISPにもどって、またまた(別の)不満を我慢するか、いずれにしてもつらい選択である。
このISPについて検索して調べてみたら、多くの外国人居住者がこの新しいADSLサービスに飛びついて、期待はずれ(それもひどい期待はずれ)に憤慨して情報交換をしているサイトがあった。
同義的には大変問題があると思うが、契約でも広告でも、国外の接続スピードを保証するようなことは何も謳っていないので、うまく躍らされた我々の作戦負けのようだ。
ヤッパリここはタイでした。

バンコクでADSL開通!!

 先日ご報告したタイのADSLが開通したのでリポートさせていただく。
申し込んで一週間ほどたったころTRUE(もとのTELECOM ASIA)から電話がかかってきて、ADSLの準備が出来たので、接続IDとパスワード、Eメールアドレスを言います、とのこと。
メモを準備して書き取ろうとしたが、例のタイ式発音でどうも自信を持って書き取れず、もう一度、もう一度、を繰り返していたら、ついに、連絡用に伝えてあったホットメールのアドレスのほうに「Eメールで送ります」とのこと、始めからそうしてくれれば良かったのに。
どう聞いてもエイシ、エッシ、と聞こえていたのはHだった。

 それはさておき、誰か接続に来てくれるのかと聞いたら、「いや誰も行かないから自分で設定してくれ」という。
設定情報は?ときいたら、「そんな物は無い!」と。
ありゃ、ADSLモデムを自分で用意したのがまずかったか!
申し込みの時に、モデムも一緒に買いますと言ってたら設定に来てくれてたんだろうな。
仕方が無いので、手探りで設定に取り組んだ。
数時間の格闘の後、なんとか繋がったので、さあ、Eメールを送ってみようと思ったら、サーバー情報をもらってない!!
さっそくサーポートに電話したらWEBSITEにあるという。じゃあそのWEBSITEのアドレスを教えろと言ったら教えてくれたが、ADSLの宣伝に使っていた電話会社のホームページとはまるっきり違うアドレスで、こんなもん、教えてくれなきゃ分かるはずないじゃないか!とさっそくプンプン。(これくらいでプンプンするようでは、タイ長期滞在の資格は無いのだが)

 ADSLは繋がったものの、接続スピードが、ふらふらと1メガになってみたりアナログモデム並みの100k以下になったり、と非常に不安定。
サポートに電話したら、「こちら(ISP)側では正常に動いているので、そちらをチェックしてくれ」と取り付くシマが無い。
しかたなく、ADSLやネットワークの技術について、インターネットで情報を集めてニワカ勉強を始めた。
その結果、タイのプロバイダーの設定条件(パラメーター)が日本とは少し違うことが分かり、その辺りを少し修正したらかなり安定してきて、やっと一段落となった。
契約スピードは2.5Mbpsだが、実測でもプロバイダーとウチのPCの間では2.5-3Mbpsでているようだ。
日本の高速ADSLに比べると一桁以上遅いが、まあ仕方が無かろう。これでもアナログモデムの時の40-50kbpに比べれば天国と地獄の差だし、今後これが10倍早くなったところで、実用上はPCの性能や他の通信ネックのために劇的に早くなることはないので、まあこんなもんだろうと納得している。
それよりも、毎月3000円ほどの使用料で使用時間が無制限になったことが有難い。
やっと接続時間を気にしないでインターネットサーフィンもチャットも出来るようになった。
BLOBの更新もネットにつないだままで、接続時間を気にしないで出来るようになったので、今後はもっとひんぱんに更新して行こうと思っている。

 蛇足だが、TRUE(TELECOM ASIAの新ブランド)の常時接続ADSLは、(下り)256kbps月額590B(1500円ほど)からある。
(ただしメールのストレージが3MBとちょっと寂しい)
タイにもやっとIT時代の夜が明けつつあるようだ。

(続) タイの水について

日本ではレストラン、喫茶店などでは水は無料だと言うのが常識であるが、タイでは、一部の日本レストランや高級ホテルなどを除いて水は有料である。

レストランや食堂に入るとまず「飲み物は何を」と聞かれるので、コーラやジュース、ビール、などを注文するか、「水」と言ってもよい。
水を注文すると普通はペットボトルやビンに入った飲料水と氷を入れたコップが運ばれてくるが、氷は別の容器で運ばれてくることもある。
庶民的な店では冷えたボトル入りの水とストローが出てくるかもしれない。

屋台などでも水は有料であるが、殆どの屋台では「チャー」というと、薄い色のついたお茶のようなものが出てくる。
これは水道水を沸かしてシルシだけのお茶葉を入れて薄く色をつけたもので、ビン詰め水よりもかなり安い。

タイの町では頭上に注意!

バンコクの町を歩いていると、突然、空から水が降ってきてびっくりすることがある。
天気はいいのにおかしいな、と思って空を見上げると、
何と、ビルのひさしのようなところからパイプが突き出ていて,そこからポトポトと水がたれているのだ。
いったい何の水なんだろう、と考えたが想像も付かない。これを今読んでくださっている皆さん、お分かりですか?
いくら考えても分からないのでタイ人の知り合いに尋ねたら、ナント、エアコンからでてくる結露水だそうだ。
ここから先は私の想像だが、タイでは雑居ビルが大変多いのだが、これらのほとんどは、最初に建築される際ではまだ用途が決まっていなくて、内装のないがらんどうのままで工事は一応終了する。エアコンはその時点では設置されるかどうかは未定だから、(当然、将来エアコンが設置されるとしてもどの位置になるかはまだ未定である)、建物のオーナーはエアコンの結露水の行方なんかは気にしないので、そのための配管なんぞは準備しない。
その後、その建物を利用する人が決まって、エアコンを設置する時点になって、さて結露水をどこにもって行こうか、と考えるが、下水の管なぞに接続するのは、コンクリートの床を削ったりしないといけないので大変面倒な工事になる。
そこで、一番簡単な方法は?と考えると、答えは一つ、ひさしから突き出してしまえ、という事になるのではないか?
そう言う雑居ビルの殆どが、1m以上のひさしを歩道の上に出しているように見えるが、これは「歩道の上に突き出しているのか」はたまた、「建物の壁面をひさしの幅だけ道路から後退して建てていて、ひさしは建物の敷地内に納まっていて、道路には越境していないのか」その辺は明らかではない。
それはさておき、バンコク(に限らずタイの町はすべて)で、雑居ビルの前を歩く時には、常に頭上に注意が必要である。
しかし、である。いま「常に頭上に注意」と申し上げたが、あまり頭上にばかり注意力を集中して、足もとが不注意になると、今度は別の恐怖が待ち受けているのだが、
これについては、またの機会ということにさせていただく。

ひさしの先にパイプが見えますか?

バンコクの水について

多くの諸外国と同じように、タイでも生水は飲まない方がよいとされている。
タイ国内一般に言えることかどうかは分からないが、バンコクの上水道の水質は最近かなりよくなってきているようで、断水の直後などを除いて濁りなどを感じることはないし、
浴槽などにしぶきを上げながら給水しているときは消毒薬らしい匂いを感じる。
(日本で記憶している塩素の匂いとは違うような気がするが)
 バンコクの水道当局はその水質にかなり自信を持っているようではあるし、案外生水を飲んでも問題は無いのかもしれないが、未だ試す勇気は無い。
 と言いながら、毎日のように生水で野菜や食器を洗い、風呂に入り、歯を磨いたり口を漱いだりしていて、まったく問題は無いのだから、少なくともそれほど悪いとは思えない。(続く)


(続) タイスキ

自分の食べたいものを、テーブルの中心にある電気なべのスープの中に放り込んで行き、
煮えたと思ったら、小鉢で供されているタレにつけて食べる。
このタレはタイ料理風の独特のもので店によって味はそれぞれ違う。
タレが濃すぎると思えば、なべの中のスープで薄めて調節すればよいし、
薄くて物足りないと思えば、にんにくや唐辛子の追加を頼むことも出来る。
いわば、まったくのフリースタイルである。
値段のほうは、だいたい一人前、飲み物を除いて200B-300Bと言ったところで、タイ人庶民にとっては決して安いとはいえないが、日本人旅行者にとっては、大変お手頃なので、タイにお見えになることがあれば、ぜひお試しください。
 蛇足ですが、タイ人の中で日本式のすき焼きを食べたことのある人は殆どいないが、親しくなったタイ人に日本式のスキヤキを作って食べさせると、これはこれで好評である。
一般的に、タイ人に日本料理を食べさせると「味がない」または「味が薄い」と言われて、あまり人気のないことが多い。
その点、スキヤキは日本料理の中では数少ない「味の濃い」料理だから納得できる。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (53)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。