2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RANSOMWARE(身代金ウィルス)に捕まってしまいました

先日、24日の夜、パソコンを使い終わってシャットダウンの操作をしたのですが、
ドライブのアクセスランプの点滅がなかなか止まらないので、変だなあ、と思いながら
電源ボタンを長押しして強制的にシャットダウンしました。
夕食後、再びパソコンを立ち上げたら、デスクトップのアイコン群が変です。
全部が左側に寄って、しかもほとんどのアイコンが真っ白です。ファイルネームは
表示されているのですが、クリックしても反応しません。
フォルダーは、正常に見えましたが、開いてみると中のファイルはデスクトップにあったものと
同様に、真っ白でクリックしても開くことができません。
いったい何事が起きたのだろう、とパニックになりながらも、いろいろと出来ることを
試してみました。
だんだん分かってきたことは、どうもデスクトップ(とその下の階層)にあった
ほとんどのデータファイルの拡張子部分が書き換えられていると言いますか、
本来の拡張子の後に同じ文字列が(どのファイルにも全部同じものが)
付加されています。
で、書き変えられてしまったデータの入っていたフォルダーの中にメモ帳ファイルが
あって、「あんたのPCの中のデータをすべて暗号化した。復元したければ指示の
とおりに金を払え。そうすれば解除キーを受け取れる」というようなことが
書いてありました。
拡張子の書き換えられたファイルは、拡張子を元通りに戻してみても開くことは
出来ません。やはり暗号化されているのですね。

何か解決法はないものか、とネットを調べてみたら(ネット接続は出来ましたので)
最近増えてきているランサムウェア(身代金ウィルス)と呼ばれるマルウェアで、
いったん暗号化されてしまったデータを復元するのは大変困難だが、種類によっては
ボランティアによって復元ソフトが作成されて公開されている、とのことで
関係サイトが紹介されていました。
そこに、自分の書き換えられたファイルと身代金のことが書かれたTEXTファイルを
送ったところ、ウィルスが特定されて、その型なら復元可能です、と
復元方法が示されました。
わー、助かった!!と思って、早速試してみたのですが、残念ながら復元には
至りませんでした。
おそらく、ウィルス開発者(??)の方も、復元ソフトの効かないような変種を
次々に開発しているのではないでしょうか。
こんなことに身代金を払うのはシャクですし、払っても元通りに戻る保証はないので
あっさりと諦めて、パソコンはWINDOWSを入れなおして、暗号化されてしまったデータは
バックアップから戻すことにして、早速作業に取り掛かりました。

とは言いながら、実はこの数ヶ月、ちょっと横着をしてバックアップの取れていない
部分がかなりあって、最悪の場合、元に戻らないデータがかなりの量になるのでは
ないか、と心配しながら、被害の状況を詳細に調べてみたのですが、
パソコンの中にあった4つのドライブすべてに大なり小なりの被害があり
ダウンロードした映画を溜めていた1TBのHDDは完全にアウト、
Dドライブとして主にデータを保存していたHDDは虫食い状態で、無事に残っている
部分もかなりありました。
撮影済みの写真ファイルを格納していたドライブE(2TB)は幸いに、被害は局所的で、
しかもこの数ヶ月に撮影した部分には被害がなく、被害箇所はすべてバックアップから
簡単に復元可能で、不幸中の幸いでした。

パソコンをシャットダウンしようとしてもアクセスランプの点滅がとまらなかった時に
ウィルスのヤツは私の大事なデータをせっせと暗号化していたのですね。
もし、あの時スイッチを切らないまま放置していたら、私のデータは全滅になっていた
かもしれません。考えたらぞっとします。

WINDOWSの入れなおしはわりと短時間で終了したのですが、いろいろな設定や
アプリケーションを元に戻すにはかなりの時間がかかりました。
それはまあ良しとして、もっと心配なことがひとつあります。
と申しますのは、もしもWINDOWSのHDD以外の(データ専用の)HDDに
まだ生きたウィルスが残っていたら、再び悪さが始まってしまう可能性があるし、
そのウィルスがバックアップデータに感染するようなことがもし起きたら、
それこそ私はすべてのデータを失うことになってしまうので、
万が一にもそういうリスクのないようにしなければいけません。
新しくインストールしたWINDOWSでデータのHDDをいろいろな方法でSCANして
見たのですが、今のところ異常は検出されないのですが、本当に大丈夫か、と
考えると一抹の不安を拭い去れません。

ということで、万全を期す意味で、バックアップデータをパソコンに戻す時には、
バックアップデータの入ったHDDを直接メインのパソコンに繋ぐことは避けて、
復元したバックアップデータをいったんUSBメモリーやSDカードにコピーしてから
今回のパソコンに転送して、その後すぐにそのメディアをフォーマットして、
これをカメラでもう一度フォーマット、その後バックアップのHDDを
つないだノートPCにもどしたらそこでもフォーマット、その後メインのパソコンに
戻したいデータを書き込む、という面倒なことをしています。

この態勢で当分使用してみて、何も異常が出なければ、今回のウィルス事件は
落着となるのですが、是非そうなって欲しい、と祈るような気持ちです。
今日で5日が経過し、復旧作業の方もほぼ終りが見えてきましたので、
気持ちの新しいうちにBLOGにアップしておこうと思います。

話は変わりますが、チェンマイでは例年三月末ころには消失するスモッグですが、
今年は4月になってもなかなかすっきりせず、例年だと猛暑のソンクラーン(タイの新年、
水掛祭りで有名、4月13日ー15日まで行われた)が二日目から雨模様になり、
びしょ濡れになると寒くてブルブル震える異例のソンクラーンになりました。

ソンクラーンが明けたらまた猛暑が戻ってきたのですが、こんどはスモッグが
日々にひどくなり、24,25,26日は、晴れているのに空は真っ白で、太陽の光も
弱弱しい、という変な天気になりまいた。
でも、昨日(28日)の夕方ころから激しい雷雨がやってきたので、今日は久しぶりに
青い空が戻って来ていました。
もう一ヶ月ほどするとたぶん雨季に入りますが、それまでは猛暑、時々夕立、
というような天気が続くことでしょう。

☆ 参考までに、身代金要求のメッセージはこんな感じです。


** ALL YOUR WORK AND PERSONAL FILES HAVE BEEN ENCRYPTED ***

To decrypt your files you need to buy the special software. To recover data, follow the instructions!
You can find out the details/ask questions in the chat:
https://2irbar3mjvbap6gt.onion.to (not need Tor)
https://2irbar3mjvbap6gt.onion.cab (not need Tor)
https://2irbar3mjvbap6gt.onion.nu (not need Tor)
https://2irbar3mjvbap6gt.onion (need Tor)

You ID: 1109869950

If the resource is not available for a long time, install and use the Tor-browser:
1. Run your Internet-browser
2. Enter or copy the address https://www.torproject.org/download/download-easy.html in the address bar of your browser and press key ENTER
3. On the site will be offered to download the Tor-browser, download and install it. Run.
4. Connect with the button "Connect" (if you use the English version)
5. After connection, the usual Tor-browser window will open
6. Enter or copy the address http://2irbar3mjvbap6gt.onion in the address bar of Tor-browser and press key ENTER
7. Wait for the site to load


// If you have any problems installing or using, please visit the video tutorial https://www.youtube.com/watch?v=gOgh3ABju6Q




スポンサーサイト

パソコンのモニターを27型に交換しました

チェンマイはいよいよ雨季真っ盛りで、「朝から夕方までは晴れているのに、
夕方ころから急に雷雨がやってくる」というような日が多くなっています。
暑季の3月4月に比べると、最高気温は平均で2-3度は低くなって
いるのですが(それでも35-6度くらいまでは上がる日が多いですが)
湿度が暑季や乾季よりもずい分高くなっているので、凌ぎ易さは余り
変わらない感じがします。
まあ、飛んでいる鳥がヤキトリになって落ちてくるのではないか、とか
車のボンネットで目玉焼きができるのでは、というような感じは
薄らぎましたけどネ。

話は変わりますが、最近年のせいでしょうか、パソコンのモニターを見るのが
だんだん辛くなってきました。
解像度としては今のまま(1920x1080)で充分なのですが、画面がもう少し
大きくなれば、今までよりもモニターから離れて見ることが出来ますので、
その分、目にかかる負担が軽くなるのではと、液晶モニターを大きいものと
交換することを検討することにしました。

今まで使ってきたのはASUS社(台湾)製の22型のもので、高いものでは
ないのですが、IPSパネルを採用していて、画面を見る角度によって
コントラストや色合いの変わることが殆どないので、それ以前に使っていた
TNパネルのものと比べると、写真の明るさやコントラスト、色彩の調整が
段違いに楽になって、ほぼ満足して使っておりました。
(とはいえ、写真の色彩調整には買った時のままの状態では使い物にならず、
X-rite 社の I-1Display2 というキャリブレーションツールを使って、
定期的にホワイトバランスと、RGB各色のガンマカーブを調整(較正)してきました)

ちなみに、パソコンにおける色の管理(カラーマネジメント)については
下記のサイトが大変参考になります。

     カラーマネジメント入門

話を戻しますが、最近は国際的に液晶パネルの値段がずい分さがっていて
大型液晶テレビの値段はひと頃の半分以下に下がっていますので
パソコン用のモニターの値段も下がってだろう、と期待して
まずは日本の価格比較サイトをチェックしてみたら、期待通り
今まで使ってきたASUS製品を買った三年前と比べると、ずいぶん
買いやすくなっていて、22型よりも一回り以上大きい27型が、
以前の22型を買ったときの値段くらいで買えるようです。

ASUS製品は液晶モニターだけでなく、過去にマザーボードや
音声用の基板、画像コントロール用の基板、DVDドライブなど
色々な製品をトラブルなく使ってきて信頼していますので
今回も出来ればASUS製品を購入しようと考えて、まずは日本の
サイトで商品の型番を調べてから、それをタイの大手ディーラーの
サイトやASUS(タイ)のサイトで取り扱いの有無をチェックしました。

しかし、タイの大手ディーラーのサイトではASUS社の製品で
IPSパネルを搭載した27型製品の取り扱いは見つからず、
ASUS社のタイサイトには三機種ほどラインアップがあったのですが
小売店で取り寄せを依頼したところ、メーカーにも在庫はない、ということで
結局、ASUS社の製品から選ぶことは諦めざるを得ませんでした。

そこで、以前から親しくしている「中古パソコンの販売とパソコン修理の店」の
店主に相談したところ、AOCというメーカーの製品なら27型でIPSパネルを
搭載した製品があって値段も安いよ、とのことで、まずは型番を教えてもらって、
情報を集めてみました。

私は、AOCというブランドのことは今まで耳にしたことはなかったのですが
最近は日本でもいくらかは取り扱いがあるようで、同じ型番ではなかったですが
アマゾン(日本)のサイトにも何機種か載っています。
1934年にアメリカで創業され、1967年から台湾でテレビの製造と輸出を開始、
現在ではテレビやパソコン、液晶モニタなどを世界中に輸出している企業だそうです。

今回勧めてもらった製品は、日本では昨年の秋で販売を終了していて
現在では違う型番のものが販売されている、ということは
これは型遅れ製品、という事で安いんだなあ、と思いましたが
私としては、基本的な機能に問題がなければ安いほうが助かりますので
それを取り寄せてもらうことにしました。
初めて購入するブランドなので、基本的なところで、何か問題の起きるリスクが
ないとは言えないのですが、それは覚悟の上で・・・・。

で、翌日入荷の連絡があって、さっそく引き取りに行ってきました。
なんと27型というとずい分大きいですね。
解像度は以前と同じ(1920x1080)ですが、画面の横幅が48cmから60cmに
なり、感覚的には2倍になったような感じです。
早速、パソコンに接続してテストを開始しましたが、解像度が以前と同じなので、
ディスプレードライバーは以前のままで正常に表示はできました。
でも、取説を読むと添付のCDからディスプレーのドライバーを
インストールするように書いてありましたので、それを実行したあと、
色々な画像を表示させてみましたが、まず第一に画面が明るすぎます。

とりあえずは手動でモニターの輝度とコントラストを大幅に下げて、それから
I-1Display2 を使っての色較正をはじめたのですが、
RGB三色ともハイライトが255まで伸びず、しかも三色のガンマカーブが
かなりずれていて、これでは、映画やネットサーフィンには問題なく使えても、
写真のカラー調整には使えません。
おいおい、ひょっとしたら使い物にならないモニターを買ってしまったのか!
と、頭を抱えましたが、気を取り直してモニターの調節機能のうちで自分で
変更できるパラメータを色々と変えながら I-1Display2 による調整を
繰り返していたら、20回ほど繰り返したところで、ようやくRGB三色の
グラフが0から255まで、一直線に揃いました。

ネットからDLしたカラーチェック用のチャートを表示させても
ハイライトの階調の分離は充分、暗部もほぼOKということで、ようやく
「自分なりに合格」という事になりホッとしました。

27型だと、今までの22型に比べるとはるかに画面が大きくて
とても見易くなりました。
欲を言えば、画面全体の明るさのムラがごく僅かに感じられるのですが
なにせ大特価の安いモニターですから、何倍も値段の高い業務用の
モニターのように行かないのは当然のこととして納得できます。

今まで、22型としては結構解像度の高いモニターを使っていたので
WINDOWSの画面設定で、DPIを標準の96から120に変更していたのを
今回画面が大きくなったので元の96に戻したり、それをしたら今度は
デスクトップのアイコンが小さくなりすぎたので、これを少し大きく変更したり
・・・と、色々と微調整をしましたが、ようやく落ち着きました。

I-1Display2 による較正作業において、画面の明るさやガンマなど(の設定値)は
以前と同じに設定していますので、画面の見え方は以前と大差はないはず
なのですが、実際には以前よりもハイライトはより明るく、シャドウ部はより黒く
感じるようになり、以前よりも画像が鮮やかになった感じがします(その理由は
未だ説明が出来ませんけれど)。

それに、余談ですが、今まで使ってきた22型のモニターは、今回のモニターを
紹してくれたお店に持っていけば、ある程度の値段で買い取ってもらえるので
(それは彼らの日常の仕事の一部です)、今回の実質的な経済負担は
もっと軽くなりますので、今回のモニター交換は大成功だった、と
言ってよいと思います。

「テーマ」の文字化けは解消しました

去る2月2日、初めての記事投稿をさせていただきました。
記事は正常に投稿できたのですが、投稿の際にテーマ」を選択するコラムと、「テーマ」
(「野鳥の写真」ですが)に沿った記事を紹介するページで文字化けが発生していました。
私のPC環境が普通では無いので、それに関係して発生した文字化けだったと思いますが、
サポートに連絡したら速やかに解消されました。
FC2スタッフの速やかな対応に感謝します。
楽天BLOGからの引越しに際しても、簡単、迅速、かつ完璧にアシストしていただき、感服しました。
FC2スタッフも皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

テスト投稿です

昨日、FC2ブログに初めての投稿をしてみましたが、
今までの楽天BLOGと、ほぼ同様の手順で無事に投稿できました。
FC2ブログには各ジャンルに「共有スレッドテーマ」というものがあって、そのテーマに沿った投稿が出来るように
なっているようなので、「写真」ジャンルの「野鳥の写真」と言うテーマで投稿したのですが、
記事そのものは正常にアップロードできたのですが、「野鳥の写真」というテーマの最近の投稿、をチェックしてみたら
リストの中の私の投稿だけが文字化けしています。そこから私のページに飛んでみたら、記事そのものは正常に
表示されているのですが、出来れば直ってほしいので、FC2のサポートに連絡しました。
数時間後に、修正したので私の環境で試してみて欲しい、と連絡があったので、早速試してみたら
直っていないようでした。
私の使用環境に問題がある可能性も無いとはいえないので、一方的なことはいえませんが、今日もう一度
この記事をためしに投稿してみて、その結果が良くなければもう一度サポートに連絡してみるつもりです。


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

安いプリンターでもきれいなA4写真プリントが簡単に出来るように・・・

私の使っているプリンターは、数ヶ月前にこちら(チェンマイ)のお店で1万円少々で購入した
安いプリンターですが、かなりの大容量の外部インクタンクを備えていて、純正の高い
インクカートリッジを使わなくてすむので大変経済的なのですが、普通の書類のプリントや
コピーには十分使えるものの、写真のプリントに使うと印刷された写真の色やコントラストが
モニターで見るのとひどく違って、コントラストはひどくキツくなって、色合いは赤にひどく偏り
暗部はつぶれて、人様に差し上げることなどは到底出来ない代物でしたので、今まで、
記念写真などを関係者に差し上げるときなどは、USBドライブに画像をコピーして
近所の写真屋さんに持ち込んでプリントしてもらっていました。
(USBドライブにウィルスが付いて返ってくることがしばしば・・・涙)

まあ、プリント料金はサービスサイズで1枚10円から12円くらいですので、費用は大して
苦にはならなかったのですが、せっかく大きなインクタンクを備えたプリンターを持っているので
何とか自分でプリントできないものだろうかと、ちょっと挑戦してみました。

まずは、写真用の印刷用紙の入手ですが、これはA4判のインクジェットプリンター用の
写真用紙が20枚で100Bほど(約270円)で買えました。
A4判一枚を四枚に切ってやればサービス判80枚が270円ほど、つまりサービス判一枚が
3円少々、と言うことになり、大変経済的です。・・・・うまく行けばの話で、捕らぬ狸の
皮算用ですが(笑)。

まずは、何も余分な操作はしないですべて機械任せでプリントしてみたら、やはり色や濃さは
デタラメになり、とても使い物にはなりませんが、これは予想通りです。
でも、プリンターで印刷する時にコントラストや色調が狂う分を、PHOTOSHOPを使って
あらかじめ逆補正しておけば(例えば、印刷したときに赤が強くなりすぎるのであれば、
あらかじめ赤をその分弱めておけば)、印刷した時にまともな色やコントラストで印刷
できるはずだ、と考えて、その補正データを探ってみることにしました。

モニターで見る画像が正しい色で見えるように画像を調整するのはそれほど難しいことでは
ないのですが、印刷した時に狂う量をあらかじめ逆補正しておくその補正量を把握するのは
なかなか簡単ではなく、何度もカットアンドトライ(試行錯誤)を繰り返し、ようやく、
まあまあ使いものになりそうな逆補正データを得ることが出来ました。

ということで、撮影した写真を、BLOGなどに掲載するためにリタッチした画像に、
今回得た逆補正データを加えてから印刷してやれば、私のプリンターでも、ほぼモニターで
見たときと同じ色調の写真がプリント出来るようになったわけです。
(ちなみに、私の使用しているモニターは、つい最近15000円ほどで購入したASUS社
(台湾のメーカーです)製の安い21.5型液晶モニターですが、一応ISPタイプなので、
見る角度が変わっても画像の見え方は殆ど変化しません。
i1 Display2 というモニター較正ツールを使って定期的にキャリブレーションしています)

でも、プリントしたい写真が一枚ならいいのですが、何十枚もある場合、すべての写真ファイルに
一枚ずつ同じ補正処理をしてやらなければいけませんが、その補正の手順は十ステップ以上に
わたっていて、それプリントしたい写真の全部に繰り返すのは手数が大変です。

そこで、この手順を簡単にするための良い方法は無いものだろうか、と色々調べてみました。
本来はこのようなことをする時には、画像データに手を加えるのではなくて、
「正しい画像データをプリンターに送ってやった時に正しい色調でプリントできるように」
プリンターの方を調整するのが本来で、そのためには「プリンタープロファイル」と言うものを、
使用する用紙に合わせて作成して適用してやるのが正解なのですが、プリンタープロファイルを
作成するためには、モニターで表示される色とプリンターでプリントされた色のズレを測定する
機械が必要で、その機械の値段は、私のプリンターの何倍もしますので、ちょっと現実的では
ありません。

で、次善の策を探してみたのですがなかなか見つからないので、「教えてGoo!」に質問を
出してみたらある方が良い方法を教えてくださいました。

それは、PHOTOSHOPの「アクション」と言う機能を利用する方法です。
私の持っているPHOTOSHOPのどのテキストにも載っていなかったので(どれも初級向け
だったからでしょう)今まで知らなかったのですが、一連のPHOTOSHOPの操作(群)を
「アクション」としてPHOTOSHOPに保存しておけば、次回からはその記録を呼び出して
実行してやれば、その操作(群)が何十ステップあろうが関係なく、一回の操作で出来てしまう、
という素晴らしい機能です。

ということで、私のプリンターで今回購入した写真用紙を使った場合の色補正データを
プリントしたい画像ファイルに適用するまでの手順を「アクション」として記憶させて、
印刷したい画像ファイルにその「アクション」を適用してやるだけで、そのまま印刷に
かけられる写真データが指定フォルダーに集積できるようになりました(指定フォルダーに
保存するところまでを「アクション」に含めましたので)。

これで、サービス判だけでなく、写真店に依頼するとかなりのお値段のA4判プリントも
自分で手軽に出来るようになったわけで、色々と試行錯誤を繰り返した甲斐はあったようです。

じつは、最初に購入した用紙がなくなったので買いに行ったら、同じものが無くて
別のメーカーの別の製品を購入さざるを得なかったのですが、同じ補正データーではかなり色が
違って、新しい補正データを作成せざるを得なくなりました。
高級なプリンターでは、使用する用紙ごとにプリンタープロファイルが(プリンターメーカーで)
用意されていると聞いていましたが、なるほど、と納得です。

ちなみに、今回試行錯誤で補正データを得るために使用した画像としては、日本カラーラボ協会の
DQツールを使用させていただきました。
興味のおありの方は下記リンクをご参照ください。

http://www.jcfa-photo.jp/archives/consumer/dq.html
















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。