2004-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイのメチャ辛い唐辛子

 タイには、プリック・キー・ヌーという世界でいちばん辛いと言われる唐辛子がある。
一番辛いかどうかはさておき、この緑色の小型の唐辛子の辛さは確かに尋常ではない。
プリックは唐辛子、キー・ヌーはねずみの糞の意味であるが、
この激辛唐辛子は色々なタイ料理の中で広く使われている。
 私は、日本人としては辛いものには強いほうだと自負していたが、
タイに来てまだ間もないころ、
タイ風のサラダ(ヤムといますが)のなかにこのプリック・キー・ヌーが入っていたのを
気づかずに口に入れてしまったことがある。
数秒後に、「あれっ、何かひどく辛いものをかじったみたいだぞ」と思う間もなく、
口の中で火事が始まった。
水を飲もうがビールを飲もうが、火事はどんどんひどくなるばかりだ。
目からはなみだがポロポロ、鼻からは鼻水がずるずる、息はハアハア・・・・・まさに地獄の苦しみだった。
これが10分ほども続いただろうか、ようやく少しずつ治まってきて、しばらくしてやっと人心地を取り戻した。
 しかし、この地獄の洗礼は何度もは起きないものらしい。
その後この食べ物の中のプリックキーヌーには十分注意を払っていることもあるのだろうが、
プリックキーヌーの入った食べ物を知らず知らずのうちに食べているうちに、
知らないうちにプリックキーヌーに対する耐性がすこしずつ出来てきたようである。
それから後、口の中に数分間火事が続くことはあっても、最初の洗礼のような過激な体験は無い。
むしろ最近では、辛味の効いていない食べ物は何か物足りない感じがするくらいだ。
タイ人の友人たちと食事に行き、皆と一緒に普通のタイ料理を注文すると、
よく、お店の人が「辛いものは大丈夫ですか」とタイ人ではない私のことを心配して聞いてくれる。
タイ人の仲間たちは笑いながら、「この人は食べ物に関してはタイ人だからマイペンライ(心配ない)と言ってくれる。
 今後タイを訪れて、この激辛唐辛子の洗礼を受けるかもしれない方のために、この地獄の苦しみをやわらげてくれる取って置きの方法を伝授しておこう。
それは、あるタイ人に教わったのであるが、ココナツジュース、パイナップルジュース、のような甘い飲み物を注文してそれらを出来るだけ長く口に含んでください。
これらの甘みが、なぜか激しい唐辛子の刺激を和らげてくれるのである。
なぜ甘い飲み物がそう言う風に働いてくれるのか、理屈は分からないが、確かに大変効果的である。
この方法で私は今まで何人もの犠牲者を救ってきた。(ちょっと大げさですね!!)
これからタイを訪れようと言う方は、ぜひ心の片隅にこのことを残しておいてくださいね。
(ちょうど今写真の手持ちが無いので、写真は近日中に撮影してアップしますね)



スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。