2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンマイに大寒波が襲来!!

日本や韓国が記録的な寒波に襲われていることはネットで知っていましたが、
なんとその寒波が、昨日から亜熱帯のチェンマイにまでやって来ています。
チェンマイは今、年間で一番快適な季節(乾季・寒季)で、朝の最低気温は
15-17度くらい、日中の最高気温は30度前後、が普通なのですが、
昨日(1月25日)は、朝の最低気温こそ15.1度、と普通だったのですが、
その後気温は上がるどころか下がり始め、12度あたりで低迷し、
一日中風が強く、時々冷たい小雨が降るという珍しい天気になりました。

その傾向は今日はもっと強くなり、今朝の最低気温は10.0℃ と、
私がチェンマイに移住してからの最低で、屋外で息を吐くと
息が白く見えます。これは、寒いはずです!!

空は一日中どんよりとした雲に覆われ、木枯らしのような風が時折り強く吹いて、
時間が経っても気温は殆ど上昇せず、寒さに慣れていないチェンマイの人たちは
みんな震え上がって、まるでスキーに出かけるような服装に身を固めて、
顔を合わせるたびに「寒いね、寒いね」と言い合っています。
タイ気象庁の天気図をみたら、日本に寒波をもたらしている大陸の高気圧からの
幅の狭い等圧線がなんとバンコク辺りにまで及んでいます。

2016-01-26_07;00 大寒波の天気図


この時期、チェンマイのデパート辺りでは、もう冬物の衣料や寝具の
バーゲンセールが行われている頃ですが、この急な寒波で、
デパートなどは冬物の在庫払底でウハウハではないかと想像しています。
お店に暖房器具の在庫があれば、これもバカ売れになるところなのでしょうが、
暖房器具を在庫しているお店は大変少ないので、多くのお店が悔しがって
いることでしょう。

追記(2016.01.27)
昨日のチェンマイの最高気温は12.1℃だったそうです(タイ気象庁のWEBサイトより)。


スポンサーサイト

(続報です)昨日の最高気温は38.6度、この暑季の最高気温をあっさりと更新

タイ気象庁のWEBサイトで、昨日のチェンマイの最高気温が発表になり
なんと38.6度だったそうで、その前日までの今期の最高記録38.0度を
あっさりと更新しました。

http://www.tmd.go.th/en/province.php?id=2

昨日の午後、ちょっと買い物に出かけたのですがその時の、まるで
サウナに入った時の感じから、これはまた最高気温の更新だな、と
感じてはいましたが、やっぱり、と言う感じです。

昨日は水掛けで有名なソンクランの最終日でしたので、水掛けに興じる
皆さんにはおあつらえ向きの天気で、心行くまでたっぷりと水掛けを
堪能されたことでしょう。

この暑季の最高気温、38.0度を記録したチェンマイ

この数日、チェンマイの気温は日に日に高くなって来ていて、一昨日はついに
この暑季の最高記録の38.0度を記録しました(タイ気象庁のデータによる)。
http://www.tmd.go.th/en/province.php?id=2

ちょうどタイではこの12日から15日まではソンクラーンで、水の掛け合いを
楽しむ人たちにはちょうど良かったと思いますが、水掛けに興味のないMARUTは
ただひたすら日の暮れるのを待って部屋に閉じこもっておりました。
(水掛けは一応、日没までとなっています・・・・あくまでも「一応」ですが)
さいわい、ベランダのハトのヒナ達は巣立ってくれて居間のエアコンが使えるように
なっていますので、助かりました。
{ソンクラーンにつきましては、多くのサイトで色々な情報がアップされていますので
ここでは書きません)

今日(16日)はもう、一部の観光客の多い地区を除いては、水掛けはやっていない筈
ですので、ようやく平常の生活に戻れますし、休んでいた野鳥撮影の方も復活
できます。

ちなみに、チェンマイの気温は連日40度を越えているようなことを表示している
サイトがありますが、チェンマイで現実に40度超の気温を記録することは
めったになく、チェンマイに7年滞在しているMARUTにとってもほんの数回
ですので、暑いと言いましても日本の真夏と大して変わりはなく、むしろ、
湿度が低い分、また、日が落ちると急速に気温が下がる点で、日本の酷暑よりは
過ごしやすいかもしれません。

参考:
下記のサイトで「東南アジア」を指定して、「気温」と「週間表示」をクリックしてみてください。
チェンマイに関しては信じられない数値が表示されます。
タイ気象庁のURLを添えて、データがおかしいのではないか、と指摘する
メールを送りましたが、今のところ、まだ反応はありません。
http://weathernews.jp/world/







恒例のVISAの更新をすませました

私は、高齢引退者VISAで一年のVISA(滞在許可)をもらって、
それを毎年更新しながらタイに長期滞在していますが、毎年7月には
その更新の時期がきます。

更新手続きと申しましても面倒なものではなく、必要な書類が整っていれば
自動的に許可してもらえます(何も問題を起こしていなければ・・・ですが)。
必要書類は、私の場合、日本国のチェンマイ総領事館で年金額の証明書を
貰って、後は滞在期限更新申請書とパスポートの何ページかのコピー、
それに最後にタイに入国したときの入国票のコピー、以上で全部です。

年金額の証明書は、先週すでに交付(手数料620B)してもらって
いたので、パソコンに保存してある昨年の申請書の様式の控えから、
日付と年齢欄だけ変更してプリントアウトして、コピーの必要なものは、
パソコン用のプリンターでコピーして準備完了です。

最近のプリンターは便利になりましたね。コピーやスキャンが
出来るだけでなく、大きな外部インクタンクがついていて、
メーカー純正の高いインクを使わなくてすむので、コピーなども
インク代を気にしないで気楽に出来ます。

そうそう、申請書の裏面に4cmx6cmの顔写真が必要です。
近所の写真屋さんで100Bで撮ってもらいました。

あとはイミグレーション(入国管理事務所)に書類を持って出向くだけ
ですが、先週の金曜と土曜はタイでは祝日で役所は休みでしたので
月曜日は土曜日の代休で休み、ということは、火曜日は避けた方が
良いな、と考えて水曜日(一昨日です)に出かけました。

イミグレーションの業務は8時半から始まるのですが、例年、7時半から
8時ごろには現地に到着して、早い順番で受け付けてもらって
早く済ませるようにしているので、今年も7時40分には到着しました。

ところが、早く来た人のための受付ノートに名前を書いたら、なんと
47番です。イミグレーションにやってくる人の目的はいろいろですが
この様子だと、VISAの更新の人も結構多いのではないか、と
案じていたのですが、8時15分ごろから一人ずつ名前を呼ばれて、
カテゴリ毎の順番の紙をもらったのですが、私はVISA更新の部では
17番でした。

どうも、チェンマイに長期滞在する外国人の数が年々増えているようで
それに、先週末からの四連休の影響でこういうことになったようです。

午前中の仕事は20番までで、それ以降の番号の人は午後の受付になる
と掲示してありましたが、この調子だと17番の受付は殆ど昼前に
なりそうな感じで、がっくりと力が抜けました。
日を改めて、もっと早い時間に出直そうかなあ、とも考えましたが
まあ、一年に一度のことだから、今回は昼までかかることを覚悟して
腰をすえてじっくりと待つことにしました。

受付と審査を担当する係員は二名で、申請者一人に要する時間は
だいたい20分くらいのようでしたので、私の番は11時から11時半
の間くらいになるかなあ、と予想していたら、11時20分ごろに
私の番が来ました。

担当官(30代くらいの女性でした)に、サワディーカップ、と
挨拶をして申請書類一式を手渡しました。
パスポートのVISA欄を見れば一目でわかりますが、私のパスポート
には、毎年同じ形式のVISAスタンプが1ページに二つづつ、
何ページも続いていますので係員の人も私が慣れていることはすぐに
わかったようで、何も言わずにどんどんと書類(イミグレーション内部で
必要な)を作成していって、10分もたたないうちに、
「はい終わりました。費用として1900B払ってください」と言われ、
それを渡すと、「ではしばらく外で待っていてください」、ということで
あっけなく審査は終わりました。

その後、待合室で30分ほど待ったころ、名前を呼ばれて、あたらしい
VISAのスタンプを押したパスポートを受け取ってすべて完了です。

昨年までは、受付してくれた係の方以外に、簡単ですが偉い人の面接が
あったのですが、今年はありませんでした。
その代わり(かどうかは、わかりませんが)審査の係員のデスクに
パソコンに接続したカメラがあって、それで写真を撮られました。

ちなみに、今回更新したVISA(滞在許可)は、そのままだとタイから
出国すると其の時点で失効しますので、出国して再入国する予定の
ある人はあらかじめ再入国許可(リエントリーパーミッション)を
申請して取得しておかなければいけませんが、私はタイから出国する
予定はいまのところありませんので、必要になったらそのときに
申請するつもりで、今回は申請しておりません。

余談ですが、以前は、この長期VISAを取得しても
「再入国許可」なしで出国すると失効してしまうことを、
VISA取得のとき(更新のときも)イミグレーションでは教えて
くれなかったので、それを知らずに出国して再入国のときに
VISAナシ入国(普通は30日の滞在許可)の扱いをされて
慌てた人が少なくなかったようですが、最近はイミグレーションも
親切になって、「VISAの有効期間中にタイを出国するときは、
あらかじめイミグレーションに出頭して、再入国許可について相談
してください」とアドバイスをしてくれました。

また、タイにタイに長期滞在する外国人は、90日ごとに
イミグレーションに出頭して、現在の居住地を届けなければ
いけないことになっており、違反すると2000B(またはそれ以上)
の罰金を科せられることも説明してくれます。

私が初めて長期滞在のVISAを申請、取得したころは、そういう説明が
まったくなく、危うくVISAを流しかけたり、罰金を取られる寸前まで
行ったことがありました。

ということで、朝早くから昼までつぶれましたが、これで、今後一年間の
タイ国滞在の根拠が確保できたわけで、まずは安心です。
問題さえなければほぼ自動的に更新して貰えるとわかってはいても、
やはり現実に許可を貰うまでは、一抹の不安がありますので・・・・。

来年は、もっともっと早く並んで、一番の番号を貰える様にしたいと
思います。(以前は7時半頃に並べば1番か二番が取れて、
9時半ごろには全部終わっていたのですが・・・・・)

☆ 今回の手続きについて、もっと詳しくお知りになりたい方は
BLOGの左の方、PHOTO ALBUM の下に 「Mail メッセージを送る」
と言う欄がございますので、そこから私にメッセージを送っていただければ
個別にご返事を差し上げます。



私の You Tube 利用法

私が You Tube を使い始めたのは、まだそれ程昔のことではありません。
と申しますのは、タイのインターネットが You Tube のストリーム再生
(PCをネットに接続した状態で、ダウンロードしながら再生する)に
何とか耐えられるようになったのは、わりと最近のことですので。

最近でも、NETのご機嫌の良くない日には、途中でつっかえてばかりで、
落ち着いて楽しむことが出来ない日が時々あります。
そうは言いながら問題なく再生できる日が殆どなのですが、You Tube は
ストリーム再生が基本なので、気に入った曲を溜めておいて、それらの
中から好きなものを拾い出して、順番に自動再生出来たらいいなあ、と
思ってもなかなか思うようになりません(出来ないことはないのですが)。

気に入った You Tube の動画ファイルを、予めパソコンにダウンロード
してコレクションしておいて、その中から聞きたい曲を選んで
「プレイリスト」を作り、その順番で自動再生できたらいいのに!と
考えて、方法を探してみました。

同じようなことを考える人はたくさんいらっしゃって、その中にはPCの
ソフトを作れる人もたくさんいらっしゃるようで、私の使っている
Webブラウザー FireFox のアドオンとして、You Tube の動画ファイル
を拾って保存してくれるものが見つかりました。

Karbon Flv Downloader と言う名のアドオンですが、とても便利に
できていて、You Tube(に限らず、同じ形式の動画ファイルを利用する
動画サイトも)を楽しんでいる間に、FLVファイル(You Tube
の画像ファイルの形式名です)の再生ページが表示されると、次々に
それを自動的にリストアップしてためてくれます。
このソフトの素晴らしいところは、動画ファイルを発見した時には、
それをリストに加えるだけでダウンロードはしませんので、
全く意識することはありません。
あとで、そのリストの中から、ダウンロードしたいものだけ(複数可)
を選んでダウンロードを指示すると、PCで他のことをしている間に
(もちろん何もしなくてもかまいませんけれど)自動的に指定したFolderに保存してくれます。
ダウンロードをさせる前に、どんな動画だったかもう一度確認したい、と
思えば、再生もすぐに出来ますし、まったく使いやすい、しかも邪魔に
ならないソフトです。

これでFLVファイルのコレクション問題は解決したので、次は集めた
FLVファイル(動画)の再生ソフトです。
一個ずつのFLVファイルを再生してくれるソフトはすぐに見つかったの
ですが、それだけでは便利でないので、プレイリストによる再生の可能な
ソフトを探してみたら、Real Player というソフトがFLVファイルに
対応していてプレイリスト再生も可能なことが分りました。
Real Player は、パソコンを触り始めた頃から馴染みのあるソフト
だったので、早速ダウンロードして使ってみたのですが、
原因不明のエラーで強制終了(Real Playerの)が頻発しました。
それは何とか回避できる使用方法が見つかったのですが、暫く使って
いるうちに、パソコンの動きが、非常にのろくなり、システムモニターで
調べたところ、何とCPUが100%稼動状態になっていることが
分りました。

何でそんな状態になっているのだろうか、と、CPUを酷使している
ソフトを調べたところ、Real Player が四重に動いていることが
わかりましたので、Real Player をひとつずつ終了させていったら、
CPU稼働率はどんどん下がって、全部止めたらいつもどおりの
非常に軽い動作状態に戻りました。

Real Player には何か問題がある可能性があるなあ、とネットで検索を
かけて見たら、ぞろぞろ出てきました。ここでは詳しくは書きませんが
とにかく、そういう評判の良くないソフトは余り使わない方が無難、と
考えて他のソフトを探してみたら、GOM PLAYERというソフトが
無料ですがなかなか評判が良いようなので、これをインストールして
みましたら、こちらは今のところ快適に働いてくれています。
http://www.gomplayer.jp/
もちろんプレイリストを作ってその順番で自動再生させることも出来ます。

ということで、一件落着で、You Tube からダウンロードした
Trever Pinnock の演奏する J.S.Bach のパルティータ 第六番の
チェンバロ演奏をBGMとして聞きながらこれを書いております。

昨日のBLOGで話題にしたCDは、実は同じく J.S.Bach の
パルティータ全曲番(第1番~第6番)で、今はなき名ピアニスト
Glenn Gould の演奏です。

昔から、このGlenn Gould は私の好きなピアニストで、人によって
あんな Bach は Bach ではない、とけなす人もいますけれど
私はプロではありませんので、気にしないで楽しませていただいています。

このところ、野鳥と撮影機材のことで頭が一杯で、長くBach からは
遠ざかっていたのですが、You Tube のおかげでまた BACH が
戻ってきました。
すっかり夜の長くなったチェンマイの乾季(日本で言う「秋の夜長」
ですね)を、You Tube の BACH で楽しませてもらおうと思います。







«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (53)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。